スポンサーリンク

さて、どうしたものか

楽天銀行のハッピープログラムってご存知ですか?
楽天銀行のサービスを利用状況によってステージが決定し、それに応じた特典を受けられるのですが、11月1日から楽天銀行ハッピープログラムがリニューアルしています。
本日は、楽天銀行ハッピープログラムの変更についてのメリット・デメリットを検証します。

スポンサーリンク

楽天銀行会員ステージ判定方法の変更


ハッピープログラムには、5つの会員ステージがあります。
ベーシック(旧ビギナー)、アドバンスト(旧スタンダード)、 プレミアム、VIP、スーパーVIPの5つです。

呼び方が変わったステージもありますが、今回の変更で、毎月のステージの判定方法が変わりました。

ステージの判定は、下記2つの方法で行い、有利なステージで決定されます。

前々月26日から前月25日までの取引回数


会員ステージ判定は、これまでは、過去3カ月の利用状況から楽天銀行所定の方法で算出した取引レベルで行われていました。

取引レベルの算出方法はウェブ上でも明示されていましたが、毎月計算しようとするとちょっと面倒な方法でしたし、項目が多すぎて正直分かりにくかったと思います。

しかし、11月以降は、分かりやすく過去1カ月間(前々月26日から前月25日まで)の取引回数によって判定するようになりました。

どちらの方法がより有利なのかは顧客の利用状況によって変わるでしょうが、分かりやすさは格段にアップしたと考えます。

前月25日時点における資産残高


上記取引回数のほか、前月25日時点における資産残高によってもステージ判定なされます。

それぞれの方法で判定されるステージが異なるときは、もちろん、顧客にとって有利なステージに決定されます。

会員ステージの判定


新しい会員ステージの判定は下記の基準で毎月行われます。
  1. スーパーVIP 資産残高300万円以上または取引回数30件以上

  2. VIP 資産残高100万円以上または取引回数20件以上

  3. プレミアム 資産残高50万円以上または取引回数10件以上

  4. アドバンスト 資産残高10万円以上または取引回数5件以上

  5. ベーシック 条件なし(上記4ステージ以外の会員)

※ローン残高あり(引き落とし口座が楽天銀行であることが必要)で、会員ステージが1ステージアップ

楽天銀行会員ステージに応じて振込手数料無料特典を付与


今回のリニューアルの一番の目玉は、、振込手数料無料特典の誕生です。
前述した会員ステージによって、毎月最高3回までの振込手数料が無料となります。

これまでの「給与/賞与/年金受取で月3回無料」の会員特典も継続しますが、会員ステージによる無料回数と比較して多い方の回数が無料となります。

毎月3回の振込手数料無料を目的に給与受取等を行っていた方は、預金100万円を楽天銀行に入金しておけば、給与等の受取口座を変更してもいいかもしれませんね。

取引件数に応じて楽天スーパーポイントをプレゼント


楽天銀行ハッピープログラムは、カップにとっては楽天スーパーポイント獲得の手段という意味合いが強いです。

リニューアル後は、下記取引件数に応じてポイントを獲得できます。
他行口座からの振込、給与⁄賞与⁄年金(国庫金)の受取、他行口座への振込(注2)、口座振替(自動引落)、ゆうちょ銀行本人名義口座への振込、Pay-easy での支払、即時入金サービス、海外送金、宝くじの購入、公営競技投票サービスへの入金(JRA、ボートレース、楽天競馬など)、楽天バンク決済、楽天銀行法人口座からの振込入金、楽天証券の利用(注3)、ATM入金(注2)、ATM出金(注2)、デビットカードのお取引(注4)
(注2)手数料有料分が対象となります。
(注3)現行の「1レベル」が「取引件数1件」となります。
(注4)デビットカードのお取引はお取引件数の対象には含まれません。
楽天スーパーポイント付与のサービスの改悪がなければ、大きな問題はないと考えていました・・・

ハッピープログラム大改悪、11月の楽天スーパーポイント付与はまさかの0ポイント


さすが、楽天。油断も隙もあったもんじゃありません。

完全にやられました(T_T)

実は、従来のハッピープログラムでは、毎月8日、18日、28日の3回、楽天スーパーポイントが付与されていました。

しかし、11月1日のリニューアルでポイント付与日は毎月2日に一括付与となります。

ということは、11月2日に10月分の利用件数に応じて付与されるのかといえば・・・

”否” です。

楽天銀行ハッピープログラムによる楽天スーパーポイントの付与は、今月は0ポイントです。

10月中の利用分については、10月8日、18日、28日に行われているので当たり前といえば、当たり前なのですが、ここで大きな問題が生じます。

楽天ダイヤモンドランク維持のための条件


それは、楽天ポイントクラブにおける楽天ダイヤモンドランク維持のための条件です。

楽天ポイントクラブでは、過去6ヶ月間の獲得ポイント4,000pt、かつ、獲得回数30回、かつ、楽天カード保有でダイヤモンドステータスを維持することができます。

このうち、2番目の条件である獲得回数30回をカップは楽天銀行ハッピープログラムに頼って稼いでいました。

過去6ヶ月間で30回の回数を効率よく稼ぐには、毎月5回程度ポイント獲得をすることがよいと考えていましたので、今月ハッピープログラムからの付与が0回というのは、正直残念です。

来月すぐにダイヤモンド会員から陥落するということではありませんが、会員ランクを維持するための手間と受け取れるメリットを考え直さないといけないかもしれませんね。