スポンサーリンク

残念な情報を見つけて落ち込む女子

またひとつ、お得なカードが改悪されます。

そのカードとはリクルートカード。年会費無料でポイント還元率1.2%の超お得なカード。しかもnanacoやsuicaなどの電子マネーチャージでもポイントが貯まる知る人ぞ知る裏技カード。

そんなリクルートカードですが、2018年4月16日以降、電子マネーチャージにかかるポイント加算での改悪が発表されました。

本日は、リクルートカード改悪の内容についてお知らせします。

スポンサーリンク

リクルートカードにおける電子マネーチャージご利用分のポイント加算対象の改定


毎月3万円を超えるチャージ額にポイント加算なし


今回発表されたリクルートカードの改悪内容とは、2018年4月16日以降、下記4つの電子マネーチャージについて、利用額にかかるポイント加算が毎月3万円までと限定されることです。


これまでリクルートカードは、例えば電子マネーnanacoなら、月20万円までクレジットカードチャージが可能でした。そして、毎月20万円のチャージをすれば、還元率1.2%のカードですから、2,400円分のポイントを獲得することができました。


しかし、残念なお知らせではありますが、2018年4月16日以降は、電子マネーチャージにかかるポイント獲得が毎月3万円までのチャージと限定されることになります。


仮に10万円のnanacoチャージをしても、得られるポイントは、3万円チャージしたときと同じく360円分のポイントということになります。


え?ポイント還元率1.2%を謳うリクルートカードなのに、10万円のnanacoチャージをしても得られるリクルートポイントは、たったの360pt?


還元率でいえば、


360pt/100,000≒0.36%


なんとも世知辛い話になります。還元率1.2%を謳うリクルートカードなのに使い方を誤れば還元率0.36%のどうしようもないカードになってしまうのですね。


これは、ショックです。


これまでリクルートカードをnanacoチャージ専用カードとして利用してきた方にとっては、とても納得できる話ではありません。


しかも、この制限は、nanacoだけでなく、下記4つの電子マネーチャージに利用した合計額に対してというのです。


  • nanaco(ナナコ)

  • 楽天Edy

  • モバイルSuica

  • SMART ICOCA

2018年4月15日(日)以前のご利用分でも、2018年4月16日(月)以降に売上データがカード会社へ到着した場合、上記制限の対象になりますのでご注意くださいね((+_+))


悲報ではなく証明


nanacoチャージに最適なリクルートカード


なんとも残念なお知らせではありますが、これは、考えようによっては悲報ではなく、リクルートカードが単なる高還元カードであったということではなく、リクルートカードを電子マネーチャージに利用すれば恐ろしくお得なカードであるという証明に他なりません。


ANA陸マイラーのあなたなら身に染みていると思いますが、ソラチカカード最大の魅力である他のポイントサイトのポイントをPeXやドットマネーを経由することで90%にレートでANAマイルに交換することのできたソラチカルートを有するソラチカカードの行く末を思い起こせばご納得できるのではないでしょうか。


すなわち、通常50~60%のレートでANAマイルに交換できた各種ポイントサイトのポイントが、ソラチカルートを通すことで、およそ90%のポイント数のANAマイルに交換することを可能にしたソラチカカードも、来月以降、あろうことか、ソラチカルートの入り口になるメトロポイントへのポイント交換が制限されるからです。


具体的にいえば、ドットマネー、Gポイント、ネットマイルからメトロポイントへのポイント交換が4月1日以降はできなくなります。


その理由は、各種ポイントサイトで貯めたポイントを、90%のレートでANAマイルに交換されては、等価交換の原則を崩されるとソラチカカード側が考えたからでしょう。


原則としてポイント交換とは、交換元のAから交換先のBに行ってもポイントの価値自体はそれほど変わるものではありません。(目減りすることはありますけど(^^;)


もちろん異なるポイントであるわけですから、ポイントの上手な使い方をご存知であれば、いわゆる錬金術ルートが生まれます。


ソラチカルートは、その最たるもので、例えば20,000円分のポイントを2万円以上の価値を持つと考えられるANA18,000マイルに交換できます。


こんな不均衡なポイント交換が5年以上続いたということの方がカップにとっては驚きです。


いわゆる裏ワザは、みんなが実践することで改悪(というか適正化)されるのは物の道理といえるのではないでしょうか。


そう考えると、今回のリクルートカードによる電子マネーチャージの改悪(上限設定)は、これまでリクルートカードでnanacoなどのチャージでポイントを貯めることができたことを、非常にお得な行為であったという証明であるということになります。


年間36万円分のnanacoチャージならリクルートカード


ということは、毎月3万円分までのnanacoチャージなら、リクルートカードを継続利用することは、やっぱりお得であると考えることができます。


これまでリクルートカードを利用してきた方は、4月16日以降上限3万円が設定されるといえども、今回の改悪で解約なんてことをせずに、月3万円、年最大36万円までのnanacoチャージなら、やっぱりリクルートカードを使い続けましょう。


また、改悪は4月16日以降なのを逆手に取れば、とりあえずリクルートカードを新規申し込みして4月15日までにnanacoチャージすれば、1枚のnanacoチャージに10万円分のチャージをすることは可能です。


改悪のニュースで逆に新規申し込みを勧めるのも変な感じがしますが、4月15日まではリクルートカード、4月16日以降も毎月3万円分までのnanacoチャージならやっぱりリクルートカードをお勧めします。


リクルートカード申し込みは下記バナーから( `ー´)ノ
リクルートカード

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ
None