スポンサーリンク

SPGホテル2018年カテゴリ変更

SPGホテルのカテゴリ改定が発表されました。

訪日外国人の増加が続いていることも影響しているのでしょう。

国内のSPGホテルのカテゴリは大方の予想通り、昨年同様、複数のホテルがランクアップします。

変更期日は2018年3月6日です。

スポンサーリンク

国内SPGホテルカテゴリ|3つのホテルでランクアップ


2017年に続いて2018年もまた複数のホテルカテゴリがアップすることになります。

  ホテル名 2018年
改定後
改定前
北海道 キロロ トリビュート・ポートフォリオホテル 北海道 4 4
シェラトン北海道・キロロリゾート 5 4
フォーポイント・バイシェラトン函館 4 2
ウェスティン・ルスツリゾート 6 6
宮城県 ウェスティン・ホテル仙台 5 5
千葉県 シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 6 6
東京都 ラグジュアリーコレクション・ホテル 東京紀尾井町 7 7
シェラトン都ホテル東京 5 5
ウェスティンホテル東京 6 6
神奈川県 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ 5 5
大阪府 シェラトン都ホテル大阪 4 4
セントレジスホテル大阪 7 6
京都府 ウェスティン都ホテル京都 5 5
翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都 7 7
兵庫県 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ 4 4
ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス 4 4
広島県 シェラトングランドホテル広島 5 5
宮崎県 シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 5 5
沖縄県 シェラトン沖縄・サンマリーナリゾート 6 6


注目は、フォーポイント・バイシェラトン函館でしょうか。カテゴリ2→4のいきなりの2ランクアップです。とはいってもこちらはカテゴリ2というもともとのランクにも疑問があったわけで、まあ、妥当なランク付けではないでしょうか。


それよりも、驚きというか落胆がセントレジスホテル大阪のカテゴリ7の決定Σ(・□・;)です。


特にSPGアメックスホルダーにとってはカード更新特典である宿泊無料券が利用できるホテルがカテゴリ6以下となっていますから、無料宿泊特典対象外になるということです。


すでに無料宿泊する権利を有している方なら、変更後のカテゴリが適用される3月6日よりも前(つまり3月5日以前)にセントレジスホテル大阪に記念宿泊するというのも一つの手だと思います。


SPGアメックスの情報を整理すると、3月6日以降は、カード更新時の無料宿泊特典から翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都に加えてセントレジスホテル大阪の2つが対象外になることを改めて申し上げます。


ところで、2018年の秋には、愛知県にフォーポイントバイシェラトン名古屋国際空港がオープン予定です。こちらのホテルのカテゴリは、まだ発表されていません(ですよね?)が、SPGアメックス更新時の無料宿泊特典の対象にはなるのではないでしょうか。


愛知県には1月31日まで都心部にウエスティンナゴヤキャッスルがありましたが、こちらは現在、ホテルナゴヤキャッスルとしてSPGグループから離脱して新たにスタートしています。


SPGホテルカテゴリ改定【2017年版】

東京、大阪など主要都市部を中心にホテル不足が叫ばれています。主な要因は、訪日外国人の増加と言われています。円安や訪日ビザの条件緩和、あるいは、政府のウェルカムジャパンの方針による政策の効果でしょうか。日本政府観光局(JNTO)は、2015年に1974万人であった訪日外国人は、2016年には、前年度比21.8%増の2403万9000人まで伸びたと発表しました。宿泊需要が増えるのは、ホテル業界にとって...



カテゴリ改定についての所感


陸マイラーにとってホテルカテゴリの改定で気になるのは、ポイントで宿泊予約するときに必要なポイント数ではないでしょうか。


もちろんカテゴリが上がればポイント必要数も上がります。逆にカテゴリが下がればポイント必要数も下がります。


一見、カテゴリは低ければ低いほど歓迎ということになりそうですが、それはあまりにも短絡的ですよね?


世界における日本というブランドイメージが上がれば、それだけ来日するビジネス客や観光客も増えますし、良質な客が増えればホテルだって改装等を行い、より良いサービスも増えていくでしょう。


新しいホテルだって増えていくとカップは考えます。


21世紀の日本は人口減を前提として経済発展を考えていかなければいけませんから訪日外国人を増やす努力は必要です。そう考えるとホテルカテゴリのアップグレードは受忍しなければならないものなのではないでしょうか。


その観点から発想を逆転すると、海外観光地のホテルカテゴリは、あるいはダウングレードを歓迎していくものかもしれません。


例えばお隣の韓国。平昌オリンピックが始まり、訪韓する外国人客もある意味ピークに到達している感じもありますが、SPGホテルのカテゴリ改定からみると、14のホテルの内、4つがダウングレードです。

  • グラッドホテル・ヨイド カテゴリ3⇒2

  • グラッドライブ,ソウル カテゴリ3⇒2

  • フォーポイントバイシェラトン・ソウル南山 カテゴリ3⇒2

  • ルメリディアン・ソウル カテゴリ6⇒5

ルメリディアン・ソウルなんて2017年9月にオープンしたばかりなのに可哀想~。


2017年5月にオープンしたフォーポイントバイシェラトン函館がカテゴリ2⇒4になることと比較すると、カテゴリアップもそう悪いことではないかなと思ったりもします。


その分、東京オリンピック終了後の2021年のカテゴリ改定は、本音の部分で興味津々ですけど・・・


オリンピック後も経済発展続くといいですね。だって、本当に日本が没落するとカップのような庶民は海外旅行なんていけなくなると思いますから(;'∀')


SPGホテルを使いこなすにはスターポイントは必須


さて、ホテルのカテゴリが変更されたと言っても、実は、すぐにホテル料金が高くなる安くなるという話ではありません。


しかし、先に述べました通り、SPGアメックス更新時の無料宿泊特典を利用しようとしたり、あるいはスターポイントで宿泊予約を考える際には大きな変更になります。


フォーポイントバイシェラトン函館など、これまで一泊3,000スターポイントで宿泊できたのが、10,000スターポイントと3倍以上に上がる見込みです。


これってスゴイことだと思いませんか?


日本にはありませんが、カテゴリがダウンした海外ホテルなどは逆にチャンスかもしれません。


全世界のホテルカテゴリ改定はさすがにまとめることはしませんが、下記から確認できますからリンクを貼っておきますね。


SPGホテル|2018 Category Changes


あなたの気になる渡航先、カテゴリがダウンしていたら、ちょっと嬉しいかもしれませんね。


スターポイントを使いこなすには、貯めることが必要です。SPGアメックスというクレジットカードを持ってSPGホテルに宿泊すると、より多くのポイントが貯まるキャンペーンに参加できるだけでなく、SPGゴールドという上級会員のサービスを受けることができます。また、SPGだけでなくマリオット系列でも、素晴らしいおもてなしを受けることができますから、興味がある方は下記記事も合わせてお読みください。


SPGアメックス入会でマリオットホテル無料宿泊

スターウッドプリファード ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード、通称SPGアメックス。以前から魅力的なカードだと考えていましたが、年会費31,000円(税別)が高く手が出せませんでした。しかし、昨年、SPGとマリオットのアカウントをリンクすることで更に輝きを増したベネフィットが気になってしかたがなくなってしまったからです。...



また、スターポイントは購入することもできますが、現在、セールを開催していますので、一度に3万スターポイントを取得するチャンスでもあります。こちらも下記記事でまとめています。


spgスターポイント35%割引2018年3月16日まで|TopCashbackからの購入がお得

spgスターポイント35%割引セールが開始されました。3月16日までの期間限定です。過去のセールを見ても35%割引は破格。カップも昨年末のセールでは、興味津々で見守っていましたが結局購入してしまいました。当時見守っていたのは為替の動向。spgスターポイントはドル建てなので、円高が進めばもう少しお得に購入できるかなと思っていたのです。結局為替はカップの思惑通りにはいかず、セールの期限直前に購入する羽目にな...



SPGアメックスを取得して30,000スターポイントを購入するなら、残り3万円余りのクレジットカード利用で17,000スターポイントを獲得することも可能です。


出費は、カードの初年度年会費と合わせて13万円余りにはなりますが、47,000ポイント(+カード利用分1,000ポイント)の価値は、一体いくらになるのでしょうか。


仮に、40,000スターポイントをアラスカ航空50,000マイルに交換したら、東南アジア⇔日本のJALビジネスクラス2往復分になります。


JALビジネスクラス2往復分の価値を考えたら( ^ω^)・・・○×▽◇!WIN


マイルやポイントってホント、面白いですね(^_-)-☆


JALビジネスクラスで東南アジアを約6万円で往復できる!?

アラスカ航空マイレージプランに登録 で加入したアラスカ航空のマイレージプランですが、JALやANAと違い、バイマイルというマイルを直接購入できる制度があります。マイルをお金で買って特典航空券に交換することで直接航空券を購入するよりも安価に利用できるという裏ワザがありますが、アラスカ航空マイレージプランもマイル購入という手段でお得にビジネスクラス海外航空券のチケットを用意することが可能です。しかも、...


アラスカ航空マイレージプランに登録

日本-東南アジア、南アジアのJALビジネスクラス片道特典航空券を25,000マイル(往復50,000マイル)で発券できるアラスカ航空のマイレージプランが注目されています。アラスカ航空のマイレージプログラムマイレージプランは、スターアライアンス、ワンワールド、スカイチームなどのアライアンスには加盟していませんが、日本航空、キャセイパシフィック航空、フィンランド航空など19の航空会社と提携していますか...

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ
spg