スポンサーリンク

暑い夏

夏真っ盛り、連日最高気温35度越えです。

こんな歩い日本を離れてちょっと涼しい国に出かけたい方はいませんか?

もしあなたがJAL11,000マイル持っているならロシアなんていかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




JMBディスカウントキャンペーン


JALマイレージクラブでは、2017年3月まで東京(成田)―ウラジオストク/ハバロフスクのエコノミークラス往復特典航空券を11,000マイルで発券できるディスカウントキャンペーンを実施中です。

S7航空ディスカウントマイルキャンペーン


往路はハバロフスクへ、そしてシベリア鉄道でウラジオストクを訪れるという旅程もなかなか魅力的ではありませんか。

成田14:25発→ハバロフスク18:15着(火・日)

ウラジオストク13:30発→成田14:40着(火・木・日)

毎日飛んでいるわけではないので旅程を組むのは少々骨が折れそうですが。

もし、カップが予約するなら火曜日から日曜日の旅程を組むかなと思います。

オープンジョーだと12,000マイル必要


実際に上記プランを実践されている方がいないかと検索してみると、のらりお、世界をぶらり。。。様のJALマイルを使って極東ロシアへ の記事がヒット。

しかし、記事を読んでみると、

東京~ハバロフスク往復の飛行マイルは1,846マイル、東京~ウラジオストク往復の場合は1,352マイル。いずれも2,000マイルを下回るため、必要マイル数が11,000マイルになる。予約した旅程では飛行マイルが2,005マイル(2,000マイル超)なので、交換マイル数は12,000マイルになる。


という説明。

そういえば、JALのページにもオープンジョーでも11,000マイルとはどこにも書いてありません。

まさかの12,000マイルということです。実践して初めてわかることもあるのですね。

現在、カップは、残念なことにJALマイレージ11,000マイル持っていませんので実践例をつくることすらできません。

やっぱりJALマイレージも貯めてみようかなと思いました。

JMBはディスカウントキャンペーンがお得


JALマイレージバンクといえば、昨秋、特典航空券発券に必要なマイル数を一部改悪しました。

国際線ファーストクラスやビジネスクラス狙い撃ちといったような改定でしたのでカップにとっては、魅力半減になった感はあります。

しかし、曜日限定特典に合わせて予約すれば、以前のような少ないマイル数で発券できます。一応2017年3月31日までの期間限定となっていますけど、延長する可能性もありますよね。

JALマイルはANAマイルに比べ、陸で貯めるには少々不利ですが、交換率が比較的良いドットマネーを利用したり、dポイント25%増量キャンペーンを利用したりすれば、そこそこお得に貯められるのも事実です。

また、ポンタも過去レートアップキャンペーンを行っていた実績がありますので個人的に期待しています。



スポンサーリンク





スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ
JAL S7