スポンサーリンク

意見不一致でけんかする男女

nanacoチャージのメインカードとしているリクルートカードプラスJCB。

カップは、今年の3月に申込しました。

カードをつくった当初は、nanacoチャージに利用できる金額が10万円しかなく残念に思っていましたが、その後すぐ20万円にアップしました。

20万円でも4月、5月の税金等の支払いにはちょっと足りないなと困っていましたが、他の方法も併用してなんとかしのぐことができました。

最近、再びnanacoチャージ等に利用できるいわゆる金券枠がアップしたようで、現在、50万円になっています。

「30万円を飛び越していきなり50万円か~」と少々驚きましたが、逆に50万円もいらないなと考えています。

いや、考えていました・・・。

スポンサーリンク

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

リクルートプラスnanacoチャージは9月15日まで


カップがリクルートカードプラスを申し込んだ経緯は、下記の記事でご推察ください。





正直、ポイントサイト経由申込でポイントを稼げる時期でなかったですし、カード自体の入会キャンペーンもJCB独自のものでしたから、それほど欲しい!と望んだカードではありませんでしたが、使ってみると、nanacoチャージで還元率2%は、確かにお得です。

残念なことにnanacoチャージでポイントを稼ぐことができるのは、2016年9月15日までです。

その後は、どのカードでnanacoチャージするべきか考えなければなりません。

でも、せっかくリクルートプラスJCBの金券枠が50万円になったのだから、7月、8月、9月とチャージ済みのnanacoカードをストックしようかなとも考えています。


リクルートカードJCBの入会で7,800円稼ぐ方法


しかし、将来使う見込み額を当てにしたnanacoチャージにはリスクが伴います。

例えば、100万円分nanacoチャージしたあと、nanacoで税金払ができなくなったらどうしますか?

nanaco100万円を税金払以外で使う方法は、正直カップには思いつきません・・・。

やはり、nanacoチャージには、リクルートプラスJCBの後継カードを検討した方が良いかもしれませんね。

真っ先に思いつくカードがリクルートカードです。

そして、最近陸マイラーの間で人気沸騰のポイントサイトハピタスでもリクルートカード案件を扱っています。

なんと、カード発行だけで1,800円のポイントプレゼント。

ただ、一つ注意しなければいけないことがあり、カードブランドをVISAでなく、JCBを選ばなければなりません。

ハピタスのポイント獲得条件にもしっかり書いてありますので間違えないようにしてください。


【ポイント獲得条件】
新規カード発行完了
※対象カード:リクルートカード(JCB)

▼リクルートカード・プラスをお持ちの方▼
リクルートカード・プラスをお持ちの方は対象外となります。
【ポイント却下条件】 虚偽、架空の申込・不正・いたずら・重複(名義)・カード発行に至らない場合・申込不備・既に、リクルートカード・プラスをお持ちの方・リクルートカード(VISA)の申込 ・リクルートカード・プラスの申し込みなどは不可

また、リクルートカードの入会キャンペーンも下記の通り比較的簡単に6,000円分のボーナスポイントを獲得できるようになっています。

入会で1000円分!

初回利用で1,000円分!

携帯決済で4,000円分!

ハピタスと合わせて7,800円分のポイント。

これは、お得です。


リクルートプラスホルダーはNG案件


と思ったら、もう一度、ポイント獲得条件を見ると、既に、リクルートカード・プラスをお持ちの方がポイント却下条件に含まれていました。

危ういところでした。

ポイント還元率1.2%のリクルートカードには興味はありますが、今回申し込むのはリクルートカードプラスを持っていない方に限定した方がいいかもしれませんね。


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス