スポンサーリンク

台風21号の影響

今日から1泊2日で週末沖縄へ出かける予定のカップでしたが、明日の帰路便についての台風の影響を心配して本日キャンセルしました。

チケットはUAマイレージプラスで取得したモノですが、ユナイテッド航空へ電話すると出発日当日のキャンセルにもかかわらず快く応じていただけました。

UAマイレージプラスでANA国内線を予約した時は、ANAのサイトでアナウンスされた台風による影響が予想される空港を利用するチケットであれば無料でキャンセルできますので、ここで実践例として報告させていただきます。

航空券のキャンセルは生まれて初めてのカップですので、本日調べたことをメモしておきますから参考にしてください。

スポンサーリンク

UAマイレージプラスで予約したANA国内線のキャンセルについて


ユナイテッド航空のサイトにある通り、特典航空券をキャンセルしてマイルを口座に戻す場合は、「航空券の最初の発行日から1年以内に旅行またはマイレージプラス・アップグレード特典をキャンセルし、マイルを再加算する手数料」に当たり、ユナイテッド航空の上級会員でなければ200ドルのコストが必要です。

ANA国内線は片道5,000マイルか8,000マイルですから片道発券の場合は、払戻手続きを取らずに放置した方が賢明だと考えます。

往復チケットだと10,000マイルか16,000マイルとなりますので、200ドルでそのマイル数を購入することのコストとメリットを比較考量しないといけませんね。

現在のカップは、マイレージプラスはマイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAのおかげでじゃんじゃん貯められますが、その前提がなければ、200ドル払ってでもマイルを取り戻すかもしれません。

ただし、今回のカップのように、ANAの公式サイトで台風の影響が見込まれる空港とアナウンスされた空港を利用する特典航空券の場合は、無料でキャンセルできます。

欠航が決定されなくても、台風の影響が予測される空港とアナウンスされた空港を利用する特典航空券であればOKですので覚えておきましょう。

カップは、電話でキャンセルしましたが、電話の受付時間でもつながりにくい時もありますから注意してください。

電話がつながらなければキャンセルできませんからね。

実は、カップのチケットは、いわゆるUAマイレージプラス面白ルート。

羽田→福岡→沖縄→静岡といった具合です。

本日、沖縄に20時頃到着して、明日の13時半頃の便で静岡に向かう5,000マイルで周遊できるものでした。

カップとしては、本日、札幌に向かって、明日に静岡に戻ってくる便に変更できたらと思って電話しましたが、オペレータさんの説明では、本日26日は、到着する那覇空港も台風の影響が予測されるとANAによってアナウンスされていないのでそれはムリですと断られてしまいました。

オペレータさんの説明を反対解釈すれば、本日26日も福岡か那覇空港が台風の影響を見込まれるとアナウンスされていたら、羽田→札幌→静岡のルート変更は可能のように思えますが、実際のところはどうなのでしょうか。

とても興味がありましたが、すでに、那覇経由の静岡往きのルートについてあきれられているような気がしましたので恥ずかしくて聞くことはできませんでした。

別に現在のルールを確認したところで将来変わらないという保証もありませんので、深く踏み込んで質問することはやめました。

カップと同じように、キャンセルの電話をかけて応答待ちしている方もいらっしゃるかもしれませんし、問い合わせは早めに切り上げるべきだと考えたからです。

ANAマイレージクラブ特典航空券で往復チケットを予約していた場合


UAマイレージプラスの片道発券の説明だけだと、それでは、ANAマイレージクラブで本日沖縄へ到着し、明日沖縄から帰ってくる往復の特典航空券を取得していた場合はどうなるのかと気になった方もいらっしゃるかもしれません。

これについては、明快で、例え、往路が台風の影響が予測されるとアナウンスされていなくても、往復チケットともに無料でキャンセルしてマイルの払い戻しを受けることができます。

現在、ANAマイレージクラブも片道発券が往復特典航空券の半分のマイル数で行うことができますが、特に片道発券する理由がなければ、やはり基本通り往復でチケットを取っておいた方が賢いですね。

ANAスカイツアーズ マイホリデーの場合は要注意


先に述べましたが台風で旅行をキャンセルすることはカップにとっては初めての経験です。

今回の土日一泊二日の週末旅行のように、月曜日、会社を休むことを想定していない旅程の場合、突然、沖縄で欠航が決まっては職場への言い訳ができません。

台風21号は、現在、沖縄本島には直撃しないように進路が予測されています。

実際、カップは、今回の旅行はキャンセルしなくても明日無事に静岡に戻ってこれたと考えています。

でも、やっぱり突然台風の速度があがって、現在の予想ルートよりやや北側へ進むようになれば、欠航の可能性は免れません。

明日の午後、若しくは月曜の朝に、職場へ「今、沖縄にいるのですが飛行機が欠航になりましたので、月曜日は休みます。火曜日も出勤できるかわかりません。」とは連絡しにくいですよね。

事故や病気などで、休みをとることを否定するわけではありませんが、「今、沖縄にいるのですが・・・」と理由を述べるのは、カップにとっては苦痛です。

昨日、金曜日の時点で台風が発生していることは分かっていたのに、それでも沖縄に行くと判断することは、やはりリスク管理の面で甘い人間だと評価されますから。

また、夏休みの家族旅行などで、従前より家族が楽しみにしていたのでキャンセルする決断ができなかったとかなら、まだ立つ瀬があるのですが、一人旅ではね・・・。

今回は、航空券及びホテルを無料でキャンセルできたので、旅行はやめました。

しかし、もし、ツアーで同じような日程を取っていたらどうなったのでしょうか。

ANAの公式ページでは、例えば、旅作、ANAスカイホリデー、WEB限定ツアーなどでの予約だった場合は、「出発前で、且つ、「運航状況を確認」 または「運航に影響が予測される空港を確認」に利用の便が登録されていた場合には、取消料なしにてご旅行の解約が可能となります」とアナウンスされています。

しかし、例えば、ANAスカイツアーズの場合ですと、「前日までに搭乗予定便の【欠航が決定している】場合」は、無料でキャンセルできますが、そうでないと、

 (2)前日までに搭乗予定便の【運航が未定】の場合

基本的には搭乗予定便が欠航の時点で旅行は催行中止となりますが(旅行代金全額のご返金)、
欠航・遅延のおそれが極めて高い場合は以下のような対応がございます。

台風の影響が予想されるというアナウンスくらいでは、全額返金というわけにはいかないように思えます。

他のANA便や翌日に振替搭乗が可能となる場合があり、ANA公式サイトにて振替操作が可能です。

(1)復路搭乗予定便の【欠航が決定している】場合

・他のANA便や翌日に振替搭乗を希望される場合は、ANA公式サイトにて振替操作が可能です。

復路搭乗予定便の欠航が決定していたとしても、振替案内のみですから、このような場合でも、キャンセルしても、全額返金されないのかもしれませんね。

沖縄へ行ったがいいが予定通り帰ってこれないというケースでも返金されないとちょっとキツイなと考えます。

今回は、ツアーでなくてUAマイレージプラスの特典航空券の予約で本当によかったと思うカップでした。

沖縄への旅行は、台風による欠航する恐れが出る場合も想定しながら旅程を立てないといけませんね。
 カテゴリ