スポンサーリンク

マイレージプラスMUFGカード入会キャンペーン

UA陸マイラーであるカップが推奨するマイレージプログラムといえば、当然、ユナイテッド航空マイレージプラスです。

過去、オークランド経由のフィジーやグアム経由のバンコクなど、いわゆる面白ルートで特典航空券を発券してきました。

一昨年には15万マイル使用して、バンコク、イスタンブール経由のバルセロナへの特典航空券も発券しています。

そんなカップがマイレージプラスを貯めた源は、100円で2マイル貯まるマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAです。

しかし、毎年度必要な年会費15,000円(税別)の負担に加え、今月の振替分から、リボ手数料を1円以上負担しないと100円2マイルが実現しなくなるという改悪に、とうとう耐えられなくなって解約を考えるようになりました。

マイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAの解約は、UA陸マイラーをあきらめることと同義だと思っていましたけど、世の中そんな単純でもありませんよね?

捨てる神あれば拾う神あり、カップが選択した道は、違うカードでUA陸マイラーを継続することでした。

そのカードとは、もちろん、あのカードです。

スポンサーリンク

マイレージプラスMUFGカードmasterで100円1.5マイル獲得


マイレージプラスMUFGカード


本日、ご紹介するUA陸マイラー様のためのカードはマイレージプラスMUFGカードです。


カードブランドはマスターカード。VISA同様、多くのお店で利用することができます。


マイレージプラスMUFGカードの基本スペックは100円につきマイレージプラス1マイルを貯められるカードではありますが、最近、驚くべき改善が行われました。





なんと、年会費等の条件はそのままで、カード利用時のマイル加算率が50%増しの100円1.5マイルになったのです。


残念ながら、全くの無料で100円1.5マイルを得られるわけではありません。


カード利用額の口座振替時にリボ手数料を支払わなければいけないという条件があります。リボ手数料を支払わないときは、通常通り100円につき1マイルしか貯めることができません。


このあたりはタダではマイルをやらないぞという三菱UFJニコス様の強い意志が感じられますね。


リボ手数料とボーナスマイル、どっちがお得


そうなると問題になってくるのは、ユーザーが負担するリボ手数料と獲得できる優遇マイルの損益計算です。


例えば、毎月10万円のカード利用をするケースで毎月のリボ払いを9万円に設定していた場合、残額1万円についてリボ手数料がかかります。


年利15%相当のリボ手数料は、1か月で考えれば約1.25%となり、1万円について125円の負担になります。


本来10万円のカード利用で1,000マイル獲得になるところ、リボ手数料125円を負担するだけで1,500マイル獲得できるというと、割が良いように思えますが注意が必要です。


カード利用額が毎月10万円でリボ払いの設定が9万円ですと、1年間放置すれば、12万円の未払い分が蓄積されます。12万円の未払い分にかかる1か月分のリボ手数料は、12万円×1.25%≒1,250円です。


500マイル多くもらうために1,250円の負担ですと、微妙なコストと思えるのではないでしょうか。


1年だから微妙なコストですが、2年、3年蓄積されると十分、無駄なコストといえる金額になりますからご注意ください。


リボで優遇マイル稼ぐなら、支払額の調整が必要


ということで、あなたがリボ手数料で優遇マイルを稼ぐつもりなら、毎月の支払額の調整が必要になってきます。


楽Pay登録して、リボ手数料を調整するために毎月繰り上げ返済をすれば、必要最小限のコストで優遇マイルを獲得できます。


繰り上げ返済した分も優遇されたマイル還元率を受けられるのかという疑問が生じるでしょうが、安心してください。繰り上げ返済分のカード利用額についても100円1.5マイルの優遇マイルを獲得できます(^o^)/


ゴールドプレステージよりお得な理由は年会費


以上、マイレージプラスMUFGカードは、リボ払いを上手に行うことで100円につき1.5マイル貯まるお得なのですが、現在カップがメインカードで使っているマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAは、100円につき2マイル貯まり更にお得なカードです。陸マイラーならマイル還元率にこだわり、5年目継続も考えていましたが、今回解約を決断しました。


その理由は、高い年会費です。


100円1.5マイル貯まるマイレージプラスMUFGカードの年会費は5,000円(税別)に比べ、100円2マイル貯まるマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージは15,000円(税別)もします。


その差1万円。仮に年間200万円のカード利用であれば、獲得できるマイル数は、3万マイルと4万マイルであり1万マイルの差になります。


1万円と1万マイル。天秤にかければ陸マイラーとしてはゴールドプレステージ継続の方がお得なような気もしますが、発想を逆転させれば、200万円のカード利用額を他のカードに振り分けることが可能になると考えることができます。


仮に200万円のカード利用額のうち、150万円を他のカード利用に振り分ければ、マイレージプラスMUFGカードの利用額は50万円になります。


利用額50万円ならば、獲得できるマイル数の差も2,500マイルになり、1万円多い年会費を支払うのはもったいないということになります(;^ω^)


いささか強引に話を進めましたが、昨年も複数のカードの入会キャンペーンを活用した結果、このような結論となりました。


マイレージプラスMUFGカードmaster入会キャンペーン


そこへきて、マイレージプラスMUFGカードが史上初ともいえるお得な入会キャンペーンを始めました。その内容は以下の通りです。


年会費5,000円(税別)が初年度無料


カップが知る限りマイレージプラスMUFGカードの入会キャンペーンで初年度無料になる特典を受けられるのは初めてではないでしょうか。(過去にもあったらゴメンナサイ。)


年会費5,000円どころか年会費無料なら、100円2マイルでなく1.5マイルでも十分ではありませんか?もちろん100円1.5マイルを実現するために毎月のリボ手数料は必要になりますから年間数十円のコストはかかりますけど(^^;


【特典①】入会でもれなく3,000マイル


カード入会でもらなく3,000マイルもらえます。初年度年会費無料なのに3,000マイルもらえるなんて気前のいい話です。


もし、あなたが、100円1.5マイル獲得できるマイレージプラスセゾンカードを使っているならこれを機会に乗り換えもありかもしれませんよ。


【特典②】楽Pay登録30万円以上の利用で7,000マイル


そして、MUFGカードお得のカード入会と同時に自動リボ払いになる「楽Pay」登録したうえで、入会月含め4か月後の末日までにショッピング30万円の利用でマイルプレゼントという特典があります。


カード入会月を含め4か月後の末日までという表現は、MUFGカード独特かもしれませんが、要するに入会日から3か月後の月末ということです。(2月入会なら5月末日までの利用額ということ。)


カード利用30万で稼げる3,000~4,500マイルも合わせて考えると、30万円利用で最大11,500マイル獲得できるということです。


年会費無料のキャンペーンは稀有なこと


ところでカップは現在キャセイパシフィック航空MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードも使っていますが、こちらも初年度年会費無料のキャンペーンで入会しました。


しかし、現在、キャセイパシフィックMUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードでは初年度年会費無料のキャンペーンはありませんよね?ゴールドマスターではやってますけど(^^;


現在のキャンペーンがいつでも続くと思ってはいけませんよ。


ゴールドプレステージホルダーは特典対象外


ところで、マイレージプラスMUFGカードの入会キャンペーンの案内ページには次のような注意書きがあります。

入会キャンペーンの注意書き


これを見ると、現在マイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAを保有しているカップは、マイレージプラスMUFGカードの入会キャンペーンの適用を受けられないということになります。


ここまで、入会に乗り気になっているカップにとってはショックなルールです。


でも、ちょっと待って。よ~く見てみると特典①の注意書きとして書かれています。


入会でもれなく3,000マイルの特典①の注意書きということは・・・


この注意書きは特典①に対する注意書きです。


つ・ま・り、


反対解釈すれば、初年度年会費と30万利用で7,000マイルは適用されるということです。


初年度年会費無料!カード利用30万円でマイレージプラス7,000のボーナスマイル。100円1.5マイル貯まるマイレージプラスMUFGカードの入会キャンペーンはお得です。


マイレージプラスは、面白いマイルの使い方もありますし、興味深いマイレージプログラムですよ。

(参考)


 カテゴリ
 タグ
UA