てるみくらぶ

旅行会社「てるみくらぶ」が昨日、事業継続を断念し、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けたと明らかにしました。

2015年春ごろから経営悪化し、先週24日(金)に航空券の発券に必要となる国際航空運送協会(IATA)への支払い4億円を用意できず、破産申請に至りました。経営悪化の一因は新聞広告の媒体コストということです。

負債額151億円のうち、一般旅行者への債務は約100億円。債権者になる顧客に補償があるのか気になるところではあります。

» 記事の続きを読む