スポンサーリンク

こんばんは。
今夜は、昨日お話したGポイントとANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)を利用したクレジットカードについてまとめてみます。
その内容とは、

スポンサーリンク

ANAマイラーが持つべきGポイント提携カード5選


Gポイントと提携しているクレジットカードのポイント交換についてのまとめです。

昨夜お話したとおり、Gポイントから東京メトロポイントへの等価交換が2月12日(火)から始まります。
このポイント交換のルートが開通すると、ANA陸マイラーにとって下記のクレジットカードの価値が上がります。
ただし、ソラチカカードホルダー限定ですので、まだ持っていない人は是非この機会に申し込んでみましょう。
年会費は2,100円ですが、初年度は無料です。
下記のクレジットカードで貯まるポイントをGポイント、東京メトロポイントを経由してANAマイレージに交換すると1,000円利用で次のマイルが貯まります。

(1) JACCSエクストリームカード ANA13.5マイル
年会費初年度無料。次年度以降も、前年カードショッピング30万円以上利用にて、本人会員・家族会員の次年度も年会費無料。30万円未満の場合、次年度の本人会員年会費(税込)3,150円・家族会員年会費(税込)420円かかります。 

(2) ライフカード ANA4.5マイル(誕生月は22.5マイル、その他の月も前年度利用額によって最高9マイル)
年会費永年無料。

(3) ANA VISA suicaカード 基本ANA10マイルだが裏技利用でANA14.455マイル(10マイルコース利用時)
年会費ANA VISA suicaカード初年度無料、次年度以降2,100円。ただしマイペイすリボ登録&年一回以上利用で788円。10マイルコースは年会費の他に6,300円の交換手数料がかかります。交換手数料は2年に1回の支払いでも可能です。
このカード、カップも持っていますが10マイルコースの交換手数料が高いので、5マイルコースで利用しています。
毎年更新月にANA1,000マイルがプレゼントされるので、実質788円の年会費で1,000マイル購入しているようなものです。

(4) エブリプラス ANA4.455マイル、裏技利用でANA13.365マイル
年会費永年無料。

(5) 夢なびカード  ANA4.455マイル(公共料金ならANA22.275マイル)、裏技利用で更に4.455マイル
年会費初年度無料、次年度以降も前年度利用実績が1回でもあれば無料。 利用が無い場合、本会員は1,312円、家族会員は420円。

※(3)~(5)の裏技とはマイペイすリボの裏技です。

並べてみると年会費実質無料高還元のエクストリームカードがお得と結ぶつもりでしたが、夢なびカードがすごいです。

年会費実質永年無料で公共料金だけ払ってれば1,000円ごとにANA22.275マイル、マイペイすリボの裏技を使えば、なんと1,000円ごとに26.73マイル貯まります。
ライフカードの誕生月を超えたこのカード、一考の価値ありです。

更に、夢なびカードは、年間50万円利用で500P、100万円利用で1000Pのプレゼントがあります。

一年間に公共料金24万円、その他76万円を利用してマイペイすリボの裏技を使うと
公共料金24万円で1,200P、その他76万円で760P、マイペイすリボの裏技で1,000P、50万円利用ボーナス500P、100万円利用ボーナス1,000Pの合計4,460Pです。
Gポイント、東京メトロポイント経由でANAマイレージに交換すると驚きの19,869.3マイル。

夢なびカードってこんなにすごかったんだ。これはお得です。

もっと気軽に裏技なしの公共料金利用だけでも1,000円でANA22.275マイルなので、公共料金24万円でANA5,346マイル、十分お得ですね。

皆さんも現在のクレジットカードをもう一度見直してみたらどうでしょう。

2017年6月現在生き残っているカード


この記事を書いたときは夢なびカードを勧めていましたがその還元率も今は昔。


お得すぎるクレジットカードは改悪される運命ですね。


2017年6月現在、上記5選のうち、変わらない還元率を維持しているのはエクストリームカードとエブリプラスのみです。


といってもエクストリームカードはすでに新規募集は終了(2017年5月)していますし、既存のホルダーに対しても今後、リーダーズカードへの強制切替という措置が待っています。


となると、2017年6月現在、残っているのはエブリプラスのみです。年会費無料で持てるエブリプラスについては下記の記事も参考にしてください。