スポンサーリンク

ダブルツリーbyヒルトン那覇のクッキーのマスコット

那覇に遊びに行きました。宿泊したホテルは旭橋のダブルツリーbyヒルトン那覇です。

勤務先の福利厚生での宿泊ですがヒルトンゴールドのベネフィットを十分堪能できましたので報告します。

でも、本当にお伝えしたいのは、ヒルトンオナーズは上級会員でなくてもヒルトンに宿泊するならヒルトンオナーズ会員になると得するということです。

それでは宿泊した当日の様子も踏まえながらヒルトンオナーズ会員になるべき理由をお話しします。

スポンサーリンク

ダブルツリーbyヒルトン那覇宿泊体験記


フロントでチェックイン時に12階にアップグレード


今回カップは勤務先の同僚とともにダブルツリーbyヒルトン那覇に訪れました。


到着時刻は午後6時ごろだったでしょうか。


事前にデジタルチェックインで10階のお部屋を選択していました。


ダブルツリーbyヒルトン那覇は12階建てのホテルですが、11階と12階がプレミアムルームの設定になっており他サイト予約のカップは前日のデジタルチェックインでは10階以下の部屋しか選ぶことができませんでした。


ヒルトンゴールドのカップは、部屋のアップグレードに関心が全くなかったわけではありませんが、最大の関心ごとが朝食無しのプランにもかかわらずゴールドのベネフィットで朝食をいただくということでしたから部屋が11階~12階でなくてもそれほど関心は有りませんでした。


しかし、当日フロントでチェックインすると「ヒルトンゴールドのお客様なので12階のお部屋をご用意させていただきました。」と嬉しいお申し出をいただきました。


さすが、ヒルトン。何も言わないのに分かっていらっしゃる。この辺はマリオットにも是非見習ってほしいところだと思います。


そういえば、3月のヒルトン小田原でのチェックイン時も大変素晴らしい応対をしていただきました。


その時の様子は下記記事で報告しています。あわせてお読みください。




カップのヒルトンのステータスはステータスマッチによる期間限定のものですが、ゴールドの資格喪失した後も何かの方法でステータスを維持したいと思わせる接客、ありがとうございました。


ちなみに何らかの方法が何かということは下記記事で説明しています。




で、アサインされた12階の部屋ですが・・・


ダブルツリーbyヒルトン那覇12階の部屋



う~む、普通です。別に広い部屋ではありませんから・・・。


窓からの景色も・・・


12階の部屋からの眺め


う~む、普通というかイマイチですね(-_-;)


カップたちがアサインされた部屋には噂のマッサージチェアもなく、空気清浄機があるのみでした。


ちなみにカップたちの部屋はツインの部屋でしたが、隣のダブルベッドの部屋にはマッサージチェアがありましたよ(^◇^)


マッサージチェアについては部屋が狭くなるだけだから、もともと不要と考えていましたので、まあ、よい部屋を割り当ててくれたなと素直に感謝いたしました。


でも、リゾート地での部屋のアップグレードはテンションあがりますが、街中だと、正直どちらでもいいかなというのがカップの感想です。すくなくともダブルツリーbyヒルトン那覇で11階、12階に宿泊したいからと高めのプランで予約することはないかもと思いました。


レストランでウェルカムドリンクとヒルトンクッキーをいただく


ジンジャエールとヒルトンクッキー

さて、部屋のアップグレードについてはそれほどこだわりのないカップたちでありましたが、ウェルカムドリンクサービスはありがたく頂戴いたしました。


ウェルカムドリンクサービスは、ラウンジのないダブルツリーbyヒルトン那覇が、その代替で上級会員に提供しているサービスであると聞いたことがありますが、そもそもゴールド資格のカップにラウンジアクセスの資格はありません。それにも関わらずレストランで一杯いただけるのは良いサービスだなと思いました。


3月のヒルトン小田原でもチェックイン時にロビーでウェルカムドリンクをいただきましたが忙しない空間ですので、正直、ドリンクを飲みながら寛ぐという雰囲気ではありませんでした。


しかし、ダブルツリーbyヒルトン那覇では、滞在中レストラン開店時は朝食サービス時を除きいつでもサービスを受けることができますから寛いだ雰囲気の中でドリンクを飲むことができます。


人によってはレストランでのサービスが故に、他にオーダーしなければいけないと考えサービスを辞退される方もいらっしゃると聞きますが、カップたちはそんなことは気にしません。


それどころか、チェックイン時にプレゼントされるヒルトンクッキーをドリンクサービスをレストランで受ける際に食べてもいいですかと聞いてしまいました。


その回答はもちろんOKです。別に断る必要もなかったと思いますが、フロントスタッフさんとコミュニケーションするネタにもなりますから皆様も臆さず聞いてみましょう。


カップはジンジャエールを注文し、ヒルトンクッキーをいただきましたが、何かしらの注文をしても良かったかもしれません。この日は、夜、予定がありましたので一杯いただいて退出したのですが、今後のためにメニューを撮っておきました。興味のある方はご参考ください。

まずはウェルカムドリンクのメニューです。いろいろ種類がありますね。
ウェルカムドリンクのメニュー


そして、ハッピーアワーのメニューです。
ハッピーアワーのメニュー

リーズナブルなので気軽に頼めますよ。


カップたちはオーダーしませんでしたけど(爆)


朝食はヒルトンオナーズ会員専用ルームで


オナーズ会員専用の席で快適に朝食


さて、宿泊した翌朝は楽しみにしていた朝食をいただきます。


ダブルツリーbyヒルトン那覇の朝食会場は混雑すると聞いていましたのでカップたちは前日に午前8時で予約していました。


果たして朝食会場は・・・


並んで待ちの状態がありましたので確かに混雑はしていたのですが、ダブルツリーbyヒルトン那覇の朝食会場には奥の別室をヒルトンオナーズ専用のスペースとして開放しています。


そしてヒルトンオナーズ専用の席は、外で並んでいるにも関わらず空席がいくつかありました。


ヒルトン小田原に宿泊したときも感じましたが、お得意さんを大切にするヒルトンのおもてなしに大満足です(^◇^)


オナーズ会員専用のフルーツ提供


「ダブルツリーbyヒルトン那覇に宿泊するときは朝食でヒルトンオナーズ会員専用の席を案内してくれるだけでもオナーズ会員になる価値はあるな」とカップは思いました。


席だけでなく、料理についてもオナーズ会員専用のものがありました。それは、オナーズ会員専用の部屋のさらに奥にあるスペースです。


色とりどりのフルーツとアイスがオナーズ会員専用として用意されていたのです。

オナーズ会員専用のフルーツ


アイスもオナーズ会員専用


普段あまり食べないアイスもついつい盛り合わせてしまいました!(^^)!

オナーズ会員専用のフルーツ&アイス

無料で登録ができるヒルトンオナーズ。ヒルトンに宿泊する機会がある方は登録だけでもしておきましょう。きっと滞在の満足度があがりますよ(^◇^)
 カテゴリ
 タグ