スポンサーリンク

シェラトンニューヨーク

スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード、カップがとても気に入っているカードです。年会費31,000円(税別)の負担は感じていますが、それ以上のメリットのあるカードであると信じて疑いません。

しかし、スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードを持つと、誰でも一度は陥るリスクもあると思います。それは、無駄にホテルに宿泊してしまうということです。

カップもこの夏、名古屋マリオットに一週間滞在するという予定を入れてしまいました。とても楽しみにしていますが、無駄遣いと言えば無駄遣いかもしれません。

spgアメックスで手に入れたマリオットゴールドのベネフィット、使わなければ損という思いから予約してしまいましたが、冷静に考えればポイントの無駄遣いという見方もできます。

マリオットのトラベルパッケージの利用について後悔はありませんし、貯めたポイントも使わなければ意味がありませんので、マイルやポイントの利用は今後も積極的に行っていきたいと思います。

でも、スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード、別に年に何回もホテルに泊まらなくても十分元が取れるカードであるということを本日は考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

spgアメックスに入会しなかった理由と方針転換の経緯


スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードが誕生したとき面白いカードだと思いつつ入会手続きすることはありませんでした。


メインのクレジットカードの存在


当時カップはマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAをメインのクレジットカードとして利用していました。


楽Pay登録で、国内利用で100円2マイル、海外利用で100円3マイル貯めることのできたマイレージプラスMUFGゴールドプレステージVISAは、100円で1スターポイントを貯めることのできるspgアメックスよりも魅力的に思えたからです。


決済でのメインカードを別につくるとすると、spgアメックスの魅力は、spgゴールドとカード更新時のspgホテル無料一泊のベネフィットだけになってしまいます。


当時(実は今も)、積極的にspgホテルに宿泊しようという考えを持っていなかったカップにとってはspgアメックスは結局のところ31,000円(税別)の年会費でspgホテルに年一回一泊宿泊するためのカードということにしかならなかったのです。


マイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAとの決別


しかし、この4月にマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAを解約した結果、メインカードの座が空きました。


現在は、100円で1.5マイル貯められるマイレージプラスMUFGカードやマイレージプラスセゾンプラチナをメインに使っていますが、spgアメックスをメインカードとして利用してもよいかなと考えています。


その理由は、100円で1スターポイントしか貯められないといっても、スターポイントは上手に使えば、20,000ポイントで多くのマイレージプログラムに25,000マイルに交換ができますから、実質100円につき1.25マイル貯められると考えることができるからです。


特に近年改悪のスピードが激しいマイレージプラスではなく、JALやBAへの交換も可能であることは大きなベネフィットだと思います。


スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード一枚で高レートでマイルも貯められて年一回ホテルにも無料宿泊できるということになります。、これは、結構な魅力だということに気づいたのです。


年間100万円のカード決済でもspgアメックスが魅力な理由


陸マイラー活動に積極的になると、とかくマイルを貯めることを優先しがちになりますが、マイルを貯めるのにそこまで努力するのも面倒だと考える方も多いと思います。


陸マイラーなら、マイルはクレジットカード決済よりもポイント交換で貯める方が効率が良いということは、常識にになりつつあります。カップももちろんポイントサイト優先の立場を支持します。


しかし、マイルに対してガツガツすることなくのんびり貯めて一定の利益を得られれば幸せだという考え方を否定するものでもありません。


そこで、旅好きの方が年間100万円のカード決済のみでspgアメックスを利用するケースについて考えてみました。


100万円のカード決済で得られる10,000スターポイントの使い方


スターポイントからマイルへの交換、お得な方法


スターポイントは前述の通り、20,000ポイントごとにマイルを貯めた方がお得です。


例えばJALマイレージに交換するならば、


10,000スターポイント→JAL10,000マイル


20,000スターポイント→JAL25,000マイル



スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードの年間決済額が100万円の方ですと、必然2年ごとにマイレージに移行するという方法をとると賢いですね。


でも、マイルへの交換はカード入会後2年間はできないということではありません。


入会後3月以内に10万円のカード利用で10,000スターポイントをボーナスポイントとして獲得できる入会キャンペーンがありますから、最初に1年間で100万円のカード利用をすれば20,000ポイント貯めることができます。


すると、カード入会後の1年目、3年目、5年目・・・と2年ごとにJAL25,000マイル貯めることができますね。


JALマイレージは年間平均12,500マイル貯まるという計算になります。


年間12,500マイルでも毎年2人で旅行ができます


12,500マイルでは国内旅行も厳しいかなと思われる方もいらっしゃると思いますが、JALのおともdeマイルという制度はご存知でしょうか。


無料の特典航空券ということではありませんが、往復チケットをJMB会員10,000マイル+同行者1人あたり15,000円~36,000円で発券できるという大変お得な制度です。同行者は1旅程につき3名までという制限はありますけど(^^;


嬉しいのは同行者は家族に限らず誰でも対象になることです。数万円するJALの航空券を安価に購入できるので、友人や仲間にも喜んでもらえること請け合いです。


友人や恋人と例えば北海道へ遊びに行くときに、JAL10,000マイルでおともdeマイルで発券すれば、相手の航空券代金を格段にお安くすることができますからあなたの評判もあがるのではないでしょうか。


おまけに、宿泊施設をシェラトン北海道キロロリゾートなどspgホテルを選べば、ゴールド会員ということで部屋のアップグレードやレイトチェックアウトなどの特典を受けられるかもしれません。


2人の旅行でspgホルダー2年目であれば、無料宿泊特典も利用できますし、2人分の飛行機とホテルの負担を考えると、


  • spgアメックス年会費 31,000円(税別)


  • JALマイレージ10,000マイル


  • おともdeマイル 26,000円


だけでOKです。


JALマイレージ10,000マイルは、カードの年間決済100万円で獲得できますから、実質のコストはspgアメックス年会費とおともdeマイルの1人分の航空券代の合計57,000円になりますね。


2人で1泊2日の想定はちょっと厳しいところがあるかもしれませんが、予算10万円の旅行(2人で20万円)を毎年行う人にとってspgアメックスは大きな力になってくれると思いませんか?


JALマイレージならどこかにマイルという選択肢


またスターポイントの交換先をJALマイレージと考えるなら、どこかにマイルという選択肢もあります。


どこかにマイルとは、たった6,000マイルで国内線往復特典航空券を取れるJALマイレージならではのとてもお得なマイルの使い方です。


どこかにマイルを上手に使えば、2人分12,000マイルで往復航空券を予約できますからspgアメックスホルダー2年目以降なら、


  • spgアメックス年会費 31,000円(税別)


  • JALマイレージ12,000マイル


のみで2人分の旅行代金を捻出することができます。


北海道旅行だって計画できるかも?ですよ。


上記2つの例は、国内旅行1泊2日という極端な例ではありますが、クレジットカードで年間100万円カード決済をする旅行好きな人にとって、スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードは価値あるカードと言えるのではないでしょうか。


スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードの魅力、今後もマイルdeチケットで提供していきたいと思いますのでご期待ください。


おまけ:とってもお得なspgアメックスの入会の仕方については、SPGアメックス入会でマリオットホテル無料宿泊 をお読みください。
 カテゴリ
 タグ
spg