スポンサーリンク

ヒルトンコロンボ

海外ホテルの予約でカップがよく利用する予約サイトは、エクスペディアです。

その理由は、安くてお得だから。

前回、マイルが貯まるホテル予約サイトKALIGOのダブルマイルキャンペーン でKALIGOと比較し、価格でも、マイル還元でも負けてしまったエクスペディアですが、果たして本当にエクスペディアはKALIGOよりも高価格でしか予約できないのか!?

何か裏技はないものか本日は、検証してみました。

スポンサーリンク

エクスペディア最大の魅力は価格保証で差額×2倍の返金


エクスペディア最大の魅力は価格保証の制度です。

他のホテル予約サイトでは、最低価格保証の制度があっても、自社の提供価格が他社よりも高かったとしても、せいぜい、その安い他社の価格に合わせるだけですがエクスペディアは違います。


エクスペディアでは、他社との差額の2倍の金額を返金するシステムを取っていますから、エクスペディアが高いと思ったときは、それよりも安い他社サイトを見つけて申請すれば、本当の最低価格を実現させることができます。


エクスペディアよりも5,000円安いサイトがあったら


本当の最低価格とはなんでしょうか。


例えば、エクスペディアで20,000円のプランがあったとして、全く同じ条件のプランが他社サイトで、エクスペディアよりも5,000円安い15,000円で提供されていたらどうなるのでしょうか。


エクスペディア・・・20,000円
他社サイト・・・15,000円
差額・・・20,000-15,000=5,000円


この場合、指定の方法で価格保証を申請して認定されると、エクスペディアのプランは10,000円返金されます。


他社サイトの15,000円が最低価格だと思っていたら、エクスペディアでは10,000円になるのです。


エクスペディアを超える本当の最低価格だと思っていた他社サイトよりも更に5,000円安い10,000円が、エクスペディアの本当の最低価格プランなのです。


同一条件及びオンライン上で一般に提供されていることが必要


ただし、注意しなければいけないのは、エクスペディアの最低価格保証が認められるのは、エクスペディアで予約したものと同じルームタイプやルームプラン、適用される返金ポリシー、チェックイン日とチェックアウト日など、条件が完全に一致する場合にのみです。


また、他社サイトの提供プランは、オンライン上で一般に提供されているものでなければなりません。
クーポンコード等の利用でエクスペディアよりも安くなるというものは、対象外になります。


そして、ときにエクスペディアの評判が悪くなる理由は、価格保証適用の審査の厳しさです。条件完全一致に対する審査は厳しく、過去、カップも自身が申請した価格保証の適用について、エクスペディアへ同一条件であることを認めさせることに大変苦労した経験を有します。


しかし、唯一、エクスペディアと同一条件であることの説明が楽なサイトがあるということを皆さまご存知でしたか?


エクスペディアと条件が完全に一致するHotels.com


その旅行予約サイトとはホテルズドットコムです。


そもそもホテルズドットコムは、ウィキペディアによるとエクスペディアの子会社とされ、宿泊施設の仕入れの仕組みはエクスペディアと共有化しています。


ですから、基本的に価格も条件もエクスペディアと同一のプランが提供されています。


カップも過去、エクスペディアとは、同一条件の認定について何度も争っていますが、比較の対象がホテルズドットコムであったときは、すんなり価格保証制度の適用がなされています。


でも、同一価格、同一条件なら、そもそも返金額の計算の基礎となる”差額”が発生しないんじゃない?と思われた方は、するどいです。


そうですね。確かに同一価格なら基本的に差額は発生しませんので差額×2倍の返金対象のプランにはなりえません。


常識的に考えれば、そうですよね。


しかし、実際カップは、2015年12月に行った髙雄のホテルをエクスペディアとホテルズドットコムと比較して、差額×2倍(ただし、上限2万円)の返金を受けました。


その時の記録が次の記事です。




特に同一条件のところで争うことなく、申請してから約51時間後には、20,000円の返金手続きを行ったというメールが来ました。


エクスペディアとホテルズドットコムは、同一価格、同一条件のプランを提供しているにも関わらず、2万円の差額を受けられたということは、1万円以上の差額があったということです。


そんなことがあり得るのでしょうか。


もちろん、あり得たから、2万円の返金を受けられたのですけど、その秘密はどこにあるのか、お分かりになりますか?


エクスペディアの二重価格を見つけたら


タネを明かせば、エクスペディアで同一条件のプランを異なる2つの価格で提供していたということです。


同一プランを違う価格で提供していれば、当然、”差額”が発生します。そして、その二重価格のプランが、ホテルズドットコムでも提供されていたとすると・・・。


【実践例】エクスペディアの二重価格を検証する


例えば、マイルが貯まるホテル予約サイトKALIGOのダブルマイルキャンペーン で紹介したヒルトンコロンボのエクスペディアのプランを見てみると、次の2つのルームタイプがあります。


ベストプライス !
ルーム
眺望あり
30.71 ㎡
キングサイズベッド 1 台 (エキストラベッドご利用可能 : ベビーベッド)
定員 : 2 名 (お子様 1 名まで同伴可能)


エクスペディア①


ルーム
眺望あり
30.71 ㎡
キングサイズベッド 1 台 (エキストラベッドご利用可能 : ベビーベッド)
定員 : 2 名 (お子様 1 名まで同伴可能)


エクスペディア②


違いは、部屋タイプにベストプライス!の記載があるかどうかだけで、同じ部屋です。念のため、詳細をクリックしてみると、全く同じ説明が表示されました。

部屋の清潔感 : とても良い 4.2

キングサイズベッド 1 台
オーシャン ビューの 30.71 ㎡ の客室

客室の構成 - 応接スペース
エンターテイメント - WiFi および有線インターネット アクセス、プレミアムチャンネル
お食事とお飲み物 - 冷蔵庫、ミニバー、コーヒー / ティーメーカー、24 時間対応のルームサービス
寝具 - 低刺激性寝具、遮光カーテンおよびターンダウンサービス
バスルーム - 専用バスルーム、独立した浴槽とシャワー、バスローブ、およびスリッパ
便利な設備 - 無料の新聞、電話、金庫、ベビーベッド (無料)利用可 (要リクエスト)
設備とサービス - 冷房、毎日のハウスキーピング
コネクティング ルーム / 隣合った部屋のリクエストも可能です (利用状況によりご希望に添えない場合もあります)


そして、このプランはホテルズドットコムでも同様に二重価格になっています。

ホテルズドットコム


同一プランなのに異なる価格。このギャップ、あなたはどのように利用されますか?

 カテゴリ