スポンサーリンク

還元率2%のクレジットカードを求めて

クレジットカードを利用する理由の一つに、ショッピング利用でカードのポイントを貯めるいうことがありますよね。

カップもクレジットカードはショッピングでマイルを含めたポイントを稼ぐツールだと考えています。

最も効率よくポイントを稼ぐなら、割り切って、1~3か月ごとに新しいカードを発行してクレジットカードの入会キャンペーンでポイントを稼ぐことをお勧めします。

異なるクレジットカードを断続的に利用しても、共通ポイント(例えばPeXなど)に交換することでJALやANAのマイルに集約することもできますから、それほど不利になることもありません。

でもね、全てのカードがポイント目的の新規入会キャンペーンのみというのも寂しいと思いませんか。長く利用し続けるカードでも還元率2%以上を実現するカードを探してみたいと思います。

すでに過去のものになってしまいましたが、リクルートカードプラスJCBなどは恒常的に還元率2%でカード利用ができました。

また、年会費は高いのですが、マイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージなどは、リボ払いをうまく使うことによってマイル還元率を2%にすることも可能です。

恒常的ではありませんが改悪前のライフカードのように誕生月のポイント還元率が5倍の2.5%といったカードがあれば、その時期は特定のカードを集中的に利用するというのも一興です。

本日は、マイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージのように1万円を超える年会費を必要とするわけもなく還元率2%でカード利用できるクレジットカードを紹介します。

スポンサーリンク

年2回(7月・12月)のポイント還元率2%を実現する方法


【JACCS】Ponta Premium Plus


本日紹介するクレジットカードはJACCSカードのPonta Premium Plusです。

Ponta Premium Plus

Ponta Premium Plusは一般コースとリボ専用コースがあり、ポイント還元率は一般コースの通常還元率1.0%に比べリボ専用コースは2.0%と優遇されていますが、リボ専用コースはリボ払いによる利息が負担になりますので、今回はスルーします。マイペイすリボや楽Payのように支払設定額を高額にして実質一回払いにすればリボ払いの利息を免れるというものではありませんので高くつくからです。


一般コースでは、年会費初年度無料、次年度以降2,000円(家族会員は400円、いずれも税別)ではありますが、年間のカード利用合計金額が5万円以上の場合は、本人・家族会員ともに次年度は無料になりますので、それほど細かく確認しなくても実質年会費永年無料を実現することができます。


ポイント還元率は、100円=ポンタ1ポイントですが、Ponta Premium Plusには、特定の月にはポイント倍増のプレミアムなメリットがあります。


Pontaポイント優遇月7・12月


そのメリットとは、毎年7月、12月のカードショッピング利用でのポイント優遇です。


その優遇とはカードのショッピング額によってクレジットカードのポイントを上乗せしてくれるサービスです。


その仕組みは少しだけ複雑で、7月及び12月のカード利用額によって通常の1.0%還元に加え、次の通り、0.5%もしくは1.0%相当のボーナスポイントを獲得できるのです。


月間利用10万円以上


上乗せ0.5%で1.5%還元


月間利用20万円以上


上乗せ1.0%で2.0%還元


Ponta Premium Plusは、毎年7月、12月に20万円以上カード利用することができる方ならば、持っていて損はないカードです。


提携企業の利用でボーナスポイント


Ponta Premium Plusがボーナスポイントを獲得できるのは7月、12月の優遇月だけではありません。


ローソンなどの提携企業でのショッピングならカードのポイント以外にもPontaポイントを獲得することができます。


まあ、これについてはPonta Premium Plusを持っていなくてもポンタ会員なら貯められるカードなので別のカードでも貯められるということなんですけどね(^^♪


でも、来月12月を迎える前に、Ponta Premium Plusを用意しておきたいと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。


Ponta Premium Plusの入会キャンペーン


7月、12月なら月のカード利用額20万円以上でPontaポイント2%還元になるPonta Premium Plusですが、カードの入会キャンペーンもなかなかお得です。


カード到着後2か月以内のカードショッピング20万円以上で最大8,500ポイント獲得


カード到着後2か月以内に20万円以上のカード利用で最大8,500Pontaポイント獲得できるキャンペーンです。


カード利用以外にも、①ジャックスインターコムクラブ登録、②Ponta.jp会員登録の手続きが必要ですからお忘れなく!!


Ponta Premium Plus入会キャンペーン


Ponta WebとJACCSインターコムクラブの2つのサイト登録ってどういうこと?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、要するにPonta Webはポイントの管理のためのサイト、JACCSインターコムクラブはクレジットカードの明細等、カードで使ったお金のためのサイトと理解しましょう。


できることならば、7月に20万円のカード利用で、


入会キャンペーン8,500


通常Pontaポイント2,000


優遇月Pontaポイント2,000


の合計12,500Pontaポイントを獲得していただきたいと思います。


JAL陸マイラーならPontaは必須!?


最後の陸マイラーとしての視点でまとめます。


共通ポイントPontaは、様々な利用の仕方がありますが、陸マイラーのカップとしては、PontaからJALマイルへのポイント交換のために貯めています。


通常、2:1の50%の交換レートでJALマイルに交換できるPontaですが、毎年のようにレートアップキャンペーンが開催されています。


最近では・・・、最近では・・・、あれ?2016年11月が最後???


まさか毎年恒例ではなくなってしまうのでしょうか。


もしそうなら悲しいことではありますが、Pontaは貯め続ける限り実質期限がありませんから、しばらくは様子見でストックしておこうと思います。



最近では、2018年3月に開催されていましたね。上記3文は取消します。ご指摘くださった読者様、ありがとうございました。


PontaポイントからJALマイル交換レート20%アップキャンペーンはPeXで更にお得

PontaポイントからJALマイルへの交換レート20%アップキャンペーンが始まっています。過去毎年のように実施されていたキャンペーンですが、2017年はちょっと抜けてませんでした?リクルートポイントとPontaポイントの相互交換が始まって以来、Ponta⇒JMBのレートアップキャンペーンはなくなってしまうのかと心配していましたが・・・...


過去には30%レートアップというのもありましたから個人的には、今後もPontaには期待していますヽ(^o^)丿


【裏技】還元率2%超を恒常的に享受する方法


過去にはあった還元率2%のカード


今回紹介したPonta Premium Plusカードは、7月、12月の2カ月間に限りカード利用によるポイント還元2%超を達成しますが、言い方を変えれば、1年間のうち、2%を達成するのは2か月間しかありません。


過去にはいつでも2%というカードがあったのは事実ですから残念といえば残念ですね。


ちなみに過去あったポイント還元率2%超のクレジットカードとは例えば下記のものがあげられます。


  • リクルートカードプラス

  • Line Payカード


このうち、リクルートカードプラスは、新規募集を停止しただけでカード自体はまだ生きています。


継続して持っているホルダー様なら、今でも、常時2%のポイント還元でカード利用ができているのですね。


カップ自身のことを言えば、リクルートカードプラスは持っていたこともありますが、年会費が負担になって現在は解約済。お宝カードを失ったのは残念ではありますね。


前年度の利用額によっては常時2%達成できるカードも


現在申し込みをしてポイント還元率2%を実現できるカードといえば、アプラスのアクシスカードプラスを思い浮かべます。


アプラスアクシスカードプラス|ポイント還元率最大2%なのに年会費実質無料

クレジットカードを使い始めた人にとって最初にこだわるものは何でしょう。多くの人にとってポイント還元率は外せないのではないでしょうか。誰にでも使いやすい、使う人を選ばない還元率の高いカードの一つといえば楽天カードが有名です。楽天カードって還元率たったの1%じゃん!と突っ込みを入れる人もいらっしゃると思いますが、年会費完全無料で、かつ、貯まるポイントも使いやすい楽天スーパーポイントである楽天カードは、...


このカードは、前年3月~当年2月の間のカード利用額が200万円を超えると、3月以降の一年間カード利用によるポイント還元率が2%になります。


カップも持っているカードですが、毎年200万円の利用実績をあげるのは正直キツイ・・・と思っています。使う人を選ぶカードといえるかもしれません。ちなみに年50万円の利用実績があれば、年会費は無料になりますので、解約を急ぐ必要はありません。


年間50万円の利用で常時1.2%、100万円なら1.5%のポイント還元を得られますので陸マイラーの皆様にもおススメできるカードの一枚ではありますが、ポイント還元2%を常時実現するには、普通のサラリーマン世帯では少々ハードルが高いかもしれません。


【裏技】Ponta Premium PlusとANAプリペイドJCBの2枚持ち


そこで皆様にお勧めする方法は、Ponta Premium PlusとANAプリペイドJCBの2枚持ちです。


ANAプリペイドJCB


ANAプリペイドは、クレジットカードからチャージして使えるプリペイドカードです。チャージ後すぐに使わなければいけないということもありませんので、Ponta Premium Plusとの相性が良いです。


毎年7月と12月にPonta Premium PlusからANAプリペイドJCBに20万円以上クレジットチャージをすれば、チャージ分の2%のPontaポイントを獲得できるうえ、7月、12月以外にもカード利用ができます。


更に、ANAプリペイド利用時も0.5%相当のANAマイルを獲得することができますから二重に賢い方法だと思いませんか。


JACCS発行のカードからANAプリペイドへのチャージ分については、2018年6月現在、ポイント加算がされるとのことですから興味がある方はお試しください。


JACCSのPonta Premium Plusをまだお持ちでない方は、陸マイラーご用達ポイントサイト、モッピーから申込してみましょう。


モッピー登録するなら下記バナーから
モッピー


注意としては、Ponta Premium Plusは一般カードとリボ専用カードがあり、リボ専用カードはリボ手数料が高いので一般カードを選択すべきであるということです。ポイント還元率に惑わされてリボ専を申し込んで利用してしまうと泣くに泣けない結果になりますからお気をつけください。


モッピー経由Ponta Premium Plus

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...