スポンサーリンク

マイレージプラスMUFGカード

カップのかつてのメインカード、マイレージプラスMFUGカードゴールドプレステージVISAが2017年2月より改悪されました。

楽Pay登録で100円2マイル(海外利用3マイル)貯まるカードでしたが、改悪後はリボ手数料が発生した月以外は100円1マイル(海外利用1.5マイル)となりました。

しかし、捨てる神あれば拾う神あり、マイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージ改悪の裏で驚くべき改善もあったのです。

スポンサーリンク

マイレージプラスMUFGカードはリボ手数料請求で100円1.5マイル


マイレージプラスMUFGカードは、年会費5,000円(税別)で100円につきマイレージプラス1マイルを貯められるカードです。

2017年2月までは、リボ手数料のあるなしに限らず100円で1マイルしか貯められませんが、楽Payによる年会費優遇を受ければ年会費は3,000円割引になりますので、一部の方には人気でした。

だって、2,400円(年会費5,000円+税400円ー楽Pay年会費優遇3,000円)の負担で、100円1マイル貯められるわけですから費用対効果はいいですよね?

年間カード利用額が100万円の世帯なら、年会費2,400円+楽Payリボ手数料1円で羽田ー千歳往復特典航空券を発券できるUAマイレージプラス1万マイルを貯められるのですから。

そんな低コストでマイルを貯められるマイレージプラスMUFGカードが2017年2月から100円で1.5マイル貯められるカードに進化したのです。

マイレージプラスMUFGカード2017年2月改定内容

どっちがお得?ゴールドプレステージと比較


毎月リボ手数料の計算は必要ですが、年間のカード利用額120万円の世帯なら、

マイレージプラスMUFGカード・・・UA18,000マイル
(楽Pay優遇年会費2,400円)

ゴールドプレステージ・・・UA24,000マイル
(楽Pay優遇年会費13,200円)


得られるマイルの差は6,000マイル、カード保有コストの差は10,800円ですから、1マイルあたりの価値を1.5円~2円程度で考えるなら、このあたりが損益分岐点になりそうです。

家族カードの年会費


マイレージプラスMUFGカードはゴールドプレステージと違い、家族カードの年会費も格安です。

現在の1人目無料というサービスは、2017年2月に打ち切りになりますが、1名につき1,000円(税別)ですから、楽Pay年会費優遇を受けていれば、3,480円(税込)になります。

実際には毎月のリボ手数料(最安でも1円×12月で12円)必要ですが、年間3,492円のコストで100円1.5マイル貯められる家族カード1枚付のクレジットカード、お得だと思いませんか?


マイレージプラスMUFGカード新規発行でUA10,000マイル獲得


入会でもれなく3,000マイルプレゼント


カップはマイレージプラスMUFGカードを2017年3月に申し込みしました。

入会でもれなく3,000マイルというキャンペーンがありましたが、これは、マイレージプラスMUFGカードやマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージに初めて入会した人を対象にしています。


過去、マイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージを持っていたカップは対象外になるキャンペーンだと思われました。


実際、何度か、カードデスクに問い合わせしましたが、マイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージを持っている人はマイレージプラスMUFGカード入会の3,000マイルボーナスも適用外になると説明を受けていました。


しかし、3月に入会したカップのマイレージプラスのアカウントには4月10日付で3,000マイルの加算があります。


この3,000マイルが、カード入会のボーナスかどうかの確証はありませんが、UFJ Enrollment Bonus 3,000マイルと記載がありますので、間違いはないと思われます。


なんだかとっても得をした気持ちになりました(^◇^)


入会月含め4か月後の末日までに30万円以上利用で7,000マイル


もう一つのキャンペーンは、入会月含め4か月後の末日までに30万円以上のカード利用で7,000マイルプレゼントというものです。


これについては、3月から6月にかけて30万円のカード利用をしたので、後日加算されるものと考えます。


一つのクレジットカードの入会キャンペーンで羽田ー札幌の往復航空券を取得できるUAマイレージプラス10,000マイルの獲得は大変お得なキャンペーンだと思います。


カップにとっては期待していなかった3,000ボーナスマイルも獲得できましたので何だか得をした気持ちになりました。


これは、カードデスクのオペレータさんの案内誤りなのか、たまたまコンピュータのエラーで加算されてしまったものかは分かりません。


でも、ひょっとしたら、

マイレージプラスMUFGカード入会ボーナス条件


という案内自体がブラフの可能性もあります。


カップの実践例に興味を持たれたゴールドプレステージホルダーがいらっしゃいましたら、是非突撃してみてください。


最低でも30万円利用で7,000マイル獲得できますから年会費の元は取れると思います。


みごと3,000マイルのプレゼントも受けることができたら是非ご報告いただければと思います。


MileagePlusセゾンカードも検討の余地あり


100円で1.5マイル貯まるクレジットカードといえば、マイレージプラスセゾンカードも忘れてはいけません。

マイレージプラスセゾンカードは、マイレージプラスMUFGカードと比べ特筆すべきメリットがありますので今回紹介させていただきます。

マイレージプラスセゾンとマイレージプラスMUFGゴールドプレステージ、どっちがお得?

自称UA陸マイラーのカップのメインカード、マイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISA。毎月10日はカード利用によるマイルを大量獲得できます。今月の獲得マイルは、...



上記記事は、MUFGカード2017年2月の改定を知る前のものですが、現在マイレージプラスセゾンを語るなら、その利点とは、毎月の繰り上げ返済の作業が不要ということになります。

忘れていませんと思いますが、マイレージプラスMUFGカードは、来年2月改定後もリボ手数料の支払いがなければ100円1マイルしか貯められません。ゴールドプレステージも同様になります。

リボ手数料を普通に支払うと、とんでもない金額になりますからリボ払いによるマイル加算を受けようとするなら、毎月しっかり繰り上げ返済しなければいけませんね。

カップ自身は、毎月の繰り上げ返済をすると結論づけていますから、繰り上げ返済する前提で話をしていますが、その作業を面倒と思われる方にとっては、間違いなく面倒な作業です。

マイレージプラスは貯めたいけど、毎月繰り上げ返済するのは面倒だなと思う方にとって、100円で1.5マイル貯められるマイレージプラスセゾンカードは一考の価値ありです。

マイラーのために誕生した!セゾンマイレージプラス

2013年4月に発行したマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISA。カップにマイレージプラスの面白さを教えてくれたカードです。マイレージプラスは、びっくりするような改悪がない限り、今後も利用し続けたいと考えていますが、クレジットカードについては、そろそろ見直しの時期が来ているのかもしれません。...



カードの入会キャンペーンの最大5,000マイルプレゼントも見逃せませんよね(*^▽^*)


ちなみにカップは、2017年3月、マイレージプラスMUFGカード申し込みとほぼ同時期にマイレージプラスセゾンプラチナカードを申込しました。


Mileage Plusセゾンカード(プラチナ)発行でUAマイレージプラス10,000マイル獲得

陸でマイルを貯めるならANA一択。もちろん否定するものではありませんし、実際のところカップもANAマイルを夫婦二人で毎月18,000マイルずつ貯めています。でも、それとは別にユナイテッド航空マイレージプラスを貯めることが好きです。マイレージプラスはANA国内線を片道5,000マイルor8,000マイルで発券することができます。飛行距離によって異なりますけど、例えば、関空-那覇であれば少ない方の5,000マイルで発...




キャンペーンボーナスの10,000マイルをいただいて、たぶん、1年のみで解約しますけど(爆)