マイレージというと如何に効率的に貯めるかということに議論が集中しがちですが、マイレージを資産運用と考えれば、やはり大切なことは出口戦略、マイレージの利用の仕方です。

例えば、裏技を駆使して、現金5万円で5万マイルを貯めた場合、その5万マイルを5万円分の電子マネーに交換することはナンセンスです。

ほっといて勝手に貯まった5万マイルを電子マネー5万円分に交換することとはわけが違います。

一定の手間ひまコストをかけて貯めた5万マイルなら最低でも10万円相当のものに変えたいたと誰でも思います。

マイレージを投資と考えると面白いもので、1マイル当たりの価値が使い方によっては、0円(期限切れ失効等)~20円近くまで変わります。

賢明なマイラー諸君ならば、最低でも1マイル>2円、出来れば常時1マイル>3円の価値を実現させたいものです。

そして、ときには1マイル5円以上となる国際線ビジネス・ファーストクラスのチケットも獲得したいですね。

今回は、1マイル当たりの価値が高まるようなマイル利用法を列挙してみました。

ちなみに当たり前のことなので、ファーストクラスチケットは除外しています。(とれればどれでもお得なので希少な情報とはいえませんので)

Ⅰ JALマイレージバンク
① 国際線ディスカウントマイルで往くアメリカ、ヨーロッパ、シドニー路線
 ディスカウントマイルもバンコクなどのアジア2路線などは微妙(シドニー行きより必要マイル数が多い)な気がしますが、上記3路線はチケット獲得できれば間違いなくお得です。

② キャセイパシフィック航空で行くビジネスクラス 福岡ー香港-ハノイー香港ー関西
 関西在住の方は往路博多までの新幹線代を投資してでも41,000マイルで取れるこのチケットは希少価値大です。

③ エミレーツ航空ファーストクラス ソウルードバイーソウル
 ファーストクラスは除外すると言っておきながらもアピールしたい路線です。ソウルまで別に15,000マイル必要になりますが、機内にシャワーがあるエミレーツ航空のファーストクラスがたったの10万マイルで利用できるお得な路線です。

Ⅱ マイレージプラス
① オークランド経由で行くオセアニア諸島
 フィジー、ニューカレドニア、それにタヒチなど、日本からはるかに遠いパラダイスにビジネスクラスでたったの4万マイルで行くことができます。オークランドへはニュージーランド航空での直行でも香港、バンコク、シンガポール等の東南アジア諸国を経由してもマイル数4万マイルは変わりません。
 この路線は、マイレージプラスがワンパスと合併した関係でできた隙間路線。いずれ改正されるのではないかと思います。だってオークランド単純往復のチケットの方が必要マイル数が多いという逆転現象が起きているわけですから。
② 12,000マイルで行く国内4路線
 例えば、羽田ー那覇ー石垣島ー那覇ー羽田のように国内4路線となってもマイレージプラスは12,000マイルで特典航空券が発券できます。これってかなりお得な使い方ですよね。

マイレージ利用のお得路線、皆さんも考えてみると目標マイル数も決められますし良い効果があると思いますよ。


     ↑
ランキングアップに一票!
 カテゴリ
 タグ
None