スポンサーリンク

スカイチームエリートプラス


航空会社の上級会員ってご存知ですか?

飛行機に乗るときに他の乗客に比べ優遇を受けられる会員です。

飛行機の座席にはファーストクラス・ビジネスクラス・エコノミークラスなどの階層がありますが、上級会員になれば、例え、一番安いエコノミークラスの搭乗券での購入でも、ファーストクラスやビジネスクラスのチケットを持っているのと同様、

  • 優先チェックイン
  • 受託手荷物の優先的な取り扱い
  • 優先パスポート審査と優先保安検査レーン
  • 手荷物制限の追加
  • ラウンジアクセス
  • 優先搭乗

などのサービスを無料で受けることができます。

そんな上級会員になろうと、年間50万円ほどの予算を自腹で工面してせっせと飛行機に乗ろうという人々がいるのも事実です。(いわゆるSFC修行は、カップも興味があり、2018年に実践するかもしれません。)

しかし、そのようなコストをかけなくても、10月31日までなら実質無料で航空会社の上級会員になる方法があります。

スポンサーリンク

スカイチームのエリートプラス


スターアライアンス、ワンワールドと並ぶいわゆる3大アライアンスの一角を担うスカイチーム。


177国1074都市を年間7億3000万人もの乗客が利用する20の航空会社が加盟する航空連合です。


スカイチームの上級会員であるエリートプラスになれば、日本在住の皆様も快適な海外旅行が約束されます。


●旅も快適にするスカイプライオリティ


スカイチームの上級会員であるエリートプラスには、通常、年間40,000マイル相当のフライトをするか30回の搭乗をする必要があります。(エールフランス航空フライングブルーの条件。航空会社により異なります。)


海外旅行は好きだけど年間30回も飛行機には乗らないぞという方でも、いまなら、とあるクレジットカードをつくるだけで、簡単にエールフランス航空フライングブルーの上級会員になれるキャンペーンを実施してします。


フライング・ブルーVISAゴールドカード


カードをつくるだけでスカイチームのエリートプラスになることができるフライングブルーVISAゴールドカード。


実際にはフライングブルー・ゴールドという航空会社の上級会員になるから、エールフランス航空が加盟しているスカイチームのエリートプラスになれるということです。


カードをつくるだけで航空会社の上級会員になれるなんて、飛行機良好好きには夢のようなキャンペーンですので、カップも先月申し込みました。


残念ながら、一カ月経過する現在でも上級会員の資格をもらえていませんが(´;ω;`)泣


エリートプラスになれない理由は、このカードの人気がありすぎて三井住友VISAカードの事務手続きが滞っているからだと思います。


とはいっても、フライングブルーVISAゴールドカードをつくるだけでエリートプラスになれるキャンペーンは間もなく終了見込みですので、11月に入ればさすがにフライングブルー・ゴールドの手続きをすすめてくれるのではないかと予想しています。


同じようにクレジットカードを持つだけでスカイチームエリートプラスになることができるカードとしてデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード がありますが、2つのカードで決定的に違うことがあります。


それはカードの年会費です。


デルタアメックスの年会費が26,000円(税別)もするのに比べ、フライング・ブルーVISAゴールドカードは、申込時にマイペイすリボを同時登録すれば年会費特典で5,000円(税別)になります。


たった5千円でスカイチームのエリートプラスになれるなんて夢のような話ではないでしょうか。


でも、そんな夢のような話はいつまでも続くものではありません。カード発行だけでフライングブルー・ゴールドになれるキャンペーンは間もなく終わります。

フライングブルー・ゴールドになれるのは10月31日申込分まで


キャンペーンの延長がある可能性がないわけではありませんが、5,000円(税別)の年会費だけでエリートプラスになれるなんて、普通じゃあり得ないことですから、少しでも興味がある方なら10月末までに必ず申込してみましょう。


カップ自身のことを言えば、カードをもっている一年間の間に一度でいいからベトナム航空、チャイナエアライン等で東南アジアを飛べるといいかなと考えています。


そうです。たった一度だけでもスカイチームの航空会社に乗る機会があるならば、このカードを”買い”だとカップは価値判断しました。

もっともスカイプライオリティのサービスは確かに魅力的ですが、一度だけの旅行のために税込5,400円の年会費を支払うことはもったいないと思ってますけど(^^;


一年限りのエリートプラスの必要なコストは実質ゼロ円


フライング・ブルーVISAゴールドカードですが、カップは1~2年で解約をする予定です。そして恐らく来年の9月までに解約して2年目の年会費の支払いはしないと思います。


もし、一年限りでかいやくするならば、必要なコストは年会費税込み5,400円のみです。


それでいて、入会キャンペーンを攻略すれば得られるメリットは、フライング・ブルー10,000マイルとVJAギフトカード9,000円分です。(9月までに申し込んだ方にはiDキャッシュバック500円分もありました。)


ギフトカード9,000円分とid利用のキャッシュバック500円ををもらえるので、カードを1年で解約すればスカイチームエリートプラスには実質無料どころか9,500円ー5,400円=4,100円分のお小遣いを得たことになりますね。


また、例え、年会費を2年分支払ったとしても、年会費のは合計10,800円。


フライングブルー10,000マイルの価値を算定するのは難しいですが、12,500マイル貯めればJAL国内線片道の特典航空券を発券できるものと考えれば、どんなに少なく見積もっても1,300円を下回るものではありません。


ギフトカードとidキャッシュバック分9,500円分と合わせれば、2年分の年会費をペイできるだけの価値があるものと考えます。


カード発行だけで確実にスカイチームエリートプラスになれるのは10月31日(火)までです。今、もっともお手軽に航空会社の上級会員になれる方法であるフライング・ブルーVISAゴールドカード。あとで後悔しないためにもポチッてみるのも一興だとは思いませんか?


フライング・ブルーVISAゴールドカード


上記のページにはギフトカード8,000円とありますが、その他にもキャンペーン登録によってマイペイすリボ設定で1,000円分のギフトカード、iD利用で500円キャッシュバックを受けられます(^_-)-☆


スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...