スポンサーリンク

ピーチ・アビエーションのCA

誰が言ったのか花粉終息宣言!

気象予報士の言葉ならよかったかもしれないが、今回のアナウンスはLCCピーチ・アビエーションです。

花粉が終息するからマスクをはずして旅を思い切り楽しみましょうという粋な企画が明日から始まります。

スポンサーリンク

「花粉終息宣言!」セールが始まります!


気になるピーチ航空の花粉終息宣言!の内容は、

販売期間は、明日、2016年4月15日0:00から4月17日23:59までの間です。
この期間に、2016年4月25日〜2016年7月14日までのフライトを予約するとお安くチケットを購入できます。
*搭乗期間は路線によって異なります。

料金の一例を示すと、
●国内線
大阪(関西)−札幌(新千歳) 3,490円〜
大阪(関西)−仙台 2,990円
大阪(関西)−東京(成田) 3,290円
大阪(関西)−松山 1,990円
大阪(関西)−福岡 2,490円〜
大阪(関西)−長崎 2,290円
大阪(関西)−宮崎 2,290円〜
大阪(関西)−鹿児島 2,490円〜
大阪(関西)−沖縄(那覇) 3,990円
福岡−沖縄(那覇) 1,990円〜
東京(成田)−札幌(新千歳) 2,290円〜
東京(成田)−福岡 2,490円〜
東京(成田)−沖縄(那覇) 2,990円〜

●国際線
大阪(関西)−ソウル(仁川) 3,990円
大阪(関西)−釜山 2,990円
沖縄(那覇)−ソウル(仁川) 2,990円
東京(羽田)−ソウル(仁川) 4,290円
大阪(関西)−香港 3,990円
香港−沖縄(那覇) 3,990円
大阪(関西)−台北(桃園) 2,990円〜
大阪(関西)−高雄 2,990円
沖縄(那覇)−台北(桃園) 1,990円〜
東京(羽田)−台北(桃園) 3,990円

カップが気になるのは、やはり、昨年12月に行った大阪―髙雄の路線。

片道2,990円はホント、お得だと思います。

とはいっても自宅から関空が遠いカップは気軽には買えません。

いくら飛行機のチケットを安く変えても関空までの交通費が高くついたら意味ありませんから・・・(^^;

ホントの花粉終了宣言はいつ?


ピーチ航空は花粉終了宣言!と明日よりお得なエアチケットを売り出しますが、花粉は本当に終了するのでしょうか?

アレルギーリサーチセンターというサイトに花粉飛散実況データが掲載されています。

2016年4月14日に更新された都道府県別の飛散実況データは下記のマップのとおり。

花粉飛散実況データ

う~む、花粉終了とは程遠い内容ですね。

でも、ピーチ・アビエーションの花粉終了宣言!は、セール開始は、明日0時(今夜24時)ですが、搭乗期間は、4月25日以降です。

例年、環境省の花粉終了宣言の発表は4月下旬になることが多いので、大きな差異はないかもしれませんよ。

花粉症のあなたも花粉終了を見越して、セール開始からピーチ航空のチケットを購入してみませんか?

花粉症の症状緩和におススメホットシャワー


ところで、花粉症の症状緩和に効果が見込まれる商品はないのでしょうか。

カップは、花粉症ではないと思いますが、鼻炎アレルギーに悩まされています。

実は昨年、行きつけの耳鼻科が閉院してしまって、困っていたのですが、ある商品を購入して鼻炎アレルギーの症状が緩和された気になっています。

その商品とは、こちらです。


43℃、5ミクロンの霧でやさしく温め、潤して、のど・鼻が スッキリ!のどの加湿に。風邪・花粉の季節の新習慣におススメします。

医療機関にあるものではありませんが、家庭内で気軽に使えますし、カップの個人的な感想では、鼻炎アレルギーの症状緩和に効果あり!です。

エーアンドデイ 超音波温熱吸入器ホットシャワー5 UN-135A-JC [UN135AJC]はカップが自信をもっておススメできる商品です。

送料無料で10,000円。購入する価値ありです。

花粉や鼻炎アレルギーに悩んでいる方におススメします。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ