スポンサーリンク

セブシティ・マリオットホテル

8,865円。

フィリピンのセブシティ・マリオットホテルにカップが2017年12月に宿泊したときの料金です。

セブには3回目の訪問になりましたが、リゾートエリア以外に宿泊するなら、カップの懐具合では通常1泊5,000~6,000円の料金でホテルを選ぶと思います。

5,000~6,000円のホテルでもセブシティなら十分快適に過ごせると思うからです。

セブ島は、空港があるリゾートエリア(マクタン島)とセブシティ(セブ島)が旅行者の主要な行動範囲になるかと思いますが、今回、セブシティに宿泊したにも関わらず、なぜ、8,865円もするホテルに宿泊したか。その理由はもちろんスターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードの影響です。

スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)は持っているだけでspgゴールドになれるだけでなく、アカウントリンクでマリオットゴールドになることもできます。8,865円はカップにとって3,000円ほど予算オーバーな料金ではありましたが、それに見合うサービスを受けることができるという目論見で今回予約しました。実際、5,000~6,000円のホテルでなく、マリオットに宿泊して正解だったと思いますので、その理由を皆さまにもお知らせしたいと思います。

スポンサーリンク

セブシティ・マリオットホテルが安く思えた理由


安全・安心


フィリピンに渡航するなら安全を軽視することはできません。


外務省からも渡航する際のテロ等に対する注意喚が起出ています。2017年6月にはイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う過激派に占領された町もあり、政府軍との武力衝突も実際に起こりました。


セブ島はリゾートエリアといえども決して治安のよい街ではありません。特にセブシティでは地域によって治安に不安があることはガイドブックなどにも書かれています。貧富の差が大きいフィリピンでもマニラに次いで安全には不安があると言われています。


ガイドブックで注意喚起されているのはコロン・ストリートと書かれていますが、コロンストリートは市内の端っこにある地域ではありません。ストリートチルドレンもコロン地域に限らず目につきますし、どこにでもリスクはあると考えるべきです。


過剰に神経質になるのも問題ですが、ホテルを選ぶ際には安全・安心を意識するのは悪くないでしょう。


マリオットホテルなら安全ということではありませんが、リスクの低いホテルの一つだと考え、このホテルを選びました。


ホテルに入るたびにセキュリティゲートをくぐりボディチェックされるのは面倒ではありましたけど・・・。


ちなみにカップは滞在したのは2泊でしたが、バニラエアの客室乗務員をよく見ました。他の航空会社の方もいたのかもしれませんけど、バニラエアの乗務員の数はロビーを通るたびに見たくらい印象的でした。


ラウンジ無料


マリオット・ゴールドの特典の一つにラウンジへの入室があります。イブニングタイムには簡単な軽食も食べられますし、ビールもワインも飲み放題。

ラウンジイブニングタイム


カップは、2日間とも夕食はここでいただきました。一人旅といっても夕食でお酒を飲めば普通に2,000円ほどは必要です。朝食も夕食もラウンジでいただけることはカップにとって大きなメリットでした。


部屋も清潔。しかも最上階


マリオットゴールドのメリットの一つに部屋のアップグレードがあります。


カップは最安の部屋を予約していましたが、12階(最上階)のデラックスルームに無償でアップグレードしてくれました。

セブマリオットデラックスルーム

部屋からは隣接するアヤラショッピングセンターが見えます。

アヤラ・ショッピング・センター



正直、もともと古いホテルだし、部屋が広くなったわけではありません。最上階といっても12階ですから、それほどラッキーというほどでもなかったのですが、2日目の夕食をラウンジに食べに行ったら満室で入れず。スタッフさんが部屋にテイクアウトしてくださいと言ってもらったときは、「12階でヨカッタ」と思いました。


ご想像のとおり、カップが積極的に利用したエグゼグティブラウンジの場所は12階なのです。


レイトチェックアウトは16:00まで


マリオットゴールドのメリット言えばもう一つレイトチェックアウトというものがあります。


カップの帰国便は午前2時ごろの便で空港にチェックインするのも深夜です。


いつものカップの行動なら、激安のゲストハウスくらい予約しておいて荷物を預けてシャワーを浴びて帰国するという準備をすることになると思いますが今回は16時までのレイトチェックアウトが認められると考えていましたので、そのような準備はしませんでした。

バンコクのトランジットは荷物置き場代わりにカプセルホテルを予約

スリランカからの帰りはバンコク経由になりますが、バンコク到着は午前7時過ぎ、バンコク発は24時過ぎということで、ほぼ半日はトランジットとなります。 ラウンジでまったりしても良いのですが、せっかくですので、バンコクの街に繰り出しましょう。 とりあえず、荷物置き場とシャワーを確保するためにカップが予約予定のホテルを紹介します。...


カップ的にはこれだけでも3千円の節約。例え、ホテル料金が8,865円だったとしても実質5,000~6,000円と言えてしまうのです。


マリオットゴールドの資格があるから格安ホテルに泊まらなくても実質お得な宿泊ができたと考えます。


というのは、ひょっとすると言い過ぎかもしれません。いくらレイトチェックアウトであっても出発直前にシャワーを浴びたりできるわけではありませんから(^^;


実際は、マリオットゴールドの特典を活用するので、多少コストがかさんでも充実した時間を過ごせたというのが本音です。


航空券でいえば、エコノミークラス料金相当額でビジネスクラスに搭乗するという感じです。


マリオットゴールドで遊ぶ


マリオットリワード


今回の宿泊でマリオットリワードを1,369pt獲得することができました。


マリオットゴールドの資格で25%増しされたポイントです。1USDあたり10pt獲得できると言われていますが、気持ち多めにもらっているような気もしますが多い分には気にしません(^^;


また、ホテルでの支払いはもちろんSPGアメックス使用です。これによって、得られたスターポイントは508pt。


8865円の支払いで何故508pt?という疑問はありますが、これも多い分には気にしません。なにかのキャンペーンに該当したということでしょう。


ところで、508スターポイントは、マリオットリワード1524ptに相当しますが、マリオットリワードでいただいた分1369ptと合わせると、2893ptになります。


マリオットリワードの価値は知りませんが、仮に1ptあたり0.7円と算定すると2893ptは2025円相当になります。


8865円の支払いで2000円余りの価値があるポイントを獲得できたとするなら実質6千円相当で泊まれたということになります。(カップの個人的な感覚です。)


旅の価値は、結局のところ個人の満足感で計られます。そう考えれば、セブシティマリオット宿泊は、決して散財であったとは思いません。


2泊の内1泊は無料宿泊


ホテルポイント遊びはさらに続きがあります。


今回、セブシティマリオットには2泊しましたが、1泊目が8865円で宿泊、そして2泊目は驚きの無料宿泊です。


予約は2回ですが、同じ部屋に連続して泊めていただきましたので実質連泊です。


無料宿泊の理由は、カップが4月に初めてマリオットに登録した際のキャンペーンです。登録後4か月後の月末までに2泊すればカテゴリー5以下のホテルの無料宿泊券プレゼントというやつです。


マリオット登録は2つのオプション で提供した情報をご確認ください。


つまり、カップはセブシティマリオットに2連泊しましたが支払った料金は8865円のみということになります。


普通に5000円~6000円のホテルを選ばずセブシティマリオットを選択した理由をお分かりいただけましたでしょうか。


メガボーナスの宿泊カウントにも利用


しかも今回のセブシティマリオットの宿泊(1回目の有償分)は、秋のメガボーナスは、2回の滞在で無料宿泊券(カテゴリー5以下のホテルに限る) で紹介したメガボーナスの宿泊カウントにも利用しています。


今年はクアラルンプール2往復でSFC修行を計画しているカップですが、昨年秋のメガボーナスを利用してJWマリオットクアラルンプールの予約を入れました。


カップが宿泊する日は、20,000円以上の料金がついていましたが、2滞在で宿泊券プレゼントというメガボーナスの条件をクリアしたカップは無料で宿泊します。


その2滞在のうちの1滞在に今回の宿泊を当てていますから、セブシティマリオット宿泊料金8,865円で、セブシティマリオット1泊とJWマリオットクアラルンプール0.5泊したと言っても過言ではありません。


ちなみに、宿泊料金20,000円以上のJWマリオットクアラルンプールの0.5泊分とは10,000円以上の価値を有するものと言えますね(^^♪


今、振り返っても、やはりセブシティマリオットに8,865円で宿泊したのは間違いではなかったと断言できます。


まとめ|8,865円でもリーズナブルな理由


2017年12月に宿泊したセブシティ・マリオットが8,865円の料金にもかかわらずリーズナブルに感じた理由は、

  1. 部屋が最上階デラックスルームにアップグレードで割安感があった

  2. セキュリティの意識が高いホテルであった

  3. ラウンジ利用で朝食・夕食無料

  4. 無料宿泊券があり2連泊できた

  5. レイトチェックアウトができて最終日のゲストハウス予約が不要

  6. リワードポイント獲得

  7. 2017年秋のメガボーナスに活用

以上、7つあります。

マリオットは、エリートメンバーのベネフィットとキャンペーンの活用で安く泊まれるのです( `ー´)ノ


追記


セブシティマリオット、12月末撤退|改装後SEDA(セダ)ホテル・チェーンとして営業


とってもお得感があったセブシティマリオットですが、2017年12月をもってマリオットとしては営業が終了してしまいました。


改装後、セダホテルグループが営業するとの情報があります。もう一度マリオットとして宿泊してみたかったのに残念です。


8,865円で泊まれた理由


以上、セブシティマリオットに宿泊した理由は8,865円でも安いと思ったからです。


でも、8,865円で宿泊できたのは理由があります。


それが、マリオットのベストレートギャランティー(ベストレート保証)です。


マリオットのベストレートギャランティーとは、マリオット公式価格よりも安く提供しているホテル予約サイトを見つけて申請すると、その安い予約サイトの提供価格の25%割引の価格で泊まれるという制度。


カップがベストレートギャランティーを申請できた経緯は下記記事でご確認ください。

Cebu City Marriott Hotel(マリオットセブシティ)をベストレート保証(BRG)25%OFFで予約

マリオットセブシティを予約しました。ベストレート保証の25%の割引で。一昨日11月11日(土)21:30頃予約、その後、すぐにベストレート保証(Best rate guarantee)を申請したところ、昨日11月12日(日)午前10時過ぎに返信をいただきました。I have approved the claim you submitted for Marriott's Look No Further(SM) Best Rate Guarantee!やりました!ベストレート保証申請の成功です。マリオットのベストレート...


いずれにしても、今回のようなお得な宿泊ができたのは、スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)様様です。陸マイラーにとってもSPGアメックスは有用なカードだと思います。


友だち紹介で入会するという裏口ルートもありますから興味がある方はメールでお問い合わせください( *´艸`)

Mailはコチラから


SPGアメックス(AMEX)入会のプロセス|そのメリットと活用法

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)、カップの手持ちのカードで今最も気に入っているカードです。マイレージ好きに限らず旅好き必携のこのカード、読者の皆様もお持ちの方が多いと思います。100円につきspgスターポイント1pt貯まる還元率の良さもさることながら、何よりもカードを持つだけでスターウッド・ホテル&リゾートの「ゴールド会員」になり、優遇サービスが受けら...


SPGアメックス入会でマリオットホテル無料宿泊

スターウッドプリファード ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード、通称SPGアメックス。以前から魅力的なカードだと考えていましたが、年会費31,000円(税別)が高く手が出せませんでした。しかし、昨年、SPGとマリオットのアカウントをリンクすることで更に輝きを増したベネフィットが気になってしかたがなくなってしまったからです。...

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ
SPG