スポンサーリンク

海が見える窓辺の恋人


4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。

そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。

一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって、やっぱり不思議ですよね。マイルを貯め始める前から旅行は好きでしたが旅行の頻度は、せいぜい年に二回、エコノミークラスで海外旅行をする程度でした。今では、札幌からの帰りの便を仁川経由にしてビジネスクラスに遊び気分で搭乗してます。

札幌からの帰りはアシアナ航空ビジネスクラス

こんなふざけた遊びができるのも、マイル収集が趣味になっているから。ソラチカルートを上手に活用すれば誰でも毎月のように札幌や沖縄へ出かけることも可能になる時代ですので、当ブログに訪問いただいた方には是非、ソラチカルートからANAマイルを貯めていただきたいと切に願います。

スポンサーリンク

ソラチカルートなら誰でも毎月ANA18,000マイル獲得


ハピタスで貯めたポイントをANAマイルへ


もし、毎月ANAマイルを18,000マイル貯め続けることができるなら、あなたは毎月札幌でも那覇でも飛行機旅行をすることが可能になります。


なぜなら、ANAマイル10,000マイル~23,000マイルで往復航空券を発券することができるからです。


細かく言えば、18,000マイル以上必要な特典航空券だと毎月旅行することはかないませんが、ちょっと工夫をすれば毎月18,000マイル貯めることができれば国内どこへでも毎月旅行ができるという話になりますね。


その方法は、ポイントサイトハピタスに登録して、ハピタスのポイントをガンガン貯めていけばよいという話です。


ハピタスで貯められるポイントは、クレジットカードや保険の見直し相談、FX口座の開設等で1案件につき10,000円分くらい簡単に貯めることができます。


その貯めたポイントをANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)をお持ちの人だけが使えるいわゆるソラチカルートを使えば、10,000円分のポイントをANA9,000マイルに交換することができます。


つまり、毎月2万ポイント貯めることができれば、継続的に毎月ANA18,000マイル貯めることができ、貯めたマイルで毎月ANA国内線往復航空券を取得することが可能になります。


具体的には、ソラチカカードを所持したうえで、


ハピタス→ドットマネー→東京メトロポイント→ANAマイル の交換ルートを利用するだけです。


初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法


ハピタスのポイントの90%相当のANAマイルに交換できるということは、1マイルあたりの価値が使い方によって、3~5円程度(場合によっては10円以上)まで膨れ上がるということを考えれば、ソラチカルートというポイント交換ルートは錬金術と言っても言い過ぎではありません。


現在、多くのANAマイラーがソラチカルートを活用してANAマイルを貯めている事実をあなたも覚えておいてください。


ソラチカルートは毎月ANA18,000マイル相当までしか交換できません


ANAマイル1マイルあたりの価値は、上級クラスの国際線航空券を発券できれば、1マイル3~5円以上になりますが、特典虚空券を発券できなくても、ANAスカイコイン(1コイン=1円の価値でANAの航空券等購入することが可能です。)に交換すれば、1マイル1.5円相当でマイルを利用できるという話になります。


ハピタスでポイントを貯める手間とポイント交換の手間はかかるものの、それだけの苦労で毎月ANA18,000マイル貯めることができるのだから、ここ4~5年の間に陸マイラーと呼ばれるマイルのコレクターが日本中で生まれました。


これまでも継続的にマイルを貯めてきたカップのANAマイルの残高は、55万マイルほどまで貯まっています。


すでに、次の旅行(12月にフィリピンのセブ島にアシアナ航空ビジネスクラスで行きます。)の特典航空券は発券済みですし、それ以外にも、何回か飛行機旅行をするかもしれません。ハピタスを利用したソラチカルートの活用は、陸マイラーにとって欠かせないものになっているといっても過言ではありません。


ハピタスで大量ポイントを貯める方法


クレジットカードを定期的に申し込み


カップがハピタスで貯めるポイントは友達紹介でもらえるポイントがほとんどですが、それ以外に自信もクレジットカード案件を毎月のようにこなしています。


多くの案件では、カード発行によるハピタスポイントのプレゼントに加え、カード自体の入会キャンペーンボーナスもありますから、大体カードを一枚発行するあたりANA10,000マイル貯めることができます。


例え友だち紹介がなくても、カップは毎月10,000マイルくらいは貯められるのではないかと考えます。


カードの多重申し込みは、時としてカードの審査落ちに直結しますが、カップ自身の所感としては、過去半年間で申し込んだクレジットカードが6枚程度なら、あまり問題はないものと考えています。


つまり、毎月1枚はクレジットカードを発行し続けたいと考えます。


先日もクレディセゾン発行のMUJIカードをハピタス経由で申し込んでしまいました。MUJIカードとは、年会費永年無料で毎年誕生月にカードを利用するだけで5月、12月、誕生月の翌月にそれぞれ500分のポイントを獲得できるお得なカードです。


ハピタス経由MUJIカード発行で7,000ポイント
検索すると1,000ptしかありませんから、みんなdeポイントで確認してくださいね(^_-)-☆


誕生月の翌月に受け取りできる500ポイントは、誕生月のショッピング状況によってプレゼントの有無を計られますが、MUJIカードは積極的に利用しなくても持っているだけで毎年ベネフィットを受けることができるカードと言えます。


年会費無料のMUJIカードからの毎年プレゼントされるもの


毎年5月と12月に500ポイントプレゼント


クレディセゾン発行のMUJIカードは無印良品で活躍するクレジットカードですが、最大の特長は年会費無料であるにもかかわらず、持っているだけで毎年5月と12月に500ポイントずつプレゼントされるカードなのです。


この500ポイントは無印良品のお店で500円相当の買い物ができるポイント。無印良品には500円程度のお菓子なども商品としておいていますので、制度改定がない限り毎年1,000円分のポイントを丸儲けできるカードと言えますね。


誕生月の利用で翌月500ポイントプレゼント


さらに誕生月にMUJIカードを無印良品で利用すると、その翌月に500ポイントのプレゼントを受けることができます。


5月、12月、誕生月の翌月付与の500ポイントはいずれも有効期限1か月間と短いですが、このポイントプレゼント目的でカードを継続利用している人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。


MUJIカードのポイント及びMUJIマイル(MUJIポイントに交換できる独自ポイント)のプレゼントの概要をまとめると下記の通りになります。


ポイント付与の機会 MUJIショッピングポイント ポイントの有効期限
入会 1000ポイント 6ヶ月
キャンペーン 入会時期で異なります キャンペーンにより異なります
年2回(毎年) 500ポイント 1ヶ月
獲得マイル数に応じて(随時)
MUJIマイルとMUJIショッピングポイント
200~1000ポイント 1ヶ月
誕生日月の翌月
(毎年)
500ポイント 1ヶ月



カードの多重申し込み者にならないために


カップのハピタスでのポイントは、クレジットカードを申込で貯めることが多いです。1枚のクレジットカードを申し込めばそれだけでハピタスポイントを数千ポイント稼げるだけでなく、カード自体の入会キャンペーンを上手に攻略すれば、ハピタスポイントと合わせて、ANA10,000マイル相当のポイントを貯められます。


年間5~6枚カード発行を繰り返せばそれだけで年間5万マイルは貯められます。


クレジットカードの多重申し込み者としてマークされると、カードの審査落ちを受けることもあるでしょうが、毎月1枚程度、年間12枚までとルール化すれば、毎年継続してポイントを貯めることができます。


カップ自身は、半年間で8枚までならカード発行できるのではないかと考えていますが、この数は人によって違うかもしれません。この辺は無責任な情報で申し訳ないのですが、一度攻めてみると面白いかもしれません。(カードの多重申し込みが理由で審査落ちをしてしまったら、それから半年間はクレジットカードの新規申し込みは控えた方が賢明です。)


根拠がないので思いっきり無責任な発言ですが、カップ自身は半年間で6枚以下なら多重申し込みを理由としてカードの発行を許可されることはないのではないかと想像しています。でも、さすがに年間10枚も発行しませんけどね。特に大きな理由はありませんが、結果的にここ数年間5~6枚の申し込みで抑えています(^^;


ポイントサイトはいくつか(かなり多く)登録していますが、最も活用しているポイントサイトはハピタスかもしれません。

ハピタスのある生活


ハピタスをおススメする理由


カップはマイル目的でハピタスに登録しています。毎月3万ポイントを目標に貯めていましたが、当ブログから登録してくださる読者様がハピ友になってくださることもあって目標を上回るポイントを貯めることができてます。この場を借りてお礼申し上げます。


自分自身もハピタスは利用しています。1pt=1円相当で計算がしやすいですし、読者様に紹介する以上は、カップ自身がハピタスを使いこなすことが必要だと考えるからです。


ポイントサイトを利用したがポイントが承認されない、予定した時期にポイント積算されずメールで問い合わせをするということが他のポイントサイトではあったのですが、ハピタスに限ってそういうことはありません。


それどころかカップ自身が忘れていたボーナスポイントを積算もれがありましたと後日お詫びとともに加算してくれたこともあります。


信頼できるポイントサイトだからこそハピタスをあなたにも紹介したいと思います。


ハピタスでリア充


ソラチカカードとハピタスのおかげでカップは毎年数回の飛行機旅行ができるようになりました。


海外旅行をするときはファーストクラス、ビジネスクラスで快適に飛ぶことができます。


でも、ハピタスは旅行だけじゃありません。


ハピタス堂書店で書籍を購入すれば7%のポイントバックを受けることができますし、銀行口座に出金するときも手数料は不要です。


ハピタス紹介によるハピ友ポイントでポイントを大量に獲得できればとても嬉しいですが、そうでなくても1~2か月に1回、クレジットカードを発行して入会キャンペーンの条件をクリアすればそれだけで毎月1万円近くお小遣いを稼ぐことができます。


そしてハピタスで儲けたポイント分くらいは贅沢するために遣ってもいいかなと思えますので、それまでと生活を劇的に変えることができます。


カップ自身についていえば、それまでエコノミークラスで行っていた海外旅行をビジネスクラスで行くことができるようになったこと。節約志向のカップの生活を激変したのです。


ハピタスでライフチェンジング


ハピタス登録であなたの生活をよりよく変えることができること請け合いですが、最後に人よりお得にハピタスのある生活を送るための必須アイテムを2つ紹介します。


  • プリペイドカードPollet(ポレット)

  • ハピタス×ビッグローブ



プリペイドカードのPollet(ポレット)は3月に始まった新しいサービスです。ハピタスポイントをチャージすることでコンビニやネットショッピングはもちろん、世界中のVISA加盟店でポイントを使えるサービスです。


Pollet(ポレット)の還元率はチャージ時に0.5%加算というものですが、クレジットカードからのチャージも可能で、チャージ元のカードによっては、ポイント二重取りすることも可能です。

Pollet(ポレット)の還元率は3%?思わずリクルートカードプラスJCBを解約

また、今後ハピタスを継続的に利用していこうと考えている人に特におすすめなハピタス経由の定率ショッピング広告で獲得できるポイントを2年間10~60%を増量するサービスを付帯したBIGLOBEのSIMも強烈です。

節約の王道は格安SIMの利用

昨年12月にアナウンスされたときと比べ、30GBプラン(ハピタスポイント60%アップ)も増えて大盛況のサービスです。


ハピタス×ビッグローブコラボ企画


Pollet(ポレット)の登場で毎月利用可能なポイントも実質33万ポイント(その他ZOTO利用10万ポイント及び無制限のハピタス堂書店があります。)に増えたことですからビッグロープSIMの入会についてはカップも真剣に検討しています。

 カテゴリ
 タグ