スポンサーリンク

本日は、飛ばないマイラー様のブログ記事の紹介です。

すでに一週間ほど前の記事となっていますが、カップの情報収集力では、完全に見落とししていた貴重な情報です。

どれだけ貴重かというと、これまで毎月ANA1万マイル貯めてこられた陸マイラーなら、1.8倍の毎月1万8千マイル貯められるようになるというくらいスゴイ情報です。

その衝撃的な情報とは、

スポンサーリンク

ソラチカカードの交換ルートにPeXが登場!


飛ばないマイラー様のブログ「衝撃:ANAマイラーに超お得!!」から引用しますと、

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)では、メトロポイント100PからANA90マイルへの交換が可能です。

これは、以前からそうなのですが、問題は、10月1日からPeXからメトロポイントへの交換が開始されたことです。


これは、つまり、ポイントサイトPEXからANAマイレージへの交換ルートが一つ増えたにとどまらず、錬金術的な黄金のルートが誕生したことを意味します。

すなわち、これまで、
PeX10, 500ポイント(1,050円)は、

1,000Tポイント(1,000円)を経由してANA500マイルとなっていた(PeXから交換は50円の手数料がかかります。)ものが、

Tポイントの代わりにメトロポイントを経由することによって、

PeX10,500ポイント
     ↓
1,000メトロ
     ↓
ANA900マイル

と、従来の1.8倍のANAマイルに交換することが可能になったのですm9(^Д^)プギャー


これは、お得です。
1,050円分のポイントでANA900マイルというのは、常識ではありえない交換率です。

カップは、現在PEXポイントは5,000P(500円相当額)しか所持していませんが、俄然やる気が出てきました。

昨日まではANA VISAカードをつくろうと思ってましたが、作戦変更。ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)を作ってこの黄金のルートを試します。

注意することは、メトロポイント→ANAマイレージのルートは毎月18,000マイルを限度とした一回の交換しかできないこと。

そして、多分、勝手な想像ですが、このルート長く持ちません。明らかに交換レートがおかしいからです。

陸マイラーの宿命~美味しい話は短命~


少し昔話をしますと、ちょうど二年ほど前のことですが、カップはMUFGプラチナアメリカンエキスプレスカードなるものを作りました。

年会費21,000円という分不相応なものでしたが、今は亡きポイントサイト”へそクリック”を経由して作ると8,500円分のポイントが得られたので実質の負担は、12,500円でした。

これを作った理由というのが、今ではなくなった(確か昨年の春頃なくなったと思います。)、ネットマイル→DCカード→MUFGプラチナ→マイレージ(当時はスカイマイル、クリスフライヤーでしたが、その後JALマイレージバンクも加わりました。)の交換ルートを試したかったからです。

その交換率は、ネットマイル10万P(5万円相当)→DCカード→MUFGプラチナ1万P→8万マイルというものでした。

実は、マイレージに交換する際にMUFプラチナにマイル交換プログラムの参加料3,150円に加えて、JALマイレージへは、15,200マイルごとに6,300円の交換手数料が必要でしたので、コストはそれなりにかかるのですけど・・・。
カード年会費も21,000円しますしね・・・。

しかし、当時カップはこのルートを黄金ルートと呼んでました。結局一昨年11月にMUFGプラチナアメックスをつくって半年足らずで、ネットマイル→DCカードのルートが閉鎖されたため、交換できたマイルは12万マイルほどでした。

今回のANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)をつかった新たな黄金のルートは交換手数料がかからない分、より使いやすいものとなっています。

ソラチカルートは期間限定のキャンペーンと思うべし!


まさしくチャンスは今だけと思いますので、興味のある方はお早めにPEXポイントを貯めてANAマイルに交換しましょう。

カップもカードを申し込むとともにPeXポイントをしっかり貯めようと思います。

スポンサーリンク





 カテゴリ