スポンサーリンク

「せどり」ってご存知ですか?

『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』ということですが、うまくやると毎月数万円~数十万円稼ぐことができるそうです。

カップは、「せどり」を実践しているわけではありませんが、今日は、陸マイラー的に「せどり」について考えてみました。

その理由は、

スポンサーリンク

仕入れをクレジットカード決済にするとマイルが量産できるからです。

「せどり」については奥が深すぎてカップのレベルで語ることはできません。

今日は、もっとも簡単に実践できるというBook OffとAmazonを使った本、CD、ゲームソフトのせどりについて考えてみます。

まず、やり方ですが、
① ブックオフの105円コーナーで比較的綺麗な本でAmazonで売れそうな本を探す。
                
② クレジットカードでチャージしたEdyで支払い。
                
③ Amazonに出品

やることはこれだけです。

ポイントは、ブックオフの105円コーナーにある本というのは、どのブックオフでも105円で購入できるわけではないということです。

そりゃそうでしょう。どこのブックオフでも105円で購入できるのならAmazonで高い配送料を払ってまで購入する客はいませんよね。

言い忘れましたが、Amazonでは、例え1円で出品されている商品でも、購入者は配送料(本なら250円)と合わせて支払いをしなければいけません。

つまり、実際に出品者が受け取れる金額は、(1円+配送料)-Amazon所定の手数料 なのです。

その他の費用としては、購入者への送料がありますが、こちらは、メール便が利用できる商品ならば比較的安く済むのではないでしょうか。

典型的な例では、
① ブックオフで105円で本を購入
② Amazonへ1円で出品
③ 成約したら、メール便で送る。(厚さ1cmまでのA4サイズなら80円)
④ Amazonからの振込 (1+250)-(成約料(60円+100円)+販売手数料0円)

販売手数料は本の場合、送料を含めない価格の15%ですが、商品によっては送料を含めた代金に所定の料率がかけられるので注意してください。

細かい話はしませんが、本一冊を売るためのコストは、仕入れ値とメール便料金の和である185円

Amazonから後日入ってくる金額は、④の91円 と試算できます。

結果、▲94円の赤字です。

損をしないようにするには、価格設定を120円として、

購入者の支払い額(120+250)-(成約料(60+100)+販売手数料18円)

=Amazonからの収入額192円 を確保する必要があります。

これなら仕入れ値+メール便料金のコスト185円を上回りますね。

例えばこれを2冊分行うと、仕入れに使うEdy210円についてチャージ分と利用分のマイル二重取りができます。

手間ひまがかかりますが、自分のクレカ利用金額を、結果的に他人が払ってくれたと考えることができます。

今回の例は、全くお得な実践例と言えませんが、勘の鋭い方ならクレジットカードの裏技とは何かということが分かるのではないでしょうか。

最後に、せどりについて、大事な注意点が一つあります。

出品するときに、自分のものを売るときは、個人でもできますが、せどりは転売目的なので、古物商の許可が必要です。

1~2冊ならば、自分のものを売ったと言えるでしょうが、例えば、50冊の本を購入後すぐに売っていては、言い訳にもならないでしょうから、古物商許可の手続きをしっかりと行いましょう。

この手続きについても数万円の費用がかかりますので、実際にマイル大量取りを考える方は忘れずにメモしてください。

せどりネタ、カップも少し研究しますので今後にもご期待ください。

<お断り>
カップの勤務先は原則副業禁止ですので、せどりは行いません。(古物商の許可をとった履歴が残ると後々まずいことになりそうです。)
具体的な実践例ではないことをご理解ください。

スポンサーリンク





 カテゴリ