スポンサーリンク

海外での両替の方法に悩む

海外旅行へ行くと避けては通れない両替。

どうせ両替するなら少しでもお得な方法で行いたいですよね?

カップは、今月オーストラリアのシドニーへ遊びに行ってきましたが、現地の通貨は、いつものように空港のATMで105BESTIO!で海外キャッシングしました。

また、今回は、同日に海外利用で100円につき3マイル貯められるマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAも利用しましたので、レートなどを参考に記録しておきます。

スポンサーリンク

両替するならどこが正解?


海外旅行時に現地通貨を用意する方法はいろいろありますが、誰でも思いつく代表的な方法と言えば、

  • 日本の銀行で両替

  • 現地の銀行で両替

  • クレジットカードで現地のATMで海外キャッシング

  • クレジットカードでショッピング

といったものがありますよね。

他にもFX業者を利用したり、カジノで両替する方法などあるかもしれませんが実践していませんので今回は検証しません。

というか今回の検証は、比較的お得と言われているクレジットカードを利用した海外キャッシングとショッピングの比較のみです。

仮に銀行で両替をするとすると、カップの感覚では、日本で両替するよりも現地の銀行で両替した方がお得と思っていましたが、調べてみると欧米では、むしろ日本で両替をした方がお得らしいです。

タイやシンガポールなどであれば、現地で両替をした方がお得なのに面白いですね。

しかし、いずれにしても銀行での両替は損です。

海外旅行に行くときは、銀行での両替は必要最小限に留めてクレジットカードを活用しましょうね。

それでは以下、カップの両替実践例です。

シドニー・キングスフォード・スミス国際空港 のATMで海外キャッシング


JAL機でシドニー・キングスフォード・スミス国際空港に到着した時刻は午前7時前だったでしょうか。

入国手続きで少し手間取ってしまいましたが、まずは、ATMを探します。

ATMはすぐに見つけることができました。しかもラッキーなことに誰も並んでいません。

でも、すぐとなりにある両替窓口には数人が並んでいましたよ。

ATMによる海外キャッシングは両替レートが良いだけでなく、待たされることも少なく便利だとカップは考えます。

唯一の欠点はATMにもよるのでしょうが、小額紙幣に両替することができないことが多いということです。

今回利用したATMも100AUD単位でしかキャッシングできなかったと記憶しています。

カップは、とりあえず300AUDのキャッシングを行いました。

ATMの画面には、「ATM利用料3AUD必要です。」というメッセージが出てきましたが、手数料がもったいないからやめるというわけにもいきませんのでそのまま借り入れ手続きを進めます。

すると、50豪ドル札6枚がATMから出てきました。

帰国後、いつものように105BESTIOカードに電話して、即日返済しました。

キャッシングしたときから6日後のことでした。

利用明細には、

現地通貨 300.00AUD 換算レート86.374円

支払額は、利用額25,912円と利息38円の合計25,950円と記載されています。

利息の計算は、25,912円×9%×6日/366日≒38円といったところでしょうか。

今回は、クレジットカードのショッピング利用のレートと比較するため、利息も含めた換算レートを以下の通り求めます。

25,950÷300≒86.5

海外キャッシングにおける両替レート86.5

なお、ATMの画面に表示された3AUDの手数料を請求されることはありませんでした。

シドニー・キングスフォード・スミス国際空港 エアポートリンク駅で50AUDカード利用


さて、空港での両替を終えたカップは、次に街に向かうため、エアポートリンクの駅に降りていきました。

窓口で電車・バス・フェリーに利用できるOPALカードなるものを購入します。

デポジットする金額は自由?なのでしょうか。

「いくらですか?」と聞くと、

「いくら入れるの?」と逆質問されました。

「とりあえず50AUD」と言ってクレジットカードで決済しました。

カードのウェブ明細でそのときのレートを見ると、

4,344円 50.00オ-ストラリア 86.880

と記載されています。

VISAカードの為替レートは、1.6%ほどと考えていましたので、キャッシング時のレートと0.5円程度しか違いがないのは驚きでした。

もちろん同じ日と言っても、キャッシング利用とショッピング利用という違いがありますし、別のカードを利用していますので、為替レートの決定における条件は異なります。

また、為替レートも円高に大きく動いている時期でしたから、どちらが得かという検証をするには条件が悪かったのかもしれません。

しかし、今回の結果だけみれば、

海外キャッシングでの換算レート 1AUD=86.5
ショッピング利用の換算レート 1AUD=86.88

とたったの0.33ポイントの違いとなりました。

レートだけ見れば、海外キャッシングの方が一見お得に思えますが、ショッピング利用では、カード利用によるマイル加算があります。

今回利用したカードは海外利用100円につき3マイル貯まる楽PAY登録のマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAでしたから、海外キャッシングよりもクレジットカードのショッピング利用の方がお得という結果になりました。

カップにとっては意外な結果です。

まとめ


2016年1月におけるシドニーで50AUD利用すると、

海外キャッシングでのコスト 50×86.5=4,325円
カードショッピングのコスト 50×86.88=4,344円

クレジットカードのショッピング利用の方が、19円高いですが、カード利用によりUAマイレージプラスを3マイル×43=129マイル獲得できます。

陸マイラーのカップとしては、UAマイレージプラス129マイル>19円という価値観なので、クレジットカードのショッピング利用の方が海外キャッシングよりもお得だったとまとめます。