スポンサーリンク

腕を組んで怒る彼女

アプラスのクレジットカードの中でお気に入りである2枚のカードとは、ECナビカードプラス、アプラスアクシスカードプラスです。

どちらもポイント還元率1~2%、特にアプラスアクシスカードプラスでは、前年200万円のカード利用額があるとポイント還元率が2%になります。

このポイントをマイルに交換すると、JALマイルなら1.2%、ANAマイルに至ってはちょびリッチ、ドットマネーを経由したソラチカルートを利用すれば1.8%になるお宝カードになります。

しかも、カードブランドがJCBだとあの利用法も可能になります。

スポンサーリンク

nanacoでの税金支払いに欠かせないカード


JCBカードならnanacoチャージ可能


セブンイレブンで納付書の支払いをするときに決済手段として利用できる電子マネーnanaco。


残念ながら、金額の多寡にかかわらずnanacoポイントは貯まりませんが裏技によって税金支払いでもポイントを貯める方法があります。


その方法とは、nanacoチャージするときにポイントが貯まるクレジットカードを使うこと。


nanacoを使ったセブンイレブンでの納付書による税金の支払いのプロセスは下記の2つ。


  1. nanacoへのチャージをクレジットカードで行う

  2. セブンイレブンでnanacoで納税


先に説明の通り、②のプロセスではポイントを貯めることはできませんが、①のプロセスをnanacoチャージでポイントを貯めることができるカードで行えば、クレジットカードのポイントを貯めることができます。


nanacoチャージ可能なクレジットカードはいろいろありますが、そのすべてでポイントを貯めることができるわけではありません。


一部のカードのみに与えられた特権ですが、近年、多くのカードでnanacoチャージ時のポイント付与は廃止されています。


nanacoに対する陸マイラーの歴史は改悪の歴史です。ぱっと思いつくものだけでも下記3つのカードで改悪がありました。


  • 【ANA】漢方スタイルクラブカード

  • 【UA】マイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージ

  • 【JAL】リクルートカードプラス


いずれも、nanacoチャージでのマイル還元率1%以上を実現していたカードでした。


nanacoへのクレジットカードチャージはカードでマイルを貯める手段としては有効ン方法だったと考えます。


アプラスのカードでもnanacoチャージはポイント付与対象外に


2017年にカップがnanacoチャージにおススメしていたカードは以下の3つです。

  • ECナビカードプラス

  • アプラスアクシスカードプラス

  • リクルートカード


しかし、1番目と2番目のカードについては、アプラスからの公式アナウンスで2017年10月以降はnanacoチャージでポイント付与対象外になるとされていました。


nanacoチャージでポイントを貯められるカードが消えてゆく・・・無難なのはリクルートカード? それともYahoo!JAPANカード?

電子マネーnanacoは、税金等の支払いでも使えるので陸マイラーの間では人気です。セブンイレブンでnanacoを使ってコンビニ納付書払をすれば、その支払いのときはnanacoポイントも貯められませんけど、あらかじめnanacoチャージでもポイントを貯まるクレジットカードでチャージしておけば、間接的にカードのポイントを貯めることができるからです。しかし、過去、nanacoチャージで抜群の人気を誇ったマイレージプラスMUFGカード...



現在、nanacoチャージで効率的にポイントを貯められるカードといえば、ポイント還元率1.2%のリクルートカードであるといえるでしょう。ソラチカルートに乗せられないのが残念ですけど。


リクルートカード_PC


アプラスのカードのnanacoチャージポイント付与廃止のお知らせを受けてからはカップも本気でそう思っていました。


しかし・・・


アプラスカードからまさかのお知らせ


nanacoへチャージ時のポイント付与改定延期


先日、自宅に届いたアプラスカードからのお知らせを下記に示します。

アプラスからのお知らせ


内容としては、nanacoへのクレジットカードチャージにおけるポイント付与に関する改定が延期されたということです。


これまで2017年10月1日に改悪されるとされていましたが、やっぱり改悪は2018年4月1日(日)に行うというものです。


お知らせ時期に対するアプラスへの不満


改悪の時期が半年間延期するということですので、陸マイラーにとっても歓迎すべき内容なのですが、問題はお知らせの時期です。


もともと10月1日に改悪するといっていたものを延期するわけですから、どんなに遅くてもアプラス側は10月1日には改悪していないという事実を把握していたはずです。


改悪延期の理由は明らかではありません。システム改修の問題であったり、他機関との交渉ごとがうまくいかなかったのかもしれませんが、少なくとも10月1日に改定が間に合わなかったを知っていたわけですからカード利用者には速やかにアナウンスすべきだと考えます。


改めてアプラスのサイトを見てみると2017年11月8日付で改定延期のお知らせが掲載されていましたがカップは見落としていました。


今回のハガキによるお知らせで初めて事実を知ったしだいですので読者様に情報提供させていただきます。


しかし、nanacoチャージでポイント付与されなくなったと誤解して10月1日~11月7日の間にカードを解約された方もいらっしゃるのではないでしょうか。


アナウンスが遅れたことの責任について株式会社アプラスはどのように考えているのでしょうか。今回のハガキには、「本御案内状は2017年10月末日現在の会員様に送付しております。その後に脱会等のお申し出を受けたお客様におかれましては入れ違いの案内となりますがご容赦ください。」とのみ記載されており、nanacoチャージによるポイント付与が10月以降されなくなったと誤解して解約した人に対するお詫びは一切ありません。


株式会社アプラスの対応は、残念以外の言葉では表せないと考えます(# ゚Д゚)

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ