スポンサーリンク

陸でマイルをガツガツ貯めるのは、それなりに手間ひまが必要です。

本日は、自身のライフスタイルに合わせて、お手軽効率的にマイルを貯めているY夫妻のマイル活用法を紹介します。

スポンサーリンク

「カップさんほど旅行好きというわけではありませんが、やっぱり旅行は好きですよ。」

カップの同僚Yさんと上記のような会話をしたのは、2年ほど前のことでした。

そのときにマイルを使った特典航空券を効率的に貯める方法として、クレジットカードの入会キャンペーンの活用について話した記憶があります。

Yさんは、その後、ANA VISA suicaを発行、入会キャンペーンの条件をクリアして2万マイル以上のマイルを手にすることに成功。

同じくお勤めしていた当時の彼女にもマイルを貯めることを進め、同様にANA2万マイル以上を獲得しました。

そのマイルで昨年、北海道へ旅行したということを聞いたことがあります。

その後、二人はめでたくゴールイン。

最近、忘年会で今年の夏、二人で沖縄へANA特典航空券で旅行をしたという話を聞きました。

「昨年の北海道旅行の後も、マイルは貯めているんだ。やっぱりクレジットカード?」

カップが問うと、

「うん、クレジットカードの支払いで貯めているのもあるけど、ANAカードは年会費が高いから現在は、別のカードを使っているよ。」

「ANAカードでなくてもマイル貯められるんだね、ちなみにどこのカード?」

「いろいろさ。ちょっと大きな買い物をするときにカードを発行すると入会キャンペーンで大量にポイントを獲得できるから、その都度変わるよ。」

なるほど、日々の支払いをクレジットカードで行うことでマイルは貯められますが、年間100万円のカード決済をしても貯まるマイルは1~2万マイルかもしれません。

しかし、カードの入会キャンペーンを利用すれば、10万円くらいのカード決済でも、1~2万マイル貯められることもあります。

カードの入会キャンペーンは、カード発行後1カ月以内とか3カ月以内に利用した金額でキャンペーン条件クリアできるかどうか決まることが多いので、あらかじめ数万円のカード利用があることが分かっていたら、そのタイミングに合わせて申し込むのも一つの方法ですね。

Yさんのマイルの貯め方は、年数回カードを申し込み、カードの入会キャンペーンを活用することが主な方法です。

そして、子どものいないYさんは、マイルの利用についても、学校が夏休みに入る前の7月上旬の特典航空券を申し込むなど工夫をしています。

この時期なら、2か月前の午前中スタンバっていなくても、仕事の後の申し込みで2人分の航空券くらいは発券できるようです。

Yさんがカードの申し込みの際、ポイントサイトを利用しているかどうかは分かりませんが、確かに年3~4枚、お得な入会キャンペーンを活用すれば、年1回の特典航空券の発行は十分可能です。

マイルを貯めるなら、海外への上級クラス特典航空券を目指すのがカップの目標ですが、例えば、年1回の沖縄旅行へ行くことを目標にするのなら、Yさんのようにもう少しお手軽に、言ってみれば、年3~4回のカードの申し込みと支払いの集中する作業だけで、目標は達成できるのです。

いずれにしても、カードの入会キャンペーンは外すことのできない陸マイラーの必須科目です。

カップは、マイレージプラスMUFGカードゴールドプレステージVISAとCITIBANKダイナースクラブカードがお気に入りで継続利用していますが、そのこだわりを捨てればもっと多くのマイルを貯められたのかもしれません、

カップは、2014年は3枚のカードを申込ましたが、そのうち2枚は同時期(2014年3月)に申込しました。

2015年はもう少し計画的にカードの入会キャンペーンを利用してみようと思います。

スポンサーリンク




 カテゴリ
 タグ
ANA