スポンサーリンク

コンラッド大阪オープン

spgアメックス所有によるヒルトンステータスマッチに2017年3月にチャレンジしたカップですが、ヒルトン小田原、ダブルツリーbyヒルトン那覇に宿泊したものの、2回の宿泊ではステータス維持することはできず、規定通り6月には平会員に転落してしまいました。

無理して4回泊まっても良かったのかもしれませんが、それほど贅沢できる立場でもありませんので、ヒルトンゴールドの資格は、また宿泊予定があるときにヒルトンオナーズVISAカードゴールドカードをつくればいいかなと、ある意味割り切っています。

そんなわけで本日は、ヒルトンオナーズVISAカードの入会キャンペーンについて紹介します。

スポンサーリンク

ヒルトンオナーズVISAカードはゴールドカードをお勧めします


持っているだけでヒルトンゴールドステータス


ヒルトンオナーズVISAカードは、持っているだけでヒルトンゴールドの資格を有することができます。


最も簡単に上級会員になる方法 でお伝えしましたが、航空会社やホテルの上級会員制度の中でも、費用対効果の面で最も上級会員のメリットを最少のコストで最大の効果を得られるカードだと考えます。


特に家族でヒルトン小田原に宿泊したときは、様々なメリットを受けることができましたから、ヒルトンゴールドのメリットを実感しました。


家族旅行で利用することを考えれば例えメリットを享受することが年に一回であっても、ヒルトンオナーズVISAカードを持つメリットは十分あるのかなと感じています。


カップがヒルトンゴールドのベネフィットを実感した実践例は下記記事で報告しています。

持ってるだけでヒルトンゴールド|ヒルトンHオナーズVISAカードゴールドカードが怒涛の13,000ポイントキャンペーン

spgアメックス所有によるヒルトンステータスマッチに2017年3月にチャレンジしたカップですが、ヒルトン小田原、ダブルツリーbyヒルトン那覇に宿泊したものの、2回の宿泊ではステータス維持することはできず、規定通り6月には平会員に転落してしまいました。無理して4回泊まっても良かったのかもしれませんが、それほど贅沢できる立場でもありませんので、ヒルトンゴールドの資格は、また宿泊予定があるときにヒルトン...



ヒルトンオナーズVISAカードゴールドカードの年会費は高くない


先ほど費用対効果が高いと述べましたが、ヒルトンオナーズVISAカードゴールドカードは、持って得られるヒルトンゴールドのベネフィットに対するコストパフォーマンスの高さが魅力です。


年会費は、13,950円 (含む消費税等)とありますが、三井住友VISAカードの年会費特典であるマイペイすリボの登録やウェブ明細の利用で、年会費の負担を抑えることができます。マイルdeチケットの読者様なら既にご存知ですよね?


初年度年会費は、マイペイすリボに登録すれば年会費特典で8,550円になります。


2年目以降は、マイペイすリボの年会費特典に加え、ウェブ明細利用の特典で、年会費を7,470円まで抑えることができます。


ウェブ明細利用の特典は、前年度に6回以上のウェブ明細を受けることが割引の条件になりますので初年度からは受けられませんし、年間6か月はカード利用をしなければいけないことにご留意ください。


最大10,000ポイント獲得の入会キャンペーン


ヒルトンオナーズカード入会キャンペーン


ところで、ヒルトンオナーズVISAカードの入会キャンペーンは、常時開催されているようなものですが、受け取れるポイントは時期によって異なります。


カップの記憶では最大6,000ポイント獲得のキャンペーンが多かったと思いますが、現在のキャンペーンはすごいです。


何と、入会キャンペーンだけで最大10,000ポイントも獲得できます。入会期間が11月末までの期間限定ですからヒルトンオナーズVISAカード申込を考えていた方はこのチャンスを逃さないでくださいね。


ちなみに入会キャンペーンでのポイント獲得条件は下記の通り。


  • 2018年1月末までに10万円のカード利用で10,000ポイント獲得


さらに、上記10,000ポイントの他に、入会時に「マイ・ペイすリボ」をご登録で三井住友VISAプリペイド1,000円分がプレゼントされます。


ヒルトンのポイントは20,000ポイントでヒルトン成田、30,000ポイントでダブルツリーbyヒルトン那覇に宿泊できます。


ダブルツリーbyヒルトン那覇は5月に友人と宿泊しましたが、ヒルトンゴールド資格のおかげで、安い部屋の予約でも最上階にアップグレードしてくれましたしオイシイ朝食も無料でいただくことができ、満足することができました。


カップの経験では、ヒルトン小田原でもダブルツリーbyヒルトン那覇でも、公式サイトからの予約でなくても部屋のアップグレードなどの特典を享受することはできました。


一人旅では、いつも安いホテルを選ぶカップですので、このカードを使いこなすのは難しいかとは思いますが、年に1~2回でもヒルトンに宿泊することのできるあなたにはおススメできるカードです。入会キャンペーンが充実しているこの時期のご入会をお勧めします(^^)/


ヒルトンオナーズVISAカードのデメリット


ただし、ヒルトンオナーズVISAカードには致命的な弱点もあります。


それは、カード利用によるポイント積算です。


1,000円利用ごとに10ヒルトンポイントしか貯まらないので、ポイント還元率は1%未満です。


ヒルトン宿泊時に使うと、ゴールドカードなら都度2,000ポイント貯まるのは嬉しいのですが、当然宿泊しないと貯まりませんのが、なんとも残念ですね。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ