スポンサーリンク

無料でできる方法があるんだ

ソラチカルート改悪のニュースがANA陸マイラーの間で流れたのが1月9日。

改悪後のANAマイルの貯め方についての課題はANA陸マイラー共通の議論になりました。

カップが選ぶ方法は、とりあえず既存のポイントを3月末までにメトロポイントにポイント交換。その後は、LINEポイントに集約してメトロポイントへ交換するというもの。

ソラチカルート改悪後の準備編|どっちの交換ルートにするの?

2018年1月9日、陸マイラー界を悲劇のニュースが襲いました。ANA To Me CARD PASMO JCB、通称ソラチカカードホルダーが持つ必殺技、ソラチカルートの入り口となるドットマネー、PeX、ネットマイルからメトロポイントへの交換が2018年4月1日以降、封じされるというのです。ソラチカルートとは、各種ポイントサイトで貯めたポイントを90%のレートで、1マイル1.5円から5円程度の価値を持つと言われるANAマイ...


もちろんこの方法もいつまで使えるのかはわかりません。

LINEポイント⇒メトロポイントの交換が停止になってしまったら終わりですから。

けど、過去数週間の議論を見ていても、ソラチカルートを使っていた陸マイラー全員がこのルートを選ぶわけではなさそうです。

やっぱり、90%の交換レートと81%の交換レートでは、お得度が全然違いますから。ソラチカルートを卒業される陸マイラーたちの心情もカップは理解できます。

でも、ひょっとしたらもう一つ問題があるのかも。

その問題とは・・・

スポンサーリンク

LINEポイントへの集約方法


キーとなるポイントサイトはGポイント


次世代のソラチカルートと言われるLINEルートですが、肝心のLINEポイントの入り口になるポイントは限られます。


の2つが代表的なものかもしれませんが、カップ注目はGポイントであることは先日お話しした通りです。


その理由はもちろん、GポイントにはPeX⇒三井住友VISAワールドプレゼント⇒Gポイントの交換を使えば
各種ポイントサイトで貯めたポイントも結果的には新ソラチカルート(lINEルート)に乗せることができるからです。

PeX⇒三井住友VISA ⇒Gポイント⇒LINE

でも、そのGポイントには致命的な弱点があるから問題です。


5%のポイント交換手数料


Gポイントの致命的な弱点とはポイント交換に交換手数料が必要ということ。


例えばGポイント10,000GをLINEポイントに交換するには、5%相当の500Gを支払わなければいけません。


もちろん、この500Gは、Gポイントのサービスを使うことによって全額還元されますから実質無料で交換できるともいえます。

Gポイント手数料返金制度

Gポイントのほとんどのサービスが交換手数料全額還元の対象になりますから、例えば、上記のようにアプリのインストールなども対象になります。交換手数料全額還元のハードルは、はっきりいって低いです。


それでも、いちいち交換するたびにGポイントのサービスを使うことが面倒と思う方もいらっしゃいますよね。


実は、カップはそのような煩わしさを感じたことがありません。


その理由は、いつポイント交換を行っても下記のようなメッセージが表示されるからです。


交換完了後1日以内に手数料がバックされます

交換手続きする前に「交換完了後1日以内に手数料がバックされます。」というメッセージを頂けるなら安心してポイント交換できます。


どうすれば、このようなメッセージが表示されるのか。その答えは明白です。


交換手数料の還元する条件であるGポイントのサービス利用の算定期間が、「ポイント交換申請の前月1日~交換申請月の4か月後末日までに対象サービスでのポイント獲得が完了していれば、手数料が戻ります。」であることに着目してください。


注目すべきは、「前月1日~」


前月にポイントを獲得していれば、交換時に上記のようなメッセージを得ることができるのです。


ということは、毎月1回定期的にGポイントのサービスを利用していれば、Gポイントから何時LINEポイントに交換しても手数料還元を受けられるということになりますね?


「毎月必ずサービス利用するくらいなら、交換したときに忘れずに利用する方が良い」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、カップが毎月必ず利用しているGポイントのサービスはある仕組みさえつくってしまえば、何もしなくてもポイントを獲得できるサービスです。きっとお気に召してもらえるのではないでしょうか。


スルガ銀行Dバンク支店Gポイントクラブ


Gポイントの口座明細


はじめにカップのGポイントの口座明細を示します。

Gポイントサービス利用歴

毎月15日頃、Gポイント付口座振替サービスが利用歴に上がっています。


これは、スルガ銀行Dバンク支店で給料を受け取ることによって得られる50G獲得の明細ですが、ポイント交換手数料還元対象のサービスになっています。


直近だとGポイントをTポイントに交換しましたが、11月20日に申請したものが28日には還元されたという記録があります。

交換手数料還元

Tポイントへの交換手数料は6%のようですが、交換時にすぐ還元されるということが分かっていますので、正直記憶にもありませんでした( *´艸`)


もしあなたがGポイントを使ったLINEルートを選ぶなら、スルガ銀行Dバンク支店Gポイントクラブのサービスを活用することはお勧めです。


スルガ銀行Dバンク支店口座開設の方法


スルガ銀行Dバンク支店の口座開設は、Gポイントから行うことができますので、まずはGポイントの登録を行いましょう。

Gポイント

次に、Gポイント内の検索ボックスで「スルガ銀行Gポイントクラブ」で検索すると、貯めたGポイントを口座振り込みする交換のサービスと、スルガ銀行Gポイントクラブの口座開設の2つのサービスが見つかりますから後者のサービスをクリックして手続きをすすめます。

スルガ銀行Gポイントクラブ

すると、スルガ銀行Gポイントクラブの口座開設のページに移りますので、さっそく口座開設申込のボタンを押下してください。

スルガ銀行Gポイントクラブ口座開設申込


スルガ銀行Gポイントクラブでのポイントの貯め方


カップは勤務先の給料をスルガ銀行Dバンク支店Gポイントクラブでもらっていますので、毎月、ポイント交換手数料還元のサービスを自動的に受けることができますが、もし、お給料の振替先をスルガ銀行Dバンク支店に指定できない場合はどうするのでしょう。


その場合でもスルガ銀行Dバンク支店Gポイントクラブで毎月Gポイントを貯めることは簡単です。Gポイントでは給料振り込みの他、下記のようなサービスでもポイントを貯められるからです。

スルガ銀行Gポイントクラブの特典

4月からの改定ソラチカルートを利用するために、Gポイント⇒LINEポイントの交換を効率的に行いたいとか考えている方にはスルガ銀行Dバンク支店Gポイントクラブのサービスは一考ではないでしょうか。


Gポイント

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...