スポンサーリンク

ソラチカカードANA To Me CARD PASMO JCB、通称ソラチカカード。

皆さんもお持ちのカードの一つだと思います。

もちろんカップも持っていますよ。

空でも陸(地下?)でもマイルを貯められるこのカードですが、一番の特徴は、東京メトロポイントからANAマイレージへのポイント交換におけるレートです。

スポンサーリンク

交換レートが通常の1.5倍!まさに錬金術!


通常、メトロポイントからANAマイレージにポイント交換すると、どのようなレートが適用されるのでしょう。

こんなとき便利なのがポイ探です。

メトロトポイント20,000ポイントをANAマイレージに交換してみると、

メトロポイントをANAマイルに交換①

の通り、12,000マイルとなります。

マイル単価を1.5円で計算しますと20,000円分のポイントが18,000円分となりちょっと損した気持ちになりますね。

もちろん1マイルあたりの価値は1.5円と固定されるものではありません。

マイルの利用の仕方によっては、4~5円にすることも可能なわけですから、この交換レートでも損と言うわけではないのですが・・・。

しかし、上図の下の方にある「オプション」の「ANA関連カード」を適正に設定すると、

メトロポイントをANAマイルに交換②

なんと、同じ交換なのに先ほどの1.5倍の18,000マイルとなっています。

1マイル1.5円で考えても20,000円分のポイントが27,000円分のマイルに交換できるのですから嬉しいですよね。

ソラチカカードを持っているか否かで決まる交換レート。

まさに現代の錬金術!ANA陸マイラーのあなたには欠かせない一枚です。

ソラチカカードをこれから申し込む人におススメなポイントタウン


マイルdeチケットに最近訪れるようになられた読者様もいらっしゃると思います。

ソラチカカードをこれから申し込もうという方におススメなポイントサイトを紹介しますね。

その名は、ポイントタウンです。

最近当ブログでは、ハピタスやライフマイルを積極的に紹介していますが、今、ソラチカカードを申し込むのならポイントタウンの還元率がすごいことになっています。

なんと、初年度年会費無料のソラチカカード発行だけで、184,000ポイントを獲得することができるのです。

ポイントタウンで184,000pt獲得

18万4千ポイントといっても、20ポイントで1円分のポイントなので9,200円分のポイントです。

現在ハピタスでの還元額が6,500円分のポイントですから、比べるとすごいことが良く分かりますよね。

ポイントサイトの還元額は、その都度変わりますので、常にどこのポイントサイトが一番還元率が高いということではありません。

でも、いまソラチカカードを申し込むなら、ポイントタウン。おススメです。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ソラチカカードを使ったANAマイレージへの交換ルート


さて、すでにご存知の方が多いかもしれませんが、ソラチカカードを使った交換ルートについて復習してみましょう。

ANA陸マイラーのあなたなら最終的にANAマイレージに交換しますよね。

ということで逆引きで解説します。

ANAマイル
   ↑
東京メトロポイント
   ↑
  PeX
   ↑
ハピタスポイントタウンモッピーなど

まずは、各ポイントサイトのポイントをPeXポイントに集約し、そして、東京メトロポイントに交換するのです。

ところで、東京メトロポイントには、Gポイントやネットマイルからも交換できます。

Gポイントはライフカードや三井住友カードなどクレジットカードのポイントを集約するのに便利ですから覚えておくとよいでしょう。

でも、大量に東京メトロポイントを貯めたいのなら、やはり、ポイントサイトを活用することが賢明です。

ANA陸マイラーなら、第一に、ポイントサイトのポイントを大量獲得することを目指します。

そして、次に、PeXポイントに集約したうえで、東京メトロポイント経由でANAマイレージに交換するのです。

注意するところは2つあります。

1つは、PeXから東京メトロポイントに移行するときにPeXポイント500pt(50円分のポイント)を必要とするところ。

もう1つは、東京メトロポイントからANAマイルへの交換は、一月に20,000ポイントを上限とするところ。

この効率のよい交換ルートでは、一月にANA18,000マイルという上限があるのです。

とは言っても、やっぱり、お得なソラチカルート。

ANA陸マイラーとなるあなたには必要なカードです。

ポイントタウンの184,000ポイント獲得キャンペーンは4月30日までなのでお早めにお申し込みください。

ポイントタウンは予告なしにキャンペーンの早期終了をすることもありますのでご注意ください。
 カテゴリ