スポンサーリンク

Mileage Plusd sezon card


陸でマイルを貯めるならANA一択。

もちろん否定するものではありませんし、実際のところカップもANAマイルを夫婦二人で毎月18,000マイルずつ貯めています。

でも、それとは別にユナイテッド航空マイレージプラスを貯めることが好きです。

マイレージプラスはANA国内線を片道5,000マイルor8,000マイルで発券することができます。飛行距離によって異なりますけど、例えば、関空-那覇であれば少ない方の5,000マイルで発券できるからANAマイルと比べてもお得ですよね。

更に例えば、関空-福岡-那覇のような乗継便でも5,000マイル×2とはならずに、たった5,000マイルで発券可能です。さすがに福岡でストップオーバーはできませんけど、乗継時間が数時間あればちょっと街までお買い物というのは可能です。

そんなお得な使い方ができるマイレージプラスですが、陸マイラーならどのように貯めるべきなのでしょうか。

スポンサーリンク

陸マイラーがマイレージプラスを貯めるなら


ポイントサイトの利用はNG


ソラチカルート以外のポイント交換は使い道を考えてから


陸マイラーがマイルを貯める方法と言えば、現在は、クレジットカード利用よりもポイントを貯めてマイレージにポイント交換する方法が代表的です。


年会費無料のクレジットっカードを一枚発行するだけでも、案件によってはソラチカルートでANA10,000マイル貯めることができるのですから納得の方法といえるのではないでしょうか。


一方でクレジットカード決済で10,000マイル貯めようとすると100円1マイル貯められるカードでも100万円のカード決済が必要になります。一世帯のクレジットカード決済額の平均がいくらくらいかは分かりませんが、カード決済だけで年間5万マイル、10万マイル貯めるのは難しいと言えます。


しかし、ポイント交換で貯めることが無制限で推奨されるものではありません。いわゆるソラチカルートを使った毎月ANA18,000マイルを目標とするのなら異論はありませんが、この場合、夫婦二人で頑張っても世帯マイルは年間432,000マイルということになります。


それ以上貯めようとすると、交換レートは90%から60%、50%へと下がることになりますので、マイルへ交換することが本当にお得なのか、マイルに交換した後、使い道は考えているのか等、ある程度慎重に判断する必要があります。


JALやANAマイルであれば、50%の交換率は保証されているのですが、これが、ユナイテッド航空マイレージプラスになると話は変わりますから注意が必要です。


マイレージプラスへのポイント交換


マイレージプラスも、JALやANAと同様にポイント交換で貯めることは可能です。しかし、交換レートが全く違います。


ポイント交換でもっとも効率的に貯められるのはネットマイルの利用でしょう。


ネットマイルからマイレージプラス


上記の通り、300円相当のポイント(ネットマイルは2ptで1円分のポイント)でマイレージプラス100マイルに交換が可能です。


けど、例えば、羽田―札幌往復航空券を1万マイルで交換するつもりで3万円分のポイントで1万マイル用意することが得といえるかは微妙です。


往復航空券が同額の3万円で帰る場合でも、購入して用意する方が得な場合も多いからです。


ネットマイルは現金振り込みへの交換も可能ですから何が何でもUAマイルとこだわる必要性は低いとカップは考えます。


むしろ、マイレージプラスを貯めるなら、ポイント交換には頼らずクレジットカードの入会キャンペーン&カード決済で貯める方法が王道であると理解しましょう。


クレジットカード決済で貯める


カップが過去4年間マイレージプラスを貯めた方法はシンプルです。


それは、楽Pay利用で100円2マイル貯められるマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAの徹底活用です。


初年度は、入会キャンペーンもありましたし、2015年10月までは電子マネーnanacoへのチャージでもマイルを貯められましたから最大で年間10万マイル貯めることができました。


マイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAを発行する前年についても、マイレージプラスJCBゴールドカードで100円1.5マイルの積算率で貯めていました。


マイレージプラスを貯めるならクレジットカードで貯める方法が一番、というよりもむしろこの方法しかないのではないかとカップは考えます。


でも、100円2マイルの還元率を維持するのにひと手間必要になったこともあり、このたび解約してしまうんですけどね。15,000円(税別)の年会費もカップには重かったです。(^^;


マイル購入ならアワードアクセラレーター


パーソナルマイル


UA陸マイラーが活用すべきマイルを貯める方法の中でメジャーなものとしてユナイテッド航空からのマイレージ購入という方法があります。


そして、このマイルの購入はしょっちゅうキャンペーンを実施しています。会員によってオファーの内容が異なるということもあるようですが、先ほどカップのアカウントで確認してみたら最大75%ボーナスのオファーがありました。


内容については、購入するマイル数によってボーナスマイルがプレゼントされるというものです。


UAマイレージプラス最大75%ボーナス

Buy 5,000 - 14,000 miles | Get 25% bonus
Buy 15,000 - 29,000 miles | Get 50% bonus
Buy 30,000 - 85,000 miles | Get 75% bonus



実際に75%ボーナスになる3万マイルを購入すると、

Your order
Number of miles
30,000
Bonus miles
22,500
Total miles
52,500


Cost of miles
\119,397 JPY
Tax recovery fee
\8,955 JPY
Total
\128,352 JPY



ご覧の通り、128,352円で52,500マイルを購入できることになります。1マイル2.5円弱で購入できるということになります。


いずれにしても高いので購入しませんが、ポイント交換で貯めるくらいなら購入した方がお買い得であることは間違いありません。


裏技アワードアクセラレーター


ところで、マイレージプラスの購入については、上記パーソナルマイルという方法の他にアワードアクセラレーターという方法があります。


別に秘密の裏技でもなく制度化されているものなのですが、アワードアクセラレーターとは、マイレージプラスで特典航空券を発券して出発するまでの間、マイレージプラスを割引価格でご購入できる制度です。そして、アワードアクセラレーターを利用すると、通常のマイル単価よりお得にマイルを購入できます。


カップは、2012年に一度利用していますが、100マイルあたり2ドルでの購入。1ドル80円の当時の為替レートであればお得感ありました。現在の為替レートだと旨みに欠ける気もしますがパーソナルマイルよりはお得に買えることが多いのではないでしょうか。





クレジットカードの入会キャンペーン


Mileage Plusセゾンカード


ということでカップが今年選択するマイレージプラスの貯め方は、クレジットカードの入会キャンペーンを攻略する方法に絞りました。


先週さっそくMileage Plus セゾンプラチナカードVISAを申込ました。


Mileage PlusセゾンカードVISAは普通カード、ゴールドカード、プラチナカードの3種類ありますが、カードの種類によって入会キャンペーンの内容が異なります。


Mileage Plus seson card入会キャンペーン


カップが申し込んだのはプラチナカードですから、


  • 入会だけで10,000マイル

  • 334,000円までの利用で通常マイル5,010マイル+ボーナスマイル5,000マイル



と合計15,000ボーナスマイルを獲得できる見込みです。


ちょうど、上記のキャンペーンに加え、初年度年会費無料のキャンペーンを受けられるインビテーションが来ていたので軽い気持ちで入会できました(≧▽≦)





1月にSPGアメックスに入会したばかりで年会費の負担に狼狽えているところでしたから、年会費の負担が免除されるということはカップにとっては嬉しいことなのです(^_-)-☆

Mileage Plus MUFGカード


実は上記のカードに加え、月末までにMileage Plus MUFGカードの入会も検討しています。


こちらの入会キャンペーンは、


Mileage Plus MUFGカード入会キャンペーン


  • 初年度年会費無料

  • 入会ボーナス3,000マイル

  • カードショッピング30万円で7,000ボーナスマイル



といったものなのですが、初年度年会費無料は大きいと考えます。一方で入会ボーナス3,000マイルについては、過去ゴールドプレステージ発行時に10,000マイルもらっているカップには資格がありません。カード入会してももらえないとカードデスクに確認しています。


確認はしましたが、なんと、3,000マイルも加算されました!?


なんで!?






それでも、30万円利用で7,000ボーナスマイルは対象になりますので、100円1.5マイルの還元率で通常マイルを計算すれば、30万円のカード利用で得られるマイルは、


通常マイル 1.5マイル/100円×30万円=4,500マイル

ボーナスマイル 7,000マイル

合計 11,500マイル


ですから、きっかり30万円カード利用したとすると還元率は、


11,500÷30万円×100≒3.83


と100円3.8マイル以上になります。


ゴールドプレステージVISAを使い続けることにこだわる必要もないのかなと悩んだ理由をお分かりいただけたと思います。


ゴールドプレステージには、来年以降改めて同様のキャンペーンが実施されていれば入会してみても面白いかなと思います。


カード会社にとっては迷惑な客でしょうから、何らかの規制を受けるかもしれませんけどね(・_・;)


終わりに


2012年4月からマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAで100円2マイルの還元率で貯めてきたカップですが、今月末には解約することを考えています。


過去、nanacoチャージでも貯めることができたときは年間10万マイルを目標にカード決済額を増やすことに奮闘していましたが、今年はクレジットカードの入会キャンペーンを利用した貯め方に移行しようと考えています。


今回、マイレージプラスセゾンカードとマイレージプラスMUFGカードの2枚のクレジットカードの入会キャンペーンを紹介しましたが、2017年、マイレージプラスを貯めるのは、この2枚のクレジットカードの入会キャンペーンによる計3万マイル以外には、ダイナースクラブカードの利用によるポイント積算を考える程度です。


カップが持っているSMBC信託銀行ダイナースクラブカードは、8月から年間60万円のカード決済で年会費が無料になるカードですから少なくとも年間6,000マイル相当は貯められるのかなと考えています。


ダイナースはダイナースモールを上手に使うことによってポイントを稼ぐこともできますから実際にはもう少し貯めたいとは思いますけど……。


現在カップのマイレージプラス残高は15万マイル余りです。ヨーロッパへのビジネスクラス往復特典航空券を発券すれば一瞬でなくなってしまいます。


とはいっても、米系のマイレージプログラムは改悪リスクが日系のそれよりも高いと考えていますからなるべく早く消化してしまいたい…。あとは、仕事との調整ですね。


毎年2回くらいは海外旅行に出かけたいと思いは強いので、今年も、最低でも、あと1回は国境を越えたいと考えます。