スポンサーリンク

カードの解約方法をこっそり教える

キャセイパシフィック航空MUFGカードを申し込んだのは今年の1月でした。
当時は、電子マネーnanacoへのチャージでもマイルを貯められるお得なカードでしたが、カード発行後の2か月後に衝撃的なお知らせがMUFGカードから届き、それ以降は死蔵カードになっていました。

現在カップは、マイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAとキャセイパシフィック航空MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードの2枚をメインで使っています。

キャセイパシフィック航空MUFGカードは初年度年会費無料でしたが、2年目からは5,000円(税別)と負担が大きいです。

解約忘れになっては大事ですから、忘れないうちに本日解約手続きを行いました。

スポンサーリンク

使わないカードになった理由


そもそも、キャセイパシフィック航空MUFGカードが死蔵カードになった理由は、nanacoチャージでマイルが貯まらなくなったということだけではありません。


nanacoチャージでマイルが貯まらなくなることは、遅かれ早かれ予想できていたことなのですが、そのアナウンスの方法は、カップにとって気に入らないものでした。





上記記事で説明している通り、nanacoチャージでマイルが積算されなくなるアナウンスがあったのは3月10日であったにもかかわらず、マイル積算対象にならないのは、2月16日からのチャージ分という内容です。


カップは、2月16日以降も、数万円のnanacoチャージをこのカードで行ってきましたが、それは、クレジットチャージでアジアマイルが貯まると信じてきたからです。


それを何の補償もなく、しかも個別メールでアナウンスするなどの対応も取らずに、3月10日に、「4月請求分からはポイント付与対象外」になりますとウェブにひっそりと掲載したのです。


お知らせの文言も「4月請求分からはポイント付与対象外」って、まるで事前にアナウンスしましたというノリであることも気に入りません。


4月請求分からの変更といいますが、実際は、4月10日の口座振替の分からという意味です。そもそも、マイレージプラスMUFGカードの請求日は、口座振替の前月ですから、本当は、4月請求分というなら5月振替分になるはずです。
(例えば、来月12月12日に引き落とされる金額は、すでに11月25日付で請求書が作成され、メールや郵送で届いているのです。


これってやっぱりおかしいですよね?


と今更過去の話を蒸し返したのは、解約手続きするためのモチベーションをあげるためです。


人によって異なるかと思いますが、カップは初年度無料のカードを2年目に入る前に解約する行為について、理屈では正当な行為であり問題ないと考えつつも、入会キャンペーンで利益も得ているのにカード会社に悪いなと若干の罪悪感を有するタイプです。


しかし、キャセイパシフィック航空MUFGカードについては、そんな罪悪感はありません。3月に酷い目に遭わされているわけですから、2年目突入前に解約するのは理屈でも、気持ちのうえでも全く正当な行為なのです。


MUFGカードの解約方法は電話でOK


さて、気分を盛り上げてからの解約手続きになりましたが、解約方法を具体的に説明すると電話での手続きになります。


MUFGカードコールセンター


0570-022115(ナビダイヤル)
   または
03-5489-0292

に電話をすると、カードの番号や暗証番号を入力してすると、オペレータさんにつながることもなく解約手続きが終了します。


シャイなカップには、嬉しい解約ですね。


もし、オペレータさんにもう1年だけ使っていただけませんか?なんてお願したら、解約しようという気持ちが折れてしまうかもしれませんから。


nanacoチャージでアジアマイル1マイルを貯める裏ワザ


ところでキャセイパシフィック航空MUFGカードの悪口を蒸し返してしまいましたがアジアマイルを貯める方にとって、キャセイパシフィック航空MUFGカードは有用なカードであることに変わりはありません。


特に現在、キャセイパシフィック航空MUFGカードは驚愕の入会キャンペーンを開催していますから、このチャンスに是非申し込んでみてください。


気になる入会キャンペーン内容は、以下の通り。

  • 初年度年会費無料!

  • 入会だけで特別ボーナス13,000マイル!

  • 入会月含め4か月後の末日までに30万円利用で3,000マイル!



なんといっても初年度年会費無料は大きいですし、カード発行だけで16,000マイルって何かの間違いじゃない?という水準です。


普通は、カード利用30万円で3千マイルの割合を増やして、入会で10,000マイル、カード30万利用でさらに9,000マイルって感じではないでしょうか。(カップの個人的な感覚です(^^;)


そして、面白いのは、このキャセイパシフィック航空MUFGカードは、nanacoチャージでマイルは積算されなくなったのですが、入会キャンペーンボーナスの30万円利用で3,000マイルの条件である30万円には、nanacoチャージ分も算定されるのです。


極端な話、

  1. カード入会

  2. nanacoチャージ30万円

  3. 1年以内にカード解約


のプロセスを踏めば、アジアマイル16,000マイルを無料で獲得できるのです。


アジアマイルは片道600マイル以下の往復特典航空券を15,000マイルで発券できますから、東京―札幌のJAL往復航空券を発行することも可能ですよ。
 カテゴリ
 タグ