スポンサーリンク

とっておきの一本を食べる女性

フィジーへの旅では帰国するまえにバンコクでストップオーバーをしてみましたがやや消化不良。
28時間程度の滞在では、バンコク郊外にすら行くことができませんでした。
もう少しゆっくり滞在したかったですね。

ところで、UAマイレージプラス、数年前まではバンコクやシンガポール行きの特典航空券がビジネスクラス往復で3万マイルで発券できました。
それが、現在では6万マイル。なんと2倍の必要マイル数です。
本日は、なんとかもうちょっと安く行けないかと考えてみました。

その方法とは、

スポンサーリンク

ビジネスクラス特典航空券を少ないマイル数で発券


搭乗クラスを往きと帰りで変える


一つ目の方法は、正攻法で、片道エコノミークラスにすること。
カップとしては往路昼便のエコノミークラス約6時間の搭乗は身体的に全然余裕です。
でも、復路深夜便の搭乗はビジネスとエコノミーでは雲泥の差を感じます。
そこで、往路エコノミークラス、復路ビジネスクラスでマイレージチケット発券すると合計45,000マイルでぐっすり眠って帰ってくることができます。


グアムに寄ってからバンコクに往く


そして、もう一つの裏技は標題のグアム修行です。
修行といっても上級会員を目指すための修行ではなくて往復ビジネスクラスを40,000マイルで発券するための修行です。

具体的には、マイレージプラスでウェブ予約する時に複数の目的地を選択します。
そして、最初の目的地をグアム、次の目的地をバンコクにします。

うまくチケットが取れると、日本→グアム→東京or福岡→バンコク→日本というルートができるかもしれません。

賢明な皆さまなら既にご推察された通り、往路日本→グアムをビジネスクラス(20,000マイル)、復路グアム→(バンコク経由ストップオーバー)→日本をビジネスクラス(20,000マイル)とすることで、合計40,000マイルで発券することが可能です。

ちょっと遠回りになりますが、格安でビジネスクラスの旅行が楽しめます。


グアム修行の注意点


グアム空港での過ごし方は課題


ただし、この修行、例えチケットが取れたとしても結構厳しいものがありますのでご注意を。

というのは、昼便でグアムに行き、その日の夜便でバンコクに向かえばとても楽でしょうが、実質旅行期間を1日無駄にしてしまいます。
時間という視点で考えると、夜便でグアムに飛び(グアム深夜着)、翌日の朝便でバンコクに向かうのがベターですね。

しかし、このグアム国際空港で深夜を過ごすことがなかなか地獄です。
というのは、グアム空港周辺には快適な格安ホテルはありませんし、かといって空港で一夜を明かそうとしても快適に眠れるところがないんですよね。
長椅子で横になろうとしてみても手すりが邪魔でうまく横になれません。
結局もっとも効率のよいのは床に横になってしまうことかもしれませんがこれには抵抗のある方も多いのではないでしょうか。
割り切ってグアム発バンコク行きの航空券チェックインまでは起きて過ごしてその後ラウンジやグアム→バンコク間で眠るのが賢いかもしれませんね。

なお、このルート、本当は往路(日本→グアム)をエコノミー12,500マイルで発券して3~4時間だけエコノミークラスに搭乗して、あとはビジネスクラス20,000マイルで同じように発券して合計32,500マイルで発券できると思ったのですが、現在複数の目的地に設定して、そのようにフライトを選んでも、自動的に往路もビジネスクラスに変更されてしまいます。少し前ならできたと思ったのですが・・・(ひょっとしたらカップの思い違いかもしれませんが・・・)。UAもいろいろ対策しているのかもしれませんね。UAマイレージプラス適正化進行中です。


【実践例】グアム経由バンコク、40,000マイルで往復ビジネスクラス特典航空券発券


2013年5月に実際に実際にバンコクへの往復航空券をオール・ビジネスクラス40,000マイルで発券しました。

その模様を下記記事で報告いたします(#^.^#)



 カテゴリ
 タグ
UA