スポンサーリンク

SFC修行かデルタ・ゴールドか悩む女性

ANA陸マイラーの間でSFC修行人気が沸騰寸前です。
まだ、一年の半分も過ぎていませんが、すでに解脱(プラチナ到達!)された方の報告も見受けられます。


ウソだと思う人はブログ村 マイレージをよく見てみましょう(^.^)/~~~


飛行機旅行を多くする方にとって上級会員のステータスが邪魔になることはありません。しかも、プラチナ到達後、スーパーフライヤーズカードを保有すれば、制度改悪がない限り生涯ANA上級会員になることができるのですから。

スポンサーリンク

スーパーフライヤーズカードは両刃の剣!?


しかし、すべての方にとってSFC修行が利益になるわけではありません。カップのように、たまにしか飛行機に乗らない方にとってスーパーフライヤーズカードは負担になることもあります。なぜなら、一番年会費の安いANAスーパーフライヤーズカード(一般カード)でも毎年11,070円の年会費負担がかかるからです。


もしもカップがSFC会員だったら・・・


では、仮にもしカップがSFC会員だったとするならば、過去4年間の旅行でどれくらいベネフィットを享受することができたでしょうか。ちなみにカップの旅の記録は以下の通りです。


  • 2012年秋 オークランド、フィジー、バンコク周遊(NZ,TGビジネスクラス)

  • 2013年春 石垣島(ANA・家族旅行)

  • 2013年夏 北海道(ANA・家族旅行)

  • 2013年秋 ハノイ(CXビジネスクラス)

  • 2013年冬 仕事でJAL国内線

  • 2014年春 宮古島(ANA・家族旅行)

  • 2014年5月 北海道(ANA・単身)

  • 2014年夏 熊本(ANA・家族旅行)

  • 2014年夏 ジャカルタ(JALファーストクラス)

  • 2014年秋 北海道(ANA・単身)

  • 2015年春 沖縄(ANA・家族旅行)

  • 2015年夏 バルセロナ(TG,TK,LHビジネスクラス)

  • 2015年秋 那覇(ANA・単身)

  • 2015年冬 髙雄(LCCピーチ)

  • 2016年1月 シドニー(JALファーストクラス)

  • 2016年春 愛媛(ANA・家族旅行)

  • 2016年春 札幌(ANA・単身)


マイレージのおかげで海外旅行はほとんどビジネスクラス・チケットを発券できていますので、SFCの恩恵に与れる機会は少ないと考えます。あとは、ANAの国内旅行をするときに、ラウンジ利用や手荷物優先を受けられるくらい、SFCといえども大したメリットはないかなとカップは考えていました。

しかし、それは大きな勘違いです。SFC会員になると、特典航空券の予約が格段にしやすくなるのです。マイルは使ってなんぼのものですから、特典航空券を取りやすくなるのなら、陸マイラーとしてもSFC会員のメリットは十分なものであると考えられます。


でもやっぱり高い年会費


でも、先ほどの旅程、海外ビジネスクラスをANAマイレージクラブで発券しているチケットは皆無です。スタアラで発券した海外ビジネスクラス特典航空券はすべてUAマイレージプラス。ちょうど、サーチャージが高騰していた時期ですから、サーチャージ無料のマイレージプラスを重宝していたことが理由です。


SFCにはもちろん興味がありますが、そのステータスを目指さない理由は、それほど頻繁に飛行機旅行をしないのが理由です。カップの場合は、年に3~4回というところ。


修行するならその年は何度も搭乗するのでしょうが、いざステータスを獲得しても、SFC会員の特典を享受できなければ、あまり意味がありません。仮に3年に1回、SFC会員でよかったぁ~思うことがあっても、そのために毎年1万円の年会費を支払う余裕はカップにはありません。いや、仮にあったとしても、SFC修行に必要なコストも勘案するとね・・・。

ということで、マイルdeチケットは、SFC修行ではなく、陸でマイルをしっかり貯めて、年に1,2度ファーストクラス、ビジネスクラスで海外旅行に行くことをコンセプトにしています。


陸マイラーとしての情報を今後も広く発信していければと考えますので、どうぞよろしくお願いいたします。


カードを持つだけでゴールドメダリオンになれるデルタ・ゴールドをANA陸マイラーが持つ理由


上級会員に興味はあるけど、費用対効果であきらめている方におススメなデルタ・ゴールド。


クレジットカードを持つだけでスカイマイルゴールドメダリオンの資格を有することができます。


しかも、この特典は必要な時だけカードを持てばよいのです。


仮にスカイチーム所属の航空会社で旅行をするときのみホルダーになって、旅行が終わってカードを解約しても、次回、再びスカイチーム所属の航空会社で旅行をするときにカードを保有すれば、結局いつでもスカイチームの航空会社に搭乗するときは上級会員になれるということになれます。

修行も不要で、カード申込だけですぐに上級会員になれるのですからお手軽です。


ANAマイラーでも発券できるベトナム航空特典航空券


とはいっても、ANAはスターアライアンスです。スカイチームの上級会員になっても意味がないように思われるかもしれません。でもね、近い将来、大きな意味を持つのです。

その理由は、ベトナム航空と業務・資本提携に関する最終契約書を締結のニュース。

ベトナム航空と業務・資本提携することになり、マイレージ・プログラムの提携も始まります。
実は、2016年冬ダイヤ(10月30日)より、ANAマイレージクラブ(AMC)会員は、ベトナム航空とコードシェアを行う路線におけるマイル積算が可能となる他、マイレージ特典航空券でベトナム航空の全運航便の利用が可能となるのです。


つまり、ANAマイルでベトナム航空券のチケットを発券して、デルタ・ゴールドを持っていると、上級会員として旅行ができということ。


カップは、現在ハノイに行くためにアジアマイルを一所懸命貯めていますが、ひょっとすると、ANAマイルでベトナム航空のチケットを発券するかもしれません。

しかも、あえてエコノミークラスで(^^;。


もちろん、デルタ・ゴールドの特典を満喫するためにですよ。


カップは、今年中にデルタ・ゴールドを申し込む気がしています。もし、カード発券できたら、その時からカップもゴールドメダリオン。修行不要でなれる上級会員は、陸マイラーにはお勧めだと考えます。


◇デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

 カテゴリ