スポンサーリンク

ケータイ乞食

マイレージブログでも最近ケータイ乞食の記事を見かけるようになってきました。

ケータイ乞食といえば、2016年以降、総務省によるガイドラインの策定等、一括0円、高額下取りなどが規制され、冬の時代を迎えることになったと聞いていますが、最近のケータイの折り込みチラシでは、一括0円というワードを見かけることも増えてきました。

ケータイ乞食戦線に異常あり!?

興味をもったカップは、この週末に近所のドコモショップを回ってみることにしました。

スポンサーリンク

docomoショップに予備知識なしで訪問


待ち時間3時間


とりあえずチラシに出ていいた一括0円の広告を持ってdocmoショップを訪れましたが待ち時間3時間の案内を見てすぐさま撤退しました。


もともと折り込みチラシの情報では、一括0円とは載っているのですが、その詳細な条件が記載されていません。


百戦錬磨のケータイ乞食の方ならチラシを見るだけでも、どういう条件か、実践すればどれくらいの利益がでるのか分かるのでしょうが、素人であるカップにはちんぷんかんぷんです。


MNPのキャンペーンなども、実際に自分が使うスマホの乗り換え時などはいろいろ調べますけど、だいたい2年に1回の行事ですから、ノウハウが蓄積されるはずもありません。それでも今回試しに実践してみたいと思ったのには理由があります。


MNP限定でなく新規でも一括0円


数年前までケータイ乞食といえば、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)を利用して多額のキャッシュバックを受けるという手法がメジャーだったと記憶しています。もともと別のキャリアを契約していて乗り換えするときに大きな見返りをうけるというものです。


もちろん、カップもケータイは、docomo、au、softbankを渡り歩くことで、実質の通信費を節約していましたが、短期解約という荒業を使ったこともなく利益を出すには至っていません。


ケータイ乞食の達人ともなるとMNP弾なるMNP契約を回すための回線を有しています。しかし、個人の感覚ですが、クレジットカードを毎月のようにつくっているカップですが、ケータイ回線を数か月単位で契約・解約を繰り返すのは危険と思い、実践したことはありません。度胸がなかったのです。実践しない理由はモラルからということではなく、キャリアからブラック扱いされて今後の契約に悪影響を及ぼすことを嫌ったからです。(クレジットカードの発行枚数も6カ月間で8枚以下というルールをつくっていますが同じ理由です。)


また、少なくとも半年間は、寝かしておくべきという程度の知識はありましたが、その間の維持費を考えると、半年間ごとに契約することで利益を出す自信もありませんでした。数年前のように月の維持費がユニバーサルサービス料のみで済むという契約の形態が続いていたら実践したこともあったかも???ですけど・・・。


でも、最近のチラシで見かける一括0円広告は必ずしもMNP契約限定ではありません。純新規の契約でも、i-phoen8などの高級端末がゼロ円購入できるというものがあります。MNP弾を持っていないカップにも参入するチャンスがあるように思いました。


格安スマホを意識した料金体系


もう一つ、格安スマホへの乗り換えが進んでいる現状があるのでしょうか。大手キャリアであるdocomo、au、softbankの一台当たりに係る料金も低く抑えることができるプランが出てきました。もちろん使えるデータ量なども少ないんですけどね。ケータイ乞食としては寝かす期間のコストを抑えられるので、契約時のキャンペーンで得られるキャッシュバックが多少小さくなっても必要コストを抑えることによって実質の利益を確保できるようになりました。


とにかくケータイ乞食を実践する環境が戻ってきたこともあって、カップも参戦してみる気持ちになったのです。docomoショップの待ち時間を見て心が折れましたけど・・・。


家電量販店でdocomoのXperia XZ Premium SO-04Jが一括ゼロ円


心が折れたカップを待っていたのは家電量販店のケータイコーナーです。

一括0円


特にケータイ乞食するつもりではなかったのですが、気にしていたからでしょう。新規契約一括0円の文字が目に入りました。え?何? MNPでなくて新規でいいの? そして気になったのがもう一つ・・・・。


カップが気になったのは、新規契約一括0円と端末購入サポート+家族まとめて割(2台以上同時購入)+当社指定条件ご加入でという3つの条件だけではありません。


3つの条件については、「"当社指定条件"が曲者なんだよな・・・」と思いつつ、店員さんにその条件を確認してみました。お店が空いていたから聞きやすかったのです。


そうです。「気になったのがもう一つ」と述べましたが、それは、他に客がいなかったことです。


一方で待ち時間3時間のキャリアショップ。もう一方で待ち時間なしの家電量販店。そしてカップはケータイ乞食素人で一つ一つの条件を手取り足取り教えてもらわなければ不安で行動できない臆病なタイプです。


特に購入するつもりもなかったのですが、店員さんに聴いてみると・・・


一括0円だけど端末購入サポートが条件なので、12か月間以内に解約すると39,204円の違約金が取られるということ。それと「シェアパック」または「シェアオプション」のいずれかに契約することが必要であることが分かりました。


あれ?それだけ?他に当社指定条件ってあるんだけど???


「きっと、不要な有料アプリをいくつか一時的に契約しなければいけないんだろうな」というカップの不安は杞憂でした。


ここでカップに疑問が生じました。すでに自分がdocomo withで2台契約していることです。docomoの契約がまったくない人ならば、上記の条件で2台契約すると、


  1. 2台それぞれが基本契約(例えばシンプルプラン+spモード)+1台はシェアオプション

  2. シェアパック

の契約が必要になりますが、すでに2台の契約を持っているカップの場合は、


  1. 2台それぞれが基本契約(例えばシンプルプラン+spモード+1台はシェアオプション)+2台ともシェアオプション

の契約のみで済むからです。しかし本当にそれで済むのでしょうか。


基本契約は、2年縛りのシンプルプラン+spモードなら1台1,280円(税別)、シェアオプションは1台500円と少額ですが、シェアパックは、6500円~となっています。


すでにdocomoのシェアパックを契約しているならば、新たに契約する2台は高額なシェアパックを新たに契約する必要がないのです。つまり、ケータイ乞食用の契約と割り切るならば少ないコストで維持することができるのです。手堅くケータイ乞食を始めるには良い条件なのではないかとカップは考えました。


また対象になっているXperia XZ Premium SO-04Jはケータイ買い取り業者に売れば数万円になるということでした。


ケータイ乞食実践例収支報告


それでは、カップが今回実践したケータイ乞食活動の収支を報告します。


2018年2月11日に契約、2019年3月に解約する想定です。端末購入サポートと利用しているので2019年2月以前に解約すると4万円近い違約金を取られるからです。でも、先に述べました通り、短期解約する度胸のないカップにとっては逆にありがたい条件かもしれません(^^;


端末購入サポートの罰則は、契約した付の翌月(契約日が月の初日なら当月)から算定して12か月後の月末までの解約に適用されますから。2018年2月11日に契約した場合、2019年2月末までは解約できないのです。


必要コスト


契約事務手数料 3,000円×2台


毎月の支払額(14か月分)
(シンプルプラン980円+SPモード300円+シャアオプション500円)×14カ月×2台


学割 ▲1,500円×12か月


解約手数料 9,500円×2台


実は、2台のうち1台を子どもの名前で契約したので学割が利用できました。おかげで1,500円の割引を12カ月分受けることができます。


本当は毎月の支払額のうち、2018年2月分は日割り計算になりますが、計算が大変なので考慮しません。また、費用を抑えようとするならSPモードを解約するという方法もあるようですが、カップは今回申し込んだ2回線を完全に寝かせるつもりはありませんのでSPモードの契約は継続するつもりです。今回購入した端末は売却しますが古い端末を使用すれば問題ありませんから。


何はともあれ、ケータイ乞食に必要な総費用は、合計56,840円。税込みで61,387円です。2019年3月に解約を忘れなければですけど(^^;


収入


一方でカップが購入した端末、Xperia XZ Premium SO-04Jは、携帯端末購入業者に持って行ったところ1台49,000円で購入してくれました。


2台で98,000円ですから、上のコストを引くと36,613円になります。消費税の端数処理を考量すれば、あと数円高い額になると思います。


たった半日動くことで36,000円余りの小遣い稼ぎできるのですから、恐るべし!ケータイ乞食活動ですね。


反省点


ただ、ケータイ乞食活動はカップにとって魅力に感じるものでありませんでした。陸マイラー活動と違ってイマイチも得るものがなかったから今後も継続して行うかはわかりません。マイルと違って必ずしも趣味の旅行につながるものでないからでしょうか。


冷静に考えれば、36,000円の小遣いを旅費に充てれば同じことだとは思いますけど、今回初めてのケータイ乞食活動ということで、頭の中で36,000円が旅行が結びつかないことが原因なだけで、後日心変わりするかもしれません。


また、今回契約した2回線を2019年3月に解約するのでしょうが、MNP弾として別のキャリアの乗り換えキャンペーンに乗るかもしれませんし・・・。奥が深いケータイ乞食活動。入り口に立ったくらいで悟ったようなことを言ってはいけませんね。


ところで、ケータイ乞食活動がイマイチ心に響くものでなかったので一日で解約以外の作業をすべてすましてしまいましたが、実は大きな反省点があります。


それは、手に入れたXperia XZ Premium SO-04Jの売却方法です。


カップが手にいればXperia XZ Premium SO-04Jのカラーは昨年10月に発売されたばかりのRossoです。


ネットで検索すると、イオシスという業者に売却すれば1台70,000円になることが分かりました。

しかし、イオシスでは、売るには、数カ月間寝かして、ネットワーク制限を解除する必要があります。


docomoのスマホを端末購入サポートをつけて購入すると、ネットワーク制限は「△」になるのですが、これでは、前述のイオシスで70,000円で購入してもらえません。ネットワーク制限を「△」から「〇」に変更しなければいけないのですが、購入後すぐ変更の手続きはできないと言われています。


違約金をdocomoショップであらかじめ払うことで手続きが可能になるという情報もありますが、そもそも4万円近い違約金を払っていては本末転倒。ネットワーク制限が「△」でも、今、49,000円で売却した方が賢明なのは明白です。


しかし、数カ月間寝かせてネットワーク制限を「〇」に変更して売却するという方法がないわけではありません。


問題は、数カ月間後もイオシスで70,000円で購入してくれるかどうかと言うところです。


端末購入の相場がどのように動くのか、これまで注視してこなかったカップには予想ができませんが、ひょっとしたら今すぐ売却するのではなく、数カ月間寝かせてから売却した方が利益が出た可能性があります。


また、端末をSIMフリーに変更することで買い取り額が1,000円アップすることが多いのですが、こちらも購入後100日以内にSIMフリー化すると違約金を取られるという契約でしたので今回行っていません。


ケータイ乞食道も本気でやると奥が深いものがありますが、素人のカップは今回はこれ以上踏み込みません。


おまけのポイント


さて、今回のケータイ乞食活動で得られるベネフィットは、実は、端末売却による98,000円だけではありません。


dポイントや家電量販店で使えるポイントもあります。


現金とは違いますので、おまけのポイントとさせていただきますが、いただける見込みポイントは以下の通りです。


dポイント(期間・用途限定) 32,000P
・ドコモのご家族紹介キャンペーン 10,000P×2
・ドコモの学割 3,000P×4(既存2台+新規2台)


家電量販店で利用できるポイント 10,000P
・新規契約 5,000P×2


一応、42,000円相当といってもいいのかもしれませんが、dポイント(期間・用途限定)についてはマイルにも交換できないし、カップ的にはちょっと微妙な感じです(^^;


まとめ


陸マイラーであるカップがケータイ乞食初挑戦。その成果は以下の通りです。


  • コスト
    約61,378円

  • 収入
    98,000円

  • おまけのポイント
    42,000円相当


解約忘れだけは気をつけないといけませんね(^_-)-☆

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ