スポンサーリンク

もうすぐ選挙!

突然の解散による衆院選のため準備不足だった政治家の皆さまもいるようです。

本日は、出馬断念した減税日本代表の河村たかし氏が市長を務める名古屋市でのお得情報です。

その内容とは、

スポンサーリンク

以前、国際学生証(ISICカード)でお得 という情報提供をしましたが、いかがだったでしょうか?

10年という期間で見れば得をするかもしれないけど、どうせなら一年目からお得な実感を得たいと思われた方も多かったと思います。

本日は、名古屋で働かれている勤め人の皆さまへ追加の情報提供をいたします。

現在の市長が行った施策の一つに名古屋市交通局の「学生定期券」というものがあります。

通常の学割定期券ですと、利用目的が通学でないといけないので、放送大学のような通信制の大学では購入できません。

しかし、名古屋市交通局なら学生なら通学目的に限らず、市バス地下鉄の定期券が学割料金で購入することができます。

これってどれくらいお得なの?

例えば、名古屋で地下鉄片道11~15キロの通勤される方の定期券料金は、通常6ヶ月間で58,270円です。

実際に上記の定期券を利用して、勤務先から通勤手当をもらっている方多いのではないでしょうか?

しかし、名古屋の地下鉄は、学生証があれば、通学目的でなくても上記定期券がたったの31,970円で購入することができます。

その差額、26,300円、年間ベースで52,600円お得になります。

放送大学の初年度の最低コストが33,000円ですので充分元をとることができますね。

初年度は入学金が必要なので、33,000円かかりますが、その後は受講科目を減らすことで2年で11,000円のコストですんでしまいます。

通勤に名古屋の市バス・地下鉄を利用されている方、検討する価値は十分あるのではないでしょうか?

そして、海外旅行好きのあなたなら是非ついでに国際学生証(ISICカード)も取得して、お得な旅行を満喫してください。

なお、企業によっては、学生定期券で通勤される方には、相当分しか通勤手当が支給されないこともあると思います。ご利用は自己責任でお願いします。