スポンサーリンク

キャンペーンの内容に驚く男性

毎年恒例のポンタからJALマイルへの交換レート20%アップキャンペーン。

今年はないな、リクルートポイントとの連携問題でなくなったのかなと思っていましたが、約1年2か月ぶりに開催されていました。

やっぱり毎年あるんだと、安心したカップです。

スポンサーリンク

Pontaポイントからマイル交換レート20%アップキャンペーン


まずは、内容について確認します。

レートアップキャンペーン期間


2016年9月15日(木)から2016年11月20日(水)交換まで

約2週間前から始まっていました。dポイント25%レートアップが先月から開催されていますが、その影響でしょうか。

何はともあれ、やれやれの心境です。

キャンペーン対象者


JMB日本地区会員で、JMB×Ponta会員登録または、JMBローソンPontaカードVisaをお持ちの方

別にJMBローソンPontaカードVisaがなくても、JMB日本地区会員でPonta会員であれば、JMB×Ponta会員登録すれば、キャンペーン対象者になります。

カップもJMBローソンPontaカードVisaは持っていませんが、昨年20%レートアップキャンペーンに参加できました。

JMB日本地区会員の方は、とりあえず登録しておくとよいのではないでしょうか。

今ならJMB×Ponta会員登録だけで50Pontaもらえるキャンペーンも開催しています。

キャンペーン利用条件およびマイル積算時期


利用条件は、上記キャンペーン対象者のとおり。もちろん、交換申込の時期だけでなく、レートアップ分のマイルを積算される時点でJMB×Ponta会員またはJMBローソンPontaカードVisaのいずれかを退会している場合は、対象外になります。

念のため、交換レートアップ20%分は、交換月の翌月末頃までに積算予定です。
1マイル以下の端数は切り捨てになります。

ポンタからマイル交換レート20%レートアップキャンペーン

20%レートアップキャンペーンはお得なのか


さて、今回のポンタからJALマイルへの20%レートアップキャンペーンですが、カップは見送ります。

その理由は、昨年、20%レートアップキャンペーン終了後にJALカード会員に対して30%レートアップキャンペーンが開催されたからです。





ポンタからJALマイルへの30%レートアップキャンペーンが再び行われるかどうかは分かりませんが、JALマイルをすぐ使うという予定もありませんから、少し様子を見てみます。

もう一つの理由は、先月から開催されているdポイント移行25%レートアップキャンペーンで結構頑張ったからです。



dポイント→JALマイルへの交換が問題なくできるかという懸念(※)はありますが、とりあえずJALマイルの原資かなと考えています。

※dポイント→JALマイルの交換はドコモ回線を有していることが条件ですが、現在カップはドコモ回線を利用していません。
 また、現在のところ交換期間は2017年3月31日までとなっています。来年度延長されるという保証はありません。


ANAに比べると陸で貯めるのは苦労するJALマイルですが、今年1月に搭乗したシドニー往復ファーストクラスに大満足でしたから、機を見て一気に貯めたいと考えます。


 カテゴリ
 タグ