スポンサーリンク

JALキャビンアテンダント昨年9月にJALのファーストクラスに乗りました。
ジャカルタからの帰国便でCAさんと少しお話することができましたのでレポートします。



スポンサーリンク

カップは、以前、片道のみビジネスクラスの特典航空券をとるなら地球の自転に逆らって飛ぶ東周りがおススメです という記事を書きました。

カップは、身体に負担がかかりやすい東周りの便こそ、上級クラスに搭乗するとお得感があると考えていました。

しかし、読者様からは、偏西風の影響を考えれば、搭乗時間が長くなる西行きの便がお得と言ったご意見や、寝ているだけになりがな夜行便はもったいないと言ったご意見をいただきました。

また、例えばJALであれば、出発の成田でラウンジも堪能できるから、往路便がお得感あると言ったご意見も頂きました。

カップは、身体への負担を論点にあげましたが、人それぞれ重要視するポイントがあるのだなと勉強になりました。

旅行中には、特にどちらがお得という概念はありませんがでしたが、働かれている方の視点からの考えも聞いてみたくて、少しCAさんとお話させていただきました。

ちなみにCA(cabin attendant)は、和製英語で、日本人以外には通じにくいようです。
(一般的には、CC(cabin creaw)またはFA(flight attendant)と呼びます。)

まあ、でも、カップは、いつもCAと読んでいますので、当ブログではCAと書かせていただきます。

外国語、苦手ですし・・・(^^ゞ

話はそれましたが、カップがお話したCAさんは、ナイトフライトの方がお気に入りとのことでした。

やはり、昼間のフライトはずっと忙しい時間が続くので大変だということです。

夜行便の方が、就寝される客が多いので、少し余裕があり、お客様とお話することもできると言ってました。

そういえば、カップがお話しできた時間も就寝するためのベッドをつくってくださったときでした。

もし、上級クラスの搭乗でCAのサービスを重要視される方なら、サービス提供時間の多い昼間のフライトを選ぶと良いのかもしれません。

でも、いつも逆の見方をしてしまうカップは、サービスの提供時間の少ないナイトフライトの方が定型化されているサービス以外のサービスがあるのかなと考えてしまいました。

CAさんとお話できる時間も長そうですしね。

直接どちらがお得と聞いたわけではありませんけど、ご参考までに。

スポンサーリンク



飛行機旅行格安・身近に|ハピタスからのソラチカルートでライフチェンジング

4月は札幌に遊びに行きました。学生時代の友人に会って、飲むだけのために・・・。そして5月は沖縄に遊びに行きます。主たる目的は日頃の仕事のストレスから解放されて、リゾート気分を味わうこと。友人と二人で行きますのでいつもの節約旅行ではありません。マリオットオキナワリゾート&スパとダブルツリーヒルトンに宿泊して全力でリラックスすることを目的としています。一介のサラリーマンが毎月のように旅行しているのって...

初心者だからできるANAマイル錬金術で国際線ビジネスクラスに乗る方法

ANAマイレージクラブで国際線ビジネスクラスに搭乗するには何マイル必要でしょうか。 直行便で考えると、 東南アジアなら55,000マイル~63,000マイル 北米なら75,000マイル~90,000マイル 欧州なら80,000マイル~95,000マイル シーズンによって必要マイル数が異なります。 でも、とりあえず10万マイルあれば、好きなところに行けると思いませんか? 本日は、初心に...

 カテゴリ
 タグ
JAL CA