スポンサーリンク

JALどこかにマイル

マイルを貯めて特典航空券。カップがマイルを貯める目的は主にビジネスクラスで海外旅行をすることです。

マイルを貯める方法は、各種ポイントを貯めて、それをエアラインマイレージにポイント交換すること。現金化できるポイントをマイルに交換するわけですから結局のところマイルを購入しているという感覚です。

スポンサーリンク

ポイント交換先をエアラインマイレージにする理由


マイルは使い方が面白い


各種ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換する理由は、現金化するよりも使い方に面白味を感じるからです。


その理由はマイルは利用方法によって1マイルあたりの価値が変わるから。


1ポイントあたり1円の価値を持つポイントを現金に交換すれば1円の価値に留まりますが、1ポイントを0.5マイルに交換して1マイルあたり10円の価値で特典航空券を発券すれば、本来1円であった1ポイントを5円分の価値で利用したということになります。


1円が5倍に。まさに錬金術と言えるのではないでしょうか。


実際は1マイルを10円の価値で利用するなんて国際線ファーストクラスに搭乗するくらいしか方法はないですが、逆にいえば、国際線ファーストクラスなんて多くの人にとって人生で一度も搭乗することのないくらい縁のないものですが、ポイントサイトを活用することで誰にとっても現実的な夢になるわけですよね?


自分の人生に縁のなかった国際線ファーストクラス搭乗を経験することができたということでもマイルを貯める意味はあったと考えます。


誰でもできることでも大量マイル獲得は簡単なことではない


現在多くのマイレージブログではマイルを貯めるのは簡単であると情報提供しています。


この意見にはカップも同意します。でも、だからと言って全ての旅好きの人がマイルを貯めているわけではありまません。


簡単と言いつつも面倒であることは事実です。特に国際線ファーストクラスに搭乗できるくらいのマイルを貯めるのは、アフィリエイトで稼ぐことのできるスキルのある人を除いては、ぶっちゃけシンドイです。


でもね、マイルを貯める目的は何も国際線ファーストクラス搭乗だけではありません。もっと「手軽に貯めて、手軽に使う」。そんなマイルの貯め方があってもいいと思います。


マイレージ初心者にお薦め!JALのどこかにマイル


わずか6,000マイルで国内往復航空券


「手軽に貯めて、手軽に使う」ことをコンセプトにマイルの貯め方・使い方を考えると結論の一つとしてJALの「どこかにマイル」という制度に行きつきます。


どこかにマイルは、「日本の魅力、再発見!行き先はおまかせ、マイルをつかってどこかに行こう!」というキャッチコピーで売り出しています。一見、旅行会社のミステリーツアーのようにも思えますが実は全然違います。


行先は勝手に決まるのではなく、想定される4つの行先から本人の意思に関係なく選択されるということです。


「ん?本人の意思に関係なく選択されるなら、つまるところ行き先は勝手に決まるということではないか?」


そう思われる方もいらっしゃると思いますが、カップが言いたいのは、想定される4つの選択肢は固定されているのではなく、やり直しが利くということです。


行きたいところが出てくるのを待つ方法もありますし、行きたくないところが出てこないのを待つ方法もあります。


例えば、北海道や沖縄に行きたいと思えば、札幌、那覇が入っているプランが出てくるのを待てばいいし、

札幌・沖縄

寒いところは嫌だからとりあえず南へということなら九州・沖縄が4つ揃うのを待つこともできます。

沖縄・九州限定

札幌、沖縄のプランは確率50%ですが、九州・沖縄プランは行先がどこに決まっても希望通りということになりますよね(^_-)-☆


どこかにマイル検索の裏技!?


とはいっても一日の検索回数には上限があるようですから自分が望む4つのオプションが現われなければどこかで妥協しないと最終的には固定してしまいます。


しかし、検索回数の上限についてもリセットする裏技があります。


その方法とは、、PCで検索して上限に引っかかってしまったら、今度はスマホで検索してみるというとです。同じJMB番号であっても、スマホで改めてどこかにマイルを申込すれば、再び検索することが可能になります。


あるいは、ブラウザを変えて検索することによってリセットすることも可能です。


これで安心して検索できますね。


JALマイルを貯めるならポイントサイト


とはいってもどこかにマイルの最大の弱点は行先がはっきりとは決まらないということに変わりはありません。


友人と一緒に行こうと思っても旅行プランを確定するのはなかなか難しいですね。マイルの使い方を人に指図されるのを好まない人も多いでしょうから、代表者のマイルのみで友人分も発券できるようになるといいのでしょうが…


JALのどこかにマイルは、自分のマイルを人数分利用できる家族での旅行か、そうでなければ一人旅での利用が賢いのではないでしょうか。


JAL6,000マイルは通常12,000円分のポイントを貯めることで交換することができます。


往復航空券を12,000円分のポイントで購入するという気持ちで手軽に飛行機旅行に行ってみませんか?


年間144,000円分のポイント貯められるなら、毎月出かけることもできますね。あのサイトを使えば、90,000円分のポイントでJAL72,000マイル貯めることもできますけど(っ´∀`c)

JALマイル革命|モッピー攻略でタダ旅行

ポイントサイトのモッピーのJALのマイル交換ドリームキャンペーンが激アツです。モッピーポイント12,000ポイントを貯めてJALマイルに交換すれば、JAL6,000マイルに交換できるだけでなく、その後、4,500Pのポイントバックを受けられます。しかも、毎月選定される対象広告を利用すれば4,500Pのスカイボーナスが5,000Pに増加するというおまけつきです。対象広告を利用した前提でのスカイボーナ...



JALどこかにマイルの残念な点


たったの6000マイルで往復の特典航空券を発券することのできるどこかにマイルは利用できる人にとっては大変お得な制度です。


でも、残念ながら、東京(羽田)、大阪(伊丹)発着便の路線に限られます。


もともと羽田発着便のみで始まったどこかにマイルですが、現在は羽田、伊丹と対象空港が増えました。でも、今後、別の空港にも広まるかというとなかなか難しいかもしれませんね。


もともと対象になるJAL便が少ないと「どこかにマイル」ができませんから(^^;


カップとしては発着の時刻指定がなくてもいいのでセントレアまで拡げてほしいのですが・・・。切実な願いです。


スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ
JAL