スポンサーリンク

大韓航空提携記念ディスカウントマイルキャンペーン

マイルのお得な使い方の一つにディスカウントマイルキャンペーンを利用した特典航空券の発券があります。


カップは過去、JALマイレージバンクでシドニーへのビジネスクラス往復航空券を5万マイルで発券したことがあります。現在、JMBのディスカウントマイルは、国際線ビジネスクラスは対象になっていませんので残念ですが、その代わり、提携会社での特典航空券を少ないマイル数で発券できるキャンペーンの開催が増えている気がします。


本日は、大韓航空との提携を記念したディスカウントマイルキャンペーンの情報を提供します。

スポンサーリンク

韓国への往復航空券が11,000マイルから


ディスカウントマイルキャンペーンの概要は以下の通りです。

  • ディスカウントマイル期間
    2017年2月1日(水)~2017年6月30日(金)

  • キャンペーン対象者
    JALマイレージバンク(JMB)会員

  • 対象特典・クラス
    ディスカウントキャンペーンの対象は、新たに提携の対象になった大韓航空のエコノミークラス特典航空券


キャンペーン必要マイル数


キャンペーンに必要なマイル数は総旅程距離によって11,000マイルもしくは15,000マイルです。


【キャンペーン必要マイル数】

総旅程距離(mile) キャンペーン必要マイル数 対象路線例(往復旅程)
1~1,000 11,000 福岡/大分/鹿児島/岡山-ソウル(仁川)
名古屋/大阪(関西)/福岡-プサン
1,001~2,000 15,000 東京(羽田/成田)/名古屋/大阪(関西)/小松/新潟/青森/札幌(新千歳)-ソウル(仁川)
東京(羽田)/大阪(関西)-ソウル(金浦)
東京(成田)/札幌(新千歳)ープサン
東京(成田)/大阪(関西)-済州島



通常、15,000マイル必要な特典航空券が11,000マイル、20,000マイル必要な特典航空券が15,000マイルで発券できるキャンペーンです。


およそ25%の割引、お得です。


特にカップが注目する特典航空券は、名古屋、大阪(関西)もしくは福岡発のプサン往復航空券です。エコノミークラスといえどもJAL11,000マイルで発券できるのは嬉しいですよね。


搭乗時間が2時間もありませんからエコノミークラスでも十分かなとカップは考えます。


デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード


エコノミークラスでも余裕と言いましたが、あくまで体力的な問題です。マイレージ特典航空券でビジネスクラス搭乗に慣れている人だと、気持ちの上で、エコノミークラスのサービスでは物足りないと感じるかもしれません。

エコノミークラスを快適な搭乗に変えるエリート会員制度


大韓航空は、デルタ航空を筆頭とするスカイチームに属していますが、スカイチームのエリート会員であるゴールドメダリオン会員であれば、JALマイレージで発券した特典航空券でも上級会員としてのサービスが受けられます。

  • 優先チェックイン

  • 手荷物プライオリティタグ

  • ラウンジ利用

  • 優先搭乗


エコノミークラスでも上記のサービスの提供を受けられるなら快適なフライトが約束されます。

羽田発ならJALサクララウンジの利用が可能


先ほど、カップは、11,000マイルで発券できるルートに興味津々と言いましたが実は、15,000マイルで発券できる羽田ーソウル(仁川・金浦)の便にも注目しています。


羽田空港には、大韓航空のラウンジがありませんが、提携しているJALサクラ・ラウンジの利用が可能だからです。


別にJAL > KALというつもりは有りませんが、サクラ・ラウンジの評判は良いので羽田発で発券される方は少し余裕をもって空港に行かれることをお勧めします。


クレジットカードを持つだけでゴールドメダリオン


そして、エコノミークラスでも上記のような快適なフライトを約束するスカイマイルのエリート資格であるゴールドメダリオンには、デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを所有するだけでなれるのです。

◇デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード


カップは、先日SPGアメックスを発行しましたがカードを持つだけで上級会員になれるなんて夢のようですね。でも、利用するからこそ上級会員資格を活かすことができるという意見に異存はありません。


むしろ発想を逆転させて、利用するときに上級会員資格を得るためにカードを申し込むという思考が賢明であると考えます。