スポンサーリンク

期待して購入した本にがっかりする美女

本日は、せどりやオークションで稼いだお金を税務申告する際の裏技について考えてみましょう。

給与所得者は、その他の所得が年間20万円以上になると確定申告が必要になりますからね。
まずは、対象となる所得を定義する法令の勉強です。

おっと、裏技好きのカップとしては、対象とならない所得(非課税所得)を定義する法令を勉強してみますね。

スポンサーリンク


非課税所得とは


そもそも非課税所得とはなんでしょうか?非課税所得を所得税が課せられない所得と考えれば、調べる法律はやっぱり所得税法ですかね?

非課税所得を法令で考える


最初の法令は、所得税法第9条第1項第9号です。

(非課税所得)
第9条 次に掲げる所得については、所得税を課さない。
九  自己又はその配偶者その他の親族が生活の用に供する家具、じゆう器、衣服その他の資産で政令で定めるものの譲渡による所得


下線部のその他の資産で政令で定めるものってなんでしょう?
政令を見てみると、ありました、所得税法施行令第25条です。
(譲渡所得について非課税とされる生活用動産の範囲)
第25条  法第9条第1項第九号 (非課税所得)に規定する政令で定める資産は、生活に通常必要な動産のうち、次に掲げるもの(一個又は一組の価額が三十万円を超えるものに限る。)以外のものとする。
一  貴石、半貴石、貴金属、真珠及びこれらの製品、べっこう製品、さんご製品、こはく製品、ぞうげ製品並びに七宝製品
二  書画、こっとう及び美術工芸品


いやいや、所得税法第25条で規定した次に掲げるものとは、政令では、次に掲げるもの(一個又は一組の価額が三十万円を超えるものに限る。)以外のものとされています。

なんだか読みにくいですね。

でも整理すると、日常生活に使っていたものを売り払って得た所得は非課税所得だといえますね。

30万円を超える貴金属や骨とう品なんてカップからみれば生活用品じゃないので、政令25条は不要かも!?なんて思ってしまいました。

読んだ本を家に置かない主義の私はサクサク売ります


そこで、本日のタイトルのフレーズが必殺技として活躍します。

せどりで得た利益は、転売目的で購入したものでなければ非課税所得と主張してみたらどうなるのでしょう。

まあ、仕入れと販売のサイクル等で実質的に日常生活で使用していたといえないと税務署に判断されてしまったら、あえなく撃沈ですけどね。

せどりは比較的新しいものを短期で売り払うのがコツだと考えているカップには使えないフレーズでした。

逆にこの裏技使うなら長期に使い古したものを売るという戦略がベターです。

長期に寝かせて売るのに適した商品といえば・・・・

ワイン?

素人が保管しても値崩れするだけ・・・それに日常使っているなら空ビンになっているはずかもしれませんね?


もしも陸マイラーがせどりをしたら・・・


まじめな話、陸マイラーとしての”せどり”の魅力はキャッシュフローを増やせることにつきます。。

仕入れをクレジットカードで行い、購入した商品が売れれば、例え利益がでなくても、カードのポイントを貯められますから。

もちろん、生計費決済用のカードでなく、事業用のクレジットカードであっても、仕入れをクレジットカードで行うことは、カードの規約違反の恐れがありますからお勧めしません。

でも、裏技でもなんでもなく、本当に日常生活に使っていたものを売り払うことを繰り返すだけなら、当該日常生活に使っていたものをクレジットカードで購入することまで規制されてはいないのではないでしょうか。

具体的な実践方法としては、値崩れしにくい中古品を購入し、自分で利用して、頃合いを見て、ヤフオク!やAmazonで売るのです。

客観的に事業と見做されるほどの数をこなすことはさすがにまずいでしょうが、節度をわきまえて実践する分にはアウトにはならないと考えます。

クレジットカードの利用額を増やすテクニックとして、せどりは有効です。

副業として実践している方も大勢いるのですから、収支トントンでカードのポイント稼ぎくらいの気持ちなら、誰でも実践できるかもしれませんよ。


スポンサーリンク





 カテゴリ