スポンサーリンク

北海道からの帰りの飛行機でカップは忘れ物をしてしまいました。

テーブルに置いていた小物。揺れで床に落ちたのでしょうね。

着陸時にはその存在を忘れてしまいました。

スポンサーリンク

思い出したのは制限エリアを出た後です。

空港職員に機内に忘れ物をした旨を告げるとJAL職員に連絡を取ってくださいます。

一応、座席周辺を捜していただきましたが見つかりませんでした。

飛行機は、折り返し再び札幌に向かうのでこれ以上探し続けることはできませんと知らされました。

必ず座席に下にあるだろうと思っていましたが、次の便を遅らせてまで探してもらうものでもなかったのであきらめました。

JALの地上係員が言うには、飛行機が札幌に到着したら再度捜索してくださるとのこと。

ありがたく申し出を受け、見つかったら自宅に着払いで送っていただくことになりました。

翌日、新千歳空港に電話を入れてみましたが見つからなかったとのこと。

必ずあるのにと思いつつも、忘れ物をしたカップが全面的に悪いのであきらめるしかないなと思いました。

でも、念のため、昨日到着した空港(セントレア)にも問い合わせてみると、なんと、札幌で見つかったので、一旦セントレアに持ち帰ってから郵送してくださると言うのです。

すでに北海道を発った後なので、新千歳空港の職員には伝言がなかったのだと思われます。

言うまでもなく、北海道からと、地元の空港からでは、郵送料金が違います。

カップが貧しそうな格好をしていたから気を使ってくれたのでしょうか。

真偽は不明ですが、とても嬉しく思いました。

JALには、結構いい思い出があります。

現在はなかなかJALマイルを貯められていませんが、その内に、またドカっと貯めてみたいと思います。

カップにできる恩返しは、これくらいのものですから。

陸で貯められてもJALさんは喜ばないかもしれませんが(爆)

スポンサーリンク





 カテゴリ
 タグ
JAL