スポンサーリンク

セブシティ・マリオットホテル

マリオットセブシティを予約しました。ベストレート保証の25%の割引で。

一昨日11月11日(土)21:30頃予約、その後、すぐにベストレート保証(Best rate guarantee)を申請したところ、昨日11月12日(日)午前10時過ぎに返信をいただきました。

I have approved the claim you submitted for Marriott's Look No Further(SM) Best Rate Guarantee!

やりました!ベストレート保証申請の成功です。

マリオットのベストレート保証、一体どれくらいお得なのか。申請が認められるコツはあるのか。本日はマリオットBRGについて実践例を含めた情報をお知らせします。

スポンサーリンク

マリオット・ベストレート保証の概要


マリオットLook No Further ベストレート保証に成功すると


マリオット公式サイト予約よりも安い料金よりも、さらに25%OFFの料金で宿泊することができます。ちょっと正確にいうと税抜き価格よりも25%OFFにしたあと税・サービス料を加算されますけど。(比較対象の料金は、税抜き価格です。

申請のプロセス


マリオットBRGの申請の手順は以下の通りです。

  1. マリオットを予約

  2. BRG申請

  3. 申請後24時間以内に回答


カップの場合は、②のBRG申請後約12時間後にはベストレート保証の適用の連絡がメールで届きました。


マリオットBRGの条件


マリオットのベストレート保証の申請をする条件を簡単に示すと・・・

  • 公式サイトからの予約

  • 比較料金は誰でも予約可能な料金
    (会員限定、クーポンコード利用等は不可)

  • 1ドル以上の差額が必要

  • ホテル、部屋タイプ、滞在日など条件が同一であること

  • キャンセルポリシー、事前購入に関するポリシー、ならびに料金に関するその他の規約が、すべて同一であること

  • 予約後24時間以内に申請すること

  • Ctrip の返金不可の料金を除く


カップがよく利用していたエクスペディア価格保証と条件は似ていますが、マリオットのベストレート保証では予約時の価格と比較の価格の適用通貨が異なることは認められている分、エクスペディア価格保証よりは緩いかもしれません。


また、Ctrip返金不可の料金を除くなど、暗にCtrip(中国系のホテル予約サイト)の安さには敵わないと認めているあたり、エクスペディアの価格保証よりは攻略しやすいのかもしれません。


【実践例】マリオットセブシティでベストレート保証申請


マリオット公式サイトで予約した料金


それでは、カップが実際に申請したマリオットセブシティのベストレート保証の実践例を紹介します。


まずは、最初にカップがマリオット公式サイトから予約した内容は以下の通りです。

マリオットセブシティ公式サイト予約

フィリピンペソで5514.15PHP
(1 PHP = 2.22 JPY )

日本円だと約12,240円になります。


マリオットが親切だと思うところは、通貨の換算レートの情報を提供しているところです。


本当は他サイトの方が安いのに、換算レートでごまかしてBRG却下となるリスクは少ないといえます。


ベストレート適用後の料金


そして、昨日ベストレート適用の連絡をいただいた後の価格が以下になります。

マリオットセブシティ・ベストレート保証適用後

税・サービス料込の価格は3,858.28PHP


日本円だと約8,565円です。


マリオットベストレート保証のおかげで当初予約した金額よりも3,675円安く予約することができました。


支払いはチェックアウト時ですから、正確にはその時の為替で円換算の金額は決まるのですが、約8,600円でマリオットに宿泊出来て、マリオットゴールドの特典で、朝食無料・ラウンジ無料の特典を受けられるのは嬉しいですね。


マリオットゴールドになる最もお得な方法については次の記事を読んでくださいね。

SPGアメックスならマリオットゴールド会員として無料の朝食とラウンジ利用

ホテルの上級会員資格があると滞在時にいろいろなメリットがあります。適用されるプログラムによって異なりますが、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト、朝食無料、ラウンジ利用などホテル滞在が楽しくなるサービスを受けることができます。部屋のアップグレードなども嬉しいサービス。別に上級会員でなくてもアップグレードされることはあるでしょうけど、アップグレードされる確率が段違いです。...



マリオットには今回予約した日の翌日分も入会時の2回宿泊でカテゴリー5以下のホテル宿泊無料のチケットで予約していますので2泊します。相変わらずの短い旅行ですが、日頃のストレスを忘れて思いっきりリラックスしてきたいと思います。


マリオットBRGのゆるさ


今回、カップは初めてマリオットBRGを利用しましたが、感想としてはエクスペディアの価格保証に比べゆるいなと思いました。


上記2つの予約料金の明細を見てみていただくとわかると思いますが、当初カップが予約したプランは、マリオット リワード事前購入料金という原則キャンセル不可の料金です。


しかし、ベストレート適用後の明細を見ていただきますと、宿泊前日まで無料キャンセル可能に変更されています。BRGで25%割引だけでなく、キャンセルポリシーまで変更されるなんて聞いたことがありません。


きっとマリオットの中の人もBRGの手続きには慣れていないため間違えたのではないかと思います。(BRGの適用条件のチェックは、コンピュータのみではなく人が最終判断しており、ヒューマンエラーが起こり得るとカップは考えています。)


マリオットBRG攻略法


カップは今回初めてマリオットのBRG申請を行いましたが、特に問題なく成功しました。日本時間で土曜日の夜に申請し、日曜日の朝には結果を受けるという幸運にも見舞われました。


ベストレート保証については、多くの旅行ブログやマイレージブログでも、その成功例が報告されています。しかし、読者様の中には「どうして皆そんなに簡単に、ベストレート保証適用の料金を見つけられるのだろう?」と不思議に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


その答えの一つは、利用者の割合が少ないということが考えられます。BRG対象となるホテル価格を上手に見つけられるということではなく、マリオットBRGの申請者が少ないので審査がゆるいという考察です。


マリオットに宿泊する多くの人がBRG申請に成功するようになると、今回のように簡単には認めてもらえなくなると思います。事実、Ctrip の返金不可の料金で申請されると、BRGが量産されてしまいますので、Ctripの返金不可料金は締め出されてしまいました。


ネタバラシになりますが、今回のカップの事例は、本来、ベストレート保証を却下されても文句は言えないケースだと考えています。


その理由は、公式サイトで予約した条件と、他サイト予約の条件が、厳密にいうと異なるからです。ベストレート保証の適用条件が2つの予約に同一条件を求めている以上、マリオット側がその相違点を指摘すれば申請却下することができます。


でも、まったく同じ条件の予約なんて、なかなか見つからないと思いませんか?


一つ例を上げれば、公式サイトにないサービス(例えばウエルカムドリンク)を提供するだけで、それは異なる条件といえるかもしれません。例え他サイトの条件が公式サイトよりも有利であっても、同一条件ではないという主張は通るからです。


逆にマリオット側で公式サイト予約のみの特典を提供することによってBRGの適用を妨げることもできます。極端な例を言えば、通常のチェックインタイムよりも10分早い受付を可能にするだけで異なる条件といえるかもしれません。


ですが、そんなことを実際に行えば評判はガタ落ちです。客商売として成り立たなくなるかもしれません。


カップが思うのは、宿泊客の全員がBRGの申請をするようになれば、ルールの適用は厳格にならざるを得ませんが、マリオットの想定する範囲に収まるようであれば、いく分ゆるい基準でBRGの適用を判断しているのではないかと思います。


そのように考えれば、今後もカップがマリオットでBRGの適用を受けるには、BRGの申請対象者をいたずらに増やさないことが賢明なのかもしれません。


とはいっても、当ブログを訪れる読者様の中には、マリオットのBRG適用はどのようにすれば勝ち取れるのかという情報を求めている方もいらっしゃると思います。


きっと、その中のほとんどの方が、まだBRG申請をしたことがない方ですよね?


そのような方であれば、最初のアドバイスとしては、「同一条件というルールに執着せずに、まずは、だいたい同じ条件でマリオット公式サイトよりも安い金額があれば申請すべき」ということになります。


要は、マリオットが「同一条件」ということに対して、どれくらい厳格に審査するのかを必要以上に決めつけるのは良くないということです。


あまり具体的には申し上げませんが、今回、マリオットセブシティのBRGの比較対象の他サイト予約の条件は、マリオット公式サイトのそれとは微妙に相違がありましたが、問題なくBRGの適用が受けられたということに注目していただければと思いますヽ(^o^)丿

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...