スポンサーリンク

ワイン

アメリカンエキスプレスカードの利用額を稼ぐ裏技? では、220円のコストでカード利用額1万円増やすことができる裏技をお知らせしました。

すでに、裏技は封じられていると思いますが、すべての券売機で封じられたかどうかはまでは検証していません。

もし、この裏技でカップが入会したアメックスゴールドの入会キャンペーンをクリアしようとすると、必要なカード利用額40万円について必要なコストは、

220円×40回≒8,800円 

ということになります。

スポンサーリンク

8,800円で得られるメリット


8,800円でカードの入会キャンペーン条件をクリアするとどうなるのでしょう?

得られる利益はアマゾンギフト券2万円分とアメックスメンバーズリワード4万ポイント。

メンバーズリワード4万ポイントは、年間3,240円のコストが必要ですがメンバーズリワードプラスの登録で15の航空会社のマイレージプログラム4万マイルに移行することができます。

アマゾンギフト券2万円分と4万マイルを8,800円のコストで得られるのなら安いものと言えるでしょう。

カード規約と法令に違反する恐れがあります


しかし、昨日も申し上げましたが、この方法は、クレジットカードショッピング枠の現金化であり、カード規約に反する恐れがあります。

また、最初から利用する目的でなく定期券を購入し、払い戻すという行為は、業務妨害罪に該当する恐れもあります。

刑法233条は、「虚偽の風説を流布し,又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。」と規定しています。

裏モノお得技ベストセレクション 〔2015〕では、完全合法と書いてありますが、


実際、JR東日本に業務妨害罪で訴えられたときに、本に書いてあるから違法性はないと思ったと言い訳しても、たぶん通用しませんので、例え払戻できる自販機を見つけても実践するのはやめておくことが賢明です。

まあ、1回やったから訴えられるかはわかりませんけど、40回は危険です。

キャンペーン期間内の利用額を増やすために6カ月通勤定期券を購入するのは賢明


とはいっても、6カ月通勤定期券等を日常使っている方にとって、定期券の更新時期に合わせて新しいクレジットカードに入会することは賢明です。

カップも9月末に定期券を購入する予定がありますので、今回アメリカンエキスプレスカードに入会しました。

6か月分の交通費を一度に支払いができる貴重な機会ですので、今後も、定期券の購入時期に合わせてクレジットカードの入会キャンペーンを研究しようと考えています。

※鉄道会社によってクレジットカードでの定期券購入ができない場合もあります。あらかじめご確認ください。

クレジットカードの利用額を増やす完全合法な裏技


Suica定期券をつかったクレジットカードの利用額を増やす裏技の実践は難しいですが、クレジットカード利用額を増やすのに、現在、完全合法な裏技があります。

それは、ふるさと納税です。

勤め人にとって給与収入に対する住民税の支払いは、カード払いできませんよね?

でも、ふるさと納税を利用すれば、一定の額まで、カード払いすることができます。

ふるさと納税といえば、実質2千円の負担で高価な特産品等を獲得できる制度というのが一般的な認識です。(ん?そもそもこの時点で間違っているかも。ふるさと納税とは、個人住民税の一部を、納税者が選択する自治体に納税できる寄付制度でしたね(^^ゞ)

しかし、勤め人のカップとしては、ふるさと納税とは2千円のコストで住民税の一部をクレジットカード払いできる制度という認識です。

それも、一度にまとめて好きなタイミングというおまけつき♪

つまり陸マイラーは、ふるさと納税をクレジットカードの入会キャンペーンに利用するのが賢明なのです。


アメリカンエキスプレスカードに入会したカップももちろん今回ふるさと納税を利用しました。

カップがふるさと納税を2千円のコストで行うことができる金額は大体12万円のはずです。

でも、年末までにいくらの収入があるかは確定しませんので、とりあえず今回は固く10万円の納税を行いました。

税金の前払いという点では期限の利益を放棄していることにもなりますし、実質2千円のコストも必要なのですが、そこは、特産品をもらうメリットで相殺です。

ちなみに今回カップが10万円の支払いでもらう予定のお礼の品とは、



シチズン クロスシー CITIZEN XC EC1034-59W エコドライブ 電波時計 電波 ソーラー レディース ...

今月誕生日を迎えたカップから、妻へのプレゼント。

なんだか逆ですが、気にしません。

カップは、最近、妻がイオンのダイレクトメールで電波ソーラー腕時計をチェックしていたことを知っているのです。

プレゼントを実質2千円で済ますなんて!と女性の読者さまからはお叱りを受けそうですが、我が家的にはOKなはず(たぶん・・・)

いずれにしても、ふるさと納税はクレジットカードの入会キャンペーンのタイミングで行うのがお得なのは間違いありませんので、皆さまも参考にしてくださいね。