スポンサーリンク

MUFGカードゴールドJCB
3月につくったMUFGゴールドカードJCBの入会キャンペーンのポイントが9月に加算されます。

スポンサーリンク

ウェブ明細を見ると1,800pt加算の予定。

本当は、最大2,000pt獲得のキャンペーンだったのですが、2つほど条件をクリアしていません。

MUFGカードゴールド(JCB)のキャンペーンでANA2万マイル以上獲得する実践記録 で紹介したとおり、あと、

① 電気料金の口座振替
② 家族カードの発行

が必要だったのですけど・・・。

すべてのミッションをクリアすればあと200pt獲得できたはずなのに、もったいないですね。

特に、①は手続きするだけだったので本当にもったいない。

②については、使いもしないカードをつくることに家族の理解が得られなくて、あきらめてしまいましたけど・・・。

それでも、初年度年会費無料で、カードをつくるときポイントタウンから2万円相当のポイントを獲得しています。

カードの利用方法は、nanacoチャージ約50万円&月3,000円弱のスマホ料金の引き落としのみです。

なかなかお得な案件だったと考えています。

あとは、1,800ptを有効に利用して3月までに解約を忘れなければミッション完了なのですが、この1,800pt、どのように利用しようか悩ましいところです。解約の前に使い切らなければいけませんから。

有力な候補としては、楽天スーパーポイントでした。

500pt以上100pt単位で交換できますので、楽天スーパーポイント9,000ptになります。

でも、現在DCカードジザイルでのポイント10倍キャンペーンを実施していますよね。

こちらも期間中30万円程度のカード利用をしているはずだから来年1月には、3,000pt獲得できる見込みなのです。

MUFGカードと合わせて4,800pt。

コストはかかりますが、MUFGプラチナアメックスをつくってポイントをまとめてJALマイレージに交換すると、JAL38,400マイルになります。(4,800pt×8≒38,400マイル)

ある程度まとまったマイル数ですので、有効に活用できそうです。

ちなみに、MUFGプラチナアメックスでJALマイレージに交換するためには、下記費用が必要です。

カード初年度年会費20,000円(税別)
マイレージプログラム参加費3,000円(税別)
移行手数料1,900ptごとに6,000円(税別)

4,800ptの移行ですと、(20,000+3,000+6,000×3)×1.08=44,800円

MUFG&DC4,800ptを楽天スーパーポイントに無料で24,000ptに交換するのか、44,800円の費用をかけてJAL38,400マイルに交換するのかどちらがお得なのでしょうか。

1マイル2円以上の価値で利用できるのならば、24,000<38,400×2-44,800≒32,000 により、JALマイレージへの交換がお得のように思えますね。

実際は、MUFGプラチナアメックスの入会キャンペーンも使えるでしょうからもう少しお得な計算になりそうです。

現在30,000余しかないJALマイレージ。来年までにどれくらい増やせるか楽しみです。

スポンサーリンク





 カテゴリ
 タグ