スポンサーリンク

アラビア航空マイレージプラン

日本-東南アジア、南アジアのJALビジネスクラス片道特典航空券を25,000マイル(往復50,000マイル)で発券できるアラスカ航空のマイレージプランが注目されています。

アラスカ航空のマイレージプログラムマイレージプランは、スターアライアンス、ワンワールド、スカイチームなどのアライアンスには加盟していませんが、日本航空、キャセイパシフィック航空、フィンランド航空など19の航空会社と提携していますから日本在住でも使い勝手が良さそうです。

そして、特典航空券が他のマイレージプログラムに比べ、少ないマイル数で発券できることが多いので人気が上がっています。

ただ、電話もウェブも日本語対応されていないのは残念。カップも英語を勉強しながらアラスカ航空マイレージプランを利用していこうと思い、本日登録をしてみましたのでその手順を公開します。

スポンサーリンク

アラスカ航空マイレージプラン登録


アラスカ航空マイレージプランにアクセス


アラスカ航空マイレージプランの登録といっても初期登録のページで入力フォームに必要な情報を入力するだけです。

さっそく、Join Mileage Plan にアクセスしましょう。

英文のページですが臆さず入力していきます。翻訳ソフトを使えば簡単ですが、入力内容はやっぱり英語での入力が必要ですね。

Personal information


初めに氏名等の個人情報を入力します。ミドルネームとかは必須項目ではないので、無視して空欄のままで大丈夫です。

Peronal Information

1980年1月1日生まれの田中一郎さん(男性)なら上記の通り入力しましょう。


Contact information


続いて電話番号等の連絡先です。

ContactInformation

電話番号が06-9875-4321なら、国番号の81をつけて、市外局番(06)の先頭の0を削除すれば国際電話をかけられます。

電話がかかってくることは、あまり想定していませんが万が一の時のために正しい番号を入力しましょう。


ちょっと難しいのがPrimary departure Cityです。よく使う成田とか関西国際空港がありません。

アラスカ航空が就航している都市しか選択できないのでしょうか。

カップは深く考えずホノルル(HNL)を選択しました。特に問題はないと考えます。


Mailing address


次は郵便が届くように住所を登録します。

Mailing Address

〒530‐8888 大阪市北区喜多町1-1-1(架空の住所です)なら上記のように入力します。

区は"word"ですが、カップは知り合いの郵便屋さんが”-ku”と書いてくれた方が分かりやすいと常々言っているのを聞いているので、いつも"-ku"と書いていますが問題が生じたことはありません。


User ID and password


任意のユーザーIDとパスワードを入力します。

UseID&password

ユーザーIDは7字以上、パスワードは8字以上が条件です。パスワードはアルファベットの大文字、小文字、数字の3種類を組み合わせて設定してください。


その下の、"Send me monthly Mileage Plan e-statement and parther offers."と"Send me deals,news,and updates."のチェックは必須ではありません。余計なメールは不要という方は、チェックしなくても大丈夫です。毎月の明細とプロモーションなどのニュースを受け取りたいときのみチェックしてください。


以上、すべて入力してからJOIN NOWボタンを押せば登録完了です。登録したメールアドレスに連絡がありますのでしっかり確認しましょう。


アラスカ航空マイレージプランを陸で貯める方法


さて、登録したはいいが、今後、アラスカ航空マイレージプランをどのように貯めればいいでしょうか。


提携航空会社でフライトをするときに貯めるのが王道でしょうが、陸マイラーのカップが飛行機に乗るときは、ほとんどが特典航空券であり、マイルを貯めることができません。


陸マイラーらしくポイント交換で貯める事にします。


具体的には、スターウッドブリファードゲスト・アメリカンエキスプレスカードでスターポイントを貯めてマイレージプランに移行します。これからカードをつくる方なら下記の方法で大量にスターポイントを貯めるチャンスもあります。

spg


あるいは、下記記事で紹介したようなキャンペーンが開催されたときにスターポイントを購入して移行するのも賢い方法です。





アラスカ航空マイレージプラン、現制度が続くなら驚くほどお得にスターポイントを利用できます。とても魅力的なプログラムですので今後積極的にその制度を紹介していきたいと考えます。

スポンサーリンク





 カテゴリ
 タグ
AS spg