スポンサーリンク

旅好き女子はビジネスクラスで海外へ

毎年2回程度、ふらっと海外に出かけるのがカップの趣味です。

旅行好きというのもありますが、日頃のストレスを忘れてフリーになれる感覚がカップは好きです。

言葉が通じない世界でも、期間限定の異次元空間と思えるので安心して過ごすことができます。

でも、そんなカップが苦手としているのは飛行機の搭乗時間。

大勢の人が密室に押し込まれて窮屈な体制で固まっているというのが、どうも苦手です。

同じ飛行機の空間であっても、少しでも快適に過ごす方法はないものか。

そう思案したカップの出した一つの解決策が、ビジネスクラスに搭乗するということです。

スポンサーリンク

ビジネスクラスがエコノミークラスと全く違う3つの理由


実際、ビジネスクラスに乗ってみると、身体に対する負担がエコノミークラスとは雲泥の差であるだけではなく、機内で快適に過ごすことができます。

ビジネスクラスの座席は快適


ビジネスクラスの座席は、エコノミークラスに比べ、広いだけではなく、クッションも快適です。正直機材による差も大きいのですが、先日、ソウルからセブに搭乗したアシアナ航空では、下記のシートで快適に飛ぶことができました。

アシアナ航空ビジネスクラスシート

ビジネスクラスシート

フルフラットにならない機材ではありましたが、リクライニングの角度がエコノミークラスとは違いますから快適な飛行が約束されます。

参考までにエコノミークラスの座席もパシャリ(#^.^#)

アシアナ航空エコノミークラス


先頭の座席はまだ足元に余裕がありそうですが、二列目以降は、ホント、窮屈そう((+_+))


なんて、茶化して言ってますがまともな方法で航空券を用意していたら、当然カップはエコノミークラスの住人になります。おカネ余り持っていませんから( ^ω^)・・・


ビジネスクラスの食事はコース料理


飛行機に乗る楽しみの一つに食事があります。


もちろんエコノミークラスの食事でも当たりのときは大満足できるのでしょうが、いつでもそうとは限りません。ときには「え?」というような料理のときもあります。


でも、ビジネスクラスの食事は、コース料理が出てくることも普通です。前回カップが搭乗したアシアナ航空でも、下記の通りCAさんが順に料理を給仕してくださいましたので搭乗時間は楽しい時間になりました。

アシアナ航空ビジネスクラス機内食①

アシアナ航空ビジネスクラス機内食②

アシアナ航空ビジネスクラス機内食③

アシアナ航空ビジネスクラス機内食④


CAさんのおもてなし姿勢が違う


また、機内エンターテイメントで用意される映画も、エコノミークラスよりも大きな画面で見ることができるのが通例ですから、アクション映画なども迫力が違いますよ。


ソウル発のセブ行きにもかかわらずニュースウィーク日本版などもプレゼントしてくれました。

ニュースウィーク


ニュースウィーク、普段読んでませんが、「英語版でいいのに・・・」と誰も聞いていないのに見栄を張りつつ読んでるふりをしてました。あっ、日本語版だからその気になれば読めるんだった。


誰でも安価にビジネスクラスに乗る方法


とはいってもビジネスクラスのチケットは、エコノミークラスのチケットに比べ、倍以上の価格になります。手軽に購入できるものではありません。


でも、航空会社のマイルを利用することで、とってもお得に手に入れることができるのも事実です。


セブ往復ビジネスクラスなら50,000円相当のポイントで購入可能


カップがセブ行きのビジネスクラスチケットを手に入れた方法は、ANAのマイレージプログラムで特典航空券を発行する方法です。


日本からだとソウル経由のセブ行きがわずかANA43,000マイルでビジネスクラス特典航空券を発券することができます。


ANAマイレージを43,000マイル貯めることが大変なんだよっ! という声が聞こえてきますが、実際は、サーチャージ、空港税等を除けば、実質5万円未満の負担で貯めることができます。


え?マイルってタダじゃないの? と再び質問が来そうですけど、そうですね、マイルは確かにおまけのポイントですから無料でなければいけませんね。


もちろんマイルは無料で貯められるので、本当の実質費用は無料と言えるのかもしれませんが、もし、この方法でマイルを貯めなければ、5万円の現金をもらえる方法とも言えますから、5万円の代わりにビジネスクラス特典航空券を貰えると考えれば、やっぱり実質5万円相当の負担でセブ島に往復ビジネスクラスに行ける方法と説明させていただいた方が、カップはしっくりきます。


ネットで簡単にお小遣い稼ぎ、その秘密はハピタス


で、実際にどうやって5万円の現金をもらえたり、代わりにANA43,000マイルもらえたりするのかということですが、ネットで簡単にお小遣いを稼ぐことができるハピタスというポイントサイトを使います。


ハピタスというのは、インターネットでお買い物をするときなど、Yahoo!ショッピングや楽天市場にアクセスする前に経由することで、実際に買い物した金額の数パーセントのポイントを貯めることができるお小遣いサイトです。


満13歳以上の人でメールアドレスを有していれば誰でも登録することができます。


お買い物で、購入金額の数パーセントのポイントを貯められるというと、仮に5%であっても、ネットショッピングを100万円分しなければいけないと思われるでしょうが、ネットショッピングでポイントを貯める方法は、ハピタスポイントを貯める一つの例に過ぎません。


カップは、実際毎月3万円分のお小遣いをハピタスで稼いでいますが、ネットショップなどの利用はほとんどしていません。


カップがポイントを稼ぐ方法は、クレジットカードの入会が主です。


現在、多くのクレジットカードがありますが、カードに入会するときにハピタスを経由して申込手続きをすると、それだけで数千円分のポイントをタダでもらえます。


ときには、一万円分以上のポイントをプレゼントされることもあります。


初めてハピタスに登録される方がいらっしゃるなら、リンクを貼っておきます。登録するだけでもポイントがプレゼントされますから迷わず登録してください。


登録しても、費用がことがかかることは一切ありません。もちろん、その後も、ハピタス経由でクレジットカードを発行したり、ネットショッピングをしても、マージンなどがかかることはありませんから安心して登録してください。


カップがハピタスを利用するときは、クレジットカードの申し込みがほとんどです。恥ずかしいですが、ほぼ毎月のペースで何らかのカードを発行しています(*ノωノ)。年間ベースで考えると10枚近くクレジットカードを発行しているのではないでしょうか。


でも、初めてハピタスに登録される方ならカード発行案件以外にも、大量にポイントを貯める方法があります。


思いつくままに列挙すると・・・

  • 銀行、証券、FXなどの金融口座開設

  • 保険の見直し相談

  • 不動産投資相談

などなど。


初めてハピタスに登録される方なら・・・とお話しした理由は、上記案件は、数に限りがあるからです。カップもハピタスに登録した当時は、好んでFX口座などを解説していましたが、今は正直やりつくしてオイシイ案件に出会えなくなっています。


もちろんクレジットカード案件も無限にあるわけではないですが、カードについていえば毎年新しいクレジットカード生まれて、新しいカードだとハピタスなどのスポンサー対象案件にもなりやすいということもあり、まあ、数年間、ネタ切れにならずに続けてくることができてます。


先日は、妻が、JACCSカードのPonta Premium Plusをハピタス経由でも申し込んだりもして、ハピタスとは家族ぐるみのつきあいと言っても言い過ぎではありません(#^.^#)


また、陸マイラー最強の裏技でお話ししていますが、ハピタスでは友だち紹介でポイントを貯める方法もありますから、つき合いが長くなるほど、安定してポイントを貯められるという利点もあります。


当ブログでも過去幾度となく紹介し続けているハピタスですが最近、紹介バナーも模様替えしたようですし、これを機会に改めて紹介させていただきます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ソラチカルートという錬金術


なるほど、ハピタスで毎月クレジットカードを一枚ずつ申し込めば、半年間で5万円分くらいのポイントを貯められるのは分かった。でも、5万円で買えるセブ往復航空券はせいぜいエコノミークラスだぞっ。という声が聞こえてきますが、ここで出てくるのが航空会社のマイレージという制度です。


もともとは、飛行機に搭乗してくれたお客さんにおまけのポイントとして提供していたマイレージ。顧客を囲い込みするための方策です。


しかし、現在は、一つのポイントとして、飛行機に乗らなくても貯めることができます。


一般的にはクレジットカードのポイントプログラムとして、カードショッピング時に貯められるという認識があると思いますが、もはや、そういう時代ではありません。


先にご紹介したハピタスなどのお小遣いサイトを利用して貯めたポイントをマイルに交換することができるのです。


とはいってもハピタスポイントをマイルに交換する方法によって得られるマイルが異なりますから交換ルートの選定は慎重に行わなければいけません。


ソラチカカードならマイル交換レート90%


現在、陸マイラー(飛行機に乗らないでマイルを貯める人々のこと。)の間でANAマイルに交換するための神ルートと言われているのが、ANA To Me CARD JCB(通称:ソラチカカード)というクレジットカードを持っている人だけが利用できるソラチカルートです。


ハピタスで貯めたポイントをドットマネーというポイントサイトのポイントに交換して、更にそれを東京メトロポイントに交換したうえでANAマイルに交換する。


なんて面倒な交換だ!!と思われる方も多いと思いますが、ANAマイルを貯めることが目的であれば是非ともこの面倒な交換ルートを選んでいただきたいと思います。


その理由は下記を視れば一目瞭然


ソラチカルート以外で交換


ソラチカルート以外で交換

ソラチカルートで交換


ソラチカカードで交換

ハピタスで貯めた同じ20,000ポイントですが、ソラチカルート以外で交換するとANA12,000マイルだったものが、ソラチカルートで交換することによってANA18,000マイルと1.5倍ものマイルを貯めることができるからです。


これは、誰が見てもANAマイルを貯めるならソラチカカードを使ったソラチカルートで交換しないと損だと思いますよね?


ただし、とってもお得なソラチカルートですが、毎月ANA18,000マイルまでの交換という制限があります。例えマイルに交換することのできるポイントを大量に貯めても、そのポイントをすべてソラチカルートのレートでANAマイルに交換することができるわけではありません。


同様にハピタスにも1か月につきドットマネーに交換できるポイント数は30,000ptまでという制限があります。ANAマイルを効率よく貯めようとするならば、毎月ハピタスで3万円分のポイントを貯めて、20,000ポイントをソラチカルートでANAマイル、残りの10,000ポイントは旅費の足しにするために現金に交換するという方法もありだと思います。


海外旅行は、航空券だけではできずホテル代やその他の滞在費も必要になりますから(^^;


毎月ANA18,000マイルじゃ足りない欲張りなあなたなら


ANA VISA nimocaカードならレート70%


「ANAマイルを貯めるのにソラチカカードが必須なのは分かったけど、毎月18,000マイルじゃ足りないよ!」


という方がいらっしゃったら逆に質問します。


毎月継続して20,000円相当のポイントを貯められますか?


「もちろん!」とお答えされたあなたには、ソラチカルート90%には及びませんが、ハピタスなどのポイントからANAマイルに70%のレートで交換できるnimocaルートをお教えしましょう。


ANA VISA nimocaカード誕生|最大32,000マイル相当+1000nimocaポイントプレゼント

ANA陸マイラー驚愕の新カードが誕生しました。その名はANA VISA nimocaカード!nimocaといえば、これまで陸マイラー界ではJAL陸マイラーにとって有利な交通マネーと言われていましたが、ANA VISA nimocaカード誕生によってANA陸マイラーにとっても注目の交通マネーになりました。本日は、誕生を記念した新規入会キャンペーンについての情報を提供します。とってもお得な新規入会キャンペーンなので、ANA VISA nimocaカー...



ハピタスと違って月の交換の上限がありませんからソラチカルートを超えるポイントについてはnimocaルートでANAマイルに交換するといいかもしれません。


仮に毎月3万ポイント貯められるなら、

  1. ソラチカルート:20,000pt⇒ANA18,000マイル

  2. nimocaルート:10,000pt⇒ANA7,000マイル

と毎月ANA25,000マイル貯めることができます。


ただし、ANA VISA nimocaカードを利用したnimocaルートはポイント交換がウェブ上のみでは完結できず、下記交換機のある場所でないとANAマイルに交換することができません。

ANAマイル交換機


で、このポイント交換機がある場所というのが・・・

マイル交換できる場所


福岡、大分、熊本、宮崎、函館の5地区です。


九州や函館にお住まいの方専用かもしれませんね。え?ANAマイルに交換するために定期的に福岡、大分、熊本、宮崎、函館のいずれかに旅立つ?


陸マイラーとしてはそれも一興ですね。別に毎月行かなきゃいけないというわけではないのですから(#^.^#)

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ