スポンサーリンク

先月乗ったジャカルタ往きのJALファーストクラスでの話です。

スポンサーリンク

ジャカルタに到着したカップ。

初めてのジャカルタなので少し不安がありました。

ビザ代35ドルは米ドルで用意していましたが、申告書の記入方法などの情報がありませんでした。

地球の歩き方などにも記載例が載っていなかったのですね。

まあ、なるようになるとはおもっていましたが、いざ窓口に行くと拍子抜け。

なんと、パスポートの提示(不要かもしれません。)して、35ドル出すとそれだけでビザ取得となりました。

なんとまあ、お気楽なビザ申請なのでしょうか。

まさに、35ドルもらうためだけのビザ手続きという感じでした。

一人旅で困ることは、こういう細かい発見の感動をシェアする人がいないということです。

でも、今回は様子が違いました。

なんと、ジャカルタ往きの同じ便の同じファーストクラスに搭乗されていた方が入国審査待ちの列に並んでいるカップに積極的に話しかけてきました。

彼はジャカルタには数カ月に一度のペースで仕事で訪問しているようですね。

カップと同年代の彼がファーストクラスに乗っているということは、外資系の企業勤務でしょうか。

さりげなく聞いて見るとズバリ当たりでした。

ファーストクラスに搭乗する方についての知識があると認められたのでしょうか。

積極的にいろいろお話してくれます。

海外旅行では、同じ日本人であっても接近してくる方についてドライに接するカップですが、今回は、ファーストクラスの搭乗客ということでカップ自身も興味があったので、話に応じます。

彼は、カップが機内で「仕事ではなくプライベートな旅行です」とCAに答えていたことに興味を持ったみたいです。

差し詰めプライベートでファーストクラスに乗る人ってどんな人だろうという興味なのではないでしょうか。

結論を言ってしまえば、「陸マイラーだから」なのですが、それだけではなかなか理解できないでしょうね。

仕事でマイルを稼ぐ方なら、陸でマイルを稼ぐ方法を説明しても正直「そんな手間かけてどうするの?」という感想しか持たないと思います。

カップは、陸マイラーとしてマイルを効率的に稼ぐ方法を情報発信している立場ですが、陸マイラーが最強と思っているわけではありません。

やはり、マイラーとして最も成功している方は、仕事で、経費で飛行機に乗ってマイルを稼ぐ方だと思うからです。

仕事での搭乗で上級会員になった日には、マイラーとしては最強の立場に立っているのではないでしょうか。

そういう立場にないカップだからこそ、陸マイラーとして効率的にマイルを貯める方法について情報発信しているのです。

話を戻して、カップに話しかけて来たファーストクラス搭乗客。

いろいろ経歴を語ってくれます。

成功者としてのメソットを伝達してくれているのでしょうか。

良い大学に行って良い会社に入ったということがそのメソットなのでしたら、高校生以外あまり参考にはなりませんね。

でも、自称聞き上手な傾聴の達人のカップですので、相手も気を許したのでしょう。

結局、入国審査を先に譲りましたが、審査後カップを待ってくださって一緒に彼のホテルに行くことになりました。

暇だったのかもしれませんね(^u^)

カップも暇だったので喜んでおつきあいしました。

彼のホテルまでのタクシー代は、割り勘にするつもりでしたが、「仕事の経費で出るから」とゴチになりました。

空港からのタクシーも、メータータクシーではなく、空港カウンターで予約してワンボックスカーの利用です。

着いたホテルはル・メルディアンジャカルタのスイート。

古いホテルですが、さすがSPGグループ、ラウンジでの飲食も充実しており、タダでいろいろ楽しめました。

すっかりご馳走になったカップ。ご機嫌で自分が予約したメルキュールコタジャカルタに向かいます。

彼と同行している間は、カップの年収やら経歴についていろいろ質問されました。

別に隠す必要もないかなと思い正直に話していましたが、少し好奇心が強すぎる方だなという印象を受けました。

そういえば、過去、ニュージーランドへビジネスクラスに搭乗した際も、隣の席の方にカップの経歴について興味深く質問されたことがあります。

その時は、「大した仕事をしているわけではありません。」と軽くかわしましたが、アッパークラスに搭乗される方は同じクラスに乗っている人について興味を持つのだなと思いました。

所詮は特典航空券で乗っているカップですので、同乗されている方と経歴で競おうとは思いませんが、人間、どこかでやっぱり比較したいという気持ちを持っているのかもしれませんね。

ファーストクラスに搭乗する人といえどもそれは、共通ということが分かってある意味興味深い体験をしたと思いました。

スポンサーリンク