スポンサーリンク

キャセイパシフィック航空MUFGカードでアジアマイルを貯める

キャセイパシフィック航空アジアマイルは、数年前に8,000マイルほど期限切れで失効させてしまったことがあります。

それ以来、しばらく貯めることはしなかったのですが、キャセイパシフィック航空MUFGカードの入会キャンペーンは魅力的で、ついつい手を広げてしまいました。

目標を5万マイルに設定し、現在順調に貯まっています。

8月頃には5万マイルに達するのではないかと見込んでいます。

スポンサーリンク

キャセイパシフィック航空安アジアマイルの獲得見込みは25,000マイルだった!?


ところで、今年1月にキャセイパシフィック航空MUFGカードゴールドマスターカードに入会したときから、目標マイルを5万マイルに設定していたのですが、今、思うとずいぶん乱暴な計画だったと思います。



上記記事を読んでいただくと、よく分かりますが、カードを100万円使用することで、合計2万5千マイル貯めるというところまでは、まあ、計画と呼べるしろものかもしれません。

でも、残り2万5千マイルは、その当時1月末まで開催されていたキャセイパシフィック航空MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードの入会キャンペーンと同様のものが2月以降も延長するという前提で話を進めていました。

幸い、2月以降のキャンペーンは、1月までのキャンペーンよりも、下記2点において、更にパワーアップしていましたので、現在まで順調にアジアマイルを増やすことができました。


  • 初年度年会費無料

  • 家族カード入会で1,500マイルプレゼント


今年の2月から4月にかけて実施されたキャンペーンの魅力は下記記事で紹介しています。



この記事で紹介しましたキャセイパシフィック航空MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスカードの入会ボーナス15,000マイルのうち、通常のボーナス10,000マイルは、5月上旬に加算されていましたが、残りの特別ボーナス5,000マイルが先日プレゼントされていました。


16 Jun 2016|31 Jan 2016|CX MUFG CARD Raku Pay Spend Bonus_10k|5,000

これで、現在のアジアマイル残高は36,000マイルです。

ちょっと誤算だったのは、家族カード発行の1,500マイルが、本日現在加算されていないこと。

家族カードは4月中に申し込みはしましたが、手元に届いたのは5月に入ってからでした。カード発行年月は、2016年4月となっていましたので、1,500マイルも獲得できるものと考えていましたが、ちょっと甘かったかもしれません。

しかし、あとは50万円のカード利用のボーナス1万マイルが無事に加算されれば、カード利用で獲得見込みのマイルと合わせて5万マイルを超えることはできる見込みです。


5万マイル獲得のあとは・・・


アジアマイル5万マイルを貯めた後は、どうすべきかどうか悩んでします。

もちろん貯めた5万マイルは、しっかり利用するつもりですが、その後継続してアジアマイルを貯めるかどうかわかりません。

カップは、もともと陸マイラーになる前は、アジアマイルをメインに貯めていました。香港という街が好きですし、キャセイパシフィック航空が好きだったからです。

でも、陸でマイルを貯める旨みを知ってしまうと、特定の航空会社にこだわるよりも、マイレージ制度をうまく使って旅行することに魅力を感じるようになりました。

マイルの上手な使い方の一つに「選択と集中」という考え方は欠かせません。

現在も複数のマイレージを貯めていますが、アジアマイルまで手を広げることは難しいかもしれません。

アジアマイルについて感じている魅力は、5万マイルで発券できるハノイ往復ビジネスクラスのチケットですが、それ以外にも、アジアマイルの面白い使い方などあれば、考えも変わるでしょうが・・・。

もう少し研究してみようかと思います。