スポンサーリンク

JALビジネスクラスでの食事

日本人が最も多く飛ぶ渡航先はどこかご存知ですか?

月によっても異なりますが、台湾・ハワイ・シンガポール・タイ・韓国などは常に上位にランクインしているようですね。

陸マイラーのカップが特に注目する渡航先は、上記5か国の内の中だとシンガポールやタイなどの東南アジアです。

その理由は、マイルを貯めていると航空券を現金で購入するよりもお得にビジネスクラスの特典航空券を取得することができるからですが、特に東南アジアへの特典航空券ですと、過去にはエアカナダ・アエロプランなどが陸マイラーの間では有名でしたが、有名過ぎて改悪(適正化?)してしまいましたので現在ではそれほど得ということではありません。

しかし、捨てる神あれば拾う神あり。現在でもマイレージプログラムを上手に使うことによってお得に東南アジアへのビジネスクラス特典航空券を発券することができます。

スポンサーリンク

年2回以上東南アジア複数国に訪れるならアラスカ航空・マイレージプランは必見のマイレージプログラムです


海外発の往復航空券がお得


マイレージプログラムの上手な使い方として昨年以来話題に上っている特典航空券が、アラスカ航空マイレージプランの異なる2国間を出発地、帰着地とした東南アジア発日本行きのJALビジネスクラスの特典航空券です。


アラスカ航空マイレージプランは、シンガポール発日本経由タイ行きの片道ビジネスクラスといった特典航空券を、たったの25,000マイルで発券できるのですが、経由地である日本でストップオーバーが可能です。


とてもおかしな考え方ですが、例えば、シンガポールまで片道航空券をLCCや特典航空券で発券し、その帰国便と次回の旅行のための往路の航空券をアラスカ航空マイレージプランで用意しようとすれば、片道相当のマイル数で発券が可能です。


ビジネスクラスなのに、たったの25,000マイル。これが、シンガポールからの帰国便だけで発券しても25000マイル必要なのですが、次回の旅行の往路便(シンガポール以外の行き先が必要になります。例えば、バンコク。)と合わせて発券すれば同じ25,000マイルで発券可能となります。


片道でも往復でもビジネスクラス特典航空券が同じ25,000マイルで発券可能なんて、どう考えてもおかしな話なのですが、実際、上記のルートなら、例え、シンガポール→東京→バンコクなどの往復ルートでも片道扱いで発券できるのですからしかたありません。


制度は制度として、その設計上のアナをついた賢い特典航空券の発券方法だといえると考えます。


もっとも、この方法が広まれば、制度設計上のアナはすぐにも塞がれてしまうのだと予想しますが、2つの旅行を組み合わせて旅程を組むことは、意外にしんどいと思いますので、アラスカ航空マイレージプラン適正化までは、もう少し時間を要するのかもしれません。


そうであるならば、裏技として利用できる間に一度はアラスカ航空マイレージプランによる東南アジア発日本行きのJALビジネスクラス往復特典航空券を発券してみたいと思いますよね?


東南アジア発日本行きビジネスクラス往復特典航空券に必要なマイレージプラン25,000マイルを用意する方法


アラスカ航空マイレージプランについては、アラスカ航空マイレージプランに登録 の通り、第一にマイレージ会員の登録をお願いします。


アラスカ航空マイレージプランの会員になれば、次にすることは、東南アジア発日本経由東南アジア(出発地以外の国)のJALビジネスクラス特典虚空券に必要な25,000マイルを用意しなければいけませんが、アラスカ航空マイレージプラン25,000マイルを貯めるのには良い方法があります。


それは、spgスターポイントの購入です。


spgスターポイント20,000ptあれば、アラスカ航空マイレージプランにポイント交換することで、20,000マイルの他、20,000ptごとの交換で得られるボーナスマイル5,000マイルがプレゼントされますから合計25,000マイルになります。


ちょうど、2017年12月29日までの期間限定ではありますが、spgスターポイントを5,000pt以上購入すればすべて35%割引になるというキャンペーンが開催されていますから、

スターポイント購入35%割引セール


スターポイント20,000ptを455USドル(1ドル=114円のレートで換算すると51,870円)で購入することができます。


スターポイント20,000ptをアラスカ航空マイレージプラン25,000マイルに交換して、例えば、シンガポール→東京(ストップオーバー)→バンコクのJALビジネスクラス特典航空券を発券すれば、実質5万円余りで東南アジアから日本へのJALビジネスクラス往復航空券を発券できるということになります。


日本発バンコク往復や日本発シンガポール往復航空券を購入しようとすれば、JALエコノミークラスなら、割引運賃でも5万円以上しそうなものですが、同程度の価格でビジネスクラス航空券を用意できるのですからマイルってホント、面白いポイントプログラムだと思います。


JALビジネスクラス特典航空券を33,480円で用意する例の方法


さて、spgスターポイント35%OFFの購入キャンペーンは、とてもお得なキャンペーンであるのは事実ですが、spgスターポイント20,000ptを貯める方法としては、更にお得な方法があるのをご存知ですか?


その方法とは、スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードを申込、お得な紹介プログラムによる入会キャンペーンを攻略することです。


カップは、この夏spgスターポイント(マリオットリワード)で名古屋マリオットホテルに一週間滞在することができましたが、日替わりで昔からお世話になっている先輩を招待したり、家族で泊まったり大変楽しい思い出になりました。


来年の夏も同じようにという思いがありますので、spgスターポイント35%OFF購入キャンペーンは上限の30,000ptまで購入してしまおうかと検討しています。


でも、もう少し為替が円高に振れるといいのにな~と思いながら少しの間は様子を見ながらですけど(^^;


※(2019..9.1追記)スターポイントは現在マリオットリワードに変わりました。記事中のスターポイント20,000ptは、マリオットリワード60,000ptと読み替えください。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...