スポンサーリンク

ホテルの部屋からの眺め

スターウッドブリファードゲストアメリカンエキスプレスカードをお持ちの方はspgホテルのレイトチェックアウトが可能です。

レイトチェックアウトのサービスを受けられると、朝食を食べて一休みしてチェックアウトするスタイルから、朝食の後、付近を散策したり、ホテルの施設を利用して部屋でシャワーを浴びてからチェックアウトするといったスタイルに変えることができます。

カップは先月オキナワマリオットリゾート&スパでチェックアウトする日にホテル内のプールで遊んだ後、部屋でシャワーを浴びてから那覇に帰りました。

荷物も部屋に置きっぱなしで気軽にプールを利用でき満足度の高い旅行になりました。

マリオット以外でも同様のサービスが簡単に受けられないかと思い、spg以外にもカードを持つだけで無料でレイトチェックアウトができるサービスについてまとめてみました。

スポンサーリンク

JAFなら年会費4,000円でspgのレイトチェックアウト可能


プリファードゲストプラスというステータス


一般にspgの会員ランクは、

  • プリファードゲスト(平会員)

  • ゴールドプリファードゲスト

  • プラチナプリファードゲスト


の3つと言われています。


言われているというか、spg会員特典のページを見てもその3つしかありません。


しかし、世の中すべて表の世界だけではその真髄は分かりません。spgには上記3つの会員ステータスだけでなく隠れた会員プログラムがあるのです。


それが、JAFオートクラブプログラムです。


別にJAF(日本自動車協会)だけでなく、アメリカやヨーロッパの自動車協会も対象になっていますが、指定の自動車クラブの会員はゴールドやプラチナのステータスがなくてもspgホテルでのレイトチェックアウトができます。


スターウッドブランド自動車クラブの参加クラブ

JAFオートプログラム


JAFも入っており、JAFオートクラブプログラムの適用を受けることができます。


会員ランクをブリファードゲストプラスといい、アカウントリンクによってマリオットのシルバーステータスになることもできるようです。


驚くべきは、ブリファードゲストプラスは、JAF会員になる会費(入会2,000円、年会費4,000円)を負担するだけで以下の上級会員サービスを受けることができることです。入会費2,000円はクレジットカードによるオンライン入会や複数年契約で優遇されるサービスがあります。

(参考)
JAF年会費


年会費4,000円のみ!もともとJAF会員であったなら実質0円ともいえるこのサービス。spgアメックスを持っていない方には必見の特典と言えるのではないでしょうか。


プリファードゲストプラスの特典


ブリファードゲストプラスの特典は以下の通りです。

チェックイン時にプリファードルームへのインスタント アップグレード
午後4時のレイトチェックアウト*
お支払い1ドルごとに、2 StarpointsR(スターポイント)獲得


しかも、spgのベストレートからさらに5~15%の割引が適用も受けらます。


もちろん平会員へのサービスであるWiFi無料、ボトルウォーターサービスの適用もあります。


JAFオートクラブプログラムについては左のリンク先からご確認ください。


少ないコストで部屋のアップグレード、レイトチャックアウトなどを受けられるなんて素晴らしいサービスですね。


クレジットカードではありませんが、spgやマリオットを利用される方にとってJAF会員賞は持つべきカードの一つと言えるかもしれません。


ヒルトン・シルバーステータス


ヒルトンHオナーズVISAカード


ヒルトンホテルでもヒルトンオナーズという会員制度があり、会員ステータスは、メンバー・シルバー・ゴールド・ダイヤモンドの4区分あります。


そのうち、レイトチャックアウトのサービスを受けられるのは、メンバー以上。なんと、平会員であるであるメンバークラスでOKです。


もちろんレイトチェックアウトは、「お客様からレイト・チェックアウトのリクエストがあり、状況が許す場合に限られます」と説明がある通り、いつでも受けられるわけではないでしょうし、上級会員が大勢泊っている日であれば、ある程度調整はされるのでしょうが、平メンバーであってもヒルトンに泊まる日はレイトチェックアウトができるかどうかリクエストする癖はつけておきたいですね。


レイトチェックアウトだけでなく、ヒルトンオナーズのメンバーなら、朝食時に専用の席を用意してくれますし、ダブルツリーヒルトン那覇では、オナーズ会員のみに提供されたフルーツやアイスなどもありました。カップの実践例は以下の記事で報告しています。


ダブルツリーbyヒルトン那覇|上級会員でなくてもヒルトンオナーズ会員になるべき理由


ヒルトンオナーズにはウェブで無料登録できますからヒルトン利用時は忘れずに登録しておきましょう。


ヒルトンHオナーズVISAカード


そして多少のコストをかけてもゴールドやシルバーの上級会員になりたい人のために三井住友VISAカードは、ヒルトンHオナーズVISAカードを提供しています。


プラチナカードやゴールドカードを保有すればそれだけでゴールドステータス獲得。


年会費3,195円(税込)のクラッシックカードでも、所持するだけでシルバーステータスを得ることができます。それほど負担にならない年会費ですが、WEB明細サービスやマイペイすリボの利用で1,575円に割引されます。レイトチェックアウト狙いなら平メンバーとの差別化で持っておいても損はないカードです。


カップとしてはヒルトンHオナーズVISAカードを持つなら部屋のアップグレードも狙えるゴールドカードをおススメしますけど(^-^;





One Harmony | オークラ ニッコー ホテルズ 会員プログラム


オークラ ホテルズ & リゾーツ、ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテルJALシティに宿泊するときにレイトチェックアウトを狙うならワンハーモニーの会員特典を利用します。


ワンハーモニーは、メンバー、ロイヤル、エクスクルーシヴの3つのステージがありますが、そのうちレイトチェックアウトをうけられるのはロイヤルとエクスクルーシィヴです。


One Harmony VISAゴールド所有でロイヤル会員


三井住友VISAカードはワンハーモニーについても上級会員資格をもらうことができるクレジットカードを発行しています。


One Harmony VISAのゴールドカードです。ただし、こちらは年会費10,000円(税別)。ヒルトンVISAと同じくウェブ明細とマイペイすリボの利用で初年度年会費5,000円(税別)、2年目以降4,000円(税別)まで実質負担を下げることはできます。


しかし、カップは、One Harmony VISAゴールドについては、部屋のアップグレード特典などもありませんし、また、ワンハーモニーのロイヤル会員には陸マイラーならではの方法でなることもできますから、それほど費用対効果が高いカードとカップは評価していません。


陸マイラーならではの方法とは次の方法です。


JALマイレージからのポイント交換


スターウッド プリファード ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードでワンハーモニーの上級会員になる方法 でお話ししましたが、ワンハーモニーの上級会員には、ワンハーモニーポイントを年間5,000pt獲得するとロイヤル会員、年間15,000pt獲得するとエクスクルーシヴ会員になることができます。そして、そのポイントは宿泊実績で得られるものでなく、JALマイレージからのポイント交換によって獲得したものでもよいのです。


つまり、陸マイラーならではの方法とは、


JAL10,000マイル→6,000ptでロイヤル会員


JAL30,000マイル→18,000ptでエクスクルーシヴ会員


になることです。


交換したワンハーモニーポイントはもちろん目的のホテルに宿泊するために使えばよいので、交換するマイル数は、会員ランクを狙うというよりは、ホテル宿泊するための必要ポイントから自動的に決まるという戦略をとることをお勧めします。


例えば、ホテルJALシティ那覇スタンダードルームなら1泊6,000ptで宿泊できますからJAL10,000マイルを交換、ホテルオークラ東京スーペリアなら1泊15,000ptだからJAL30,000マイルを交換するといった具合です。


会員ステータスの変更は、原則1月~12月で貯めたポイントが翌年4月~翌々年3月の単位で決定されますからポイント交換は計画的に行えると良いですね。


プリンスホテルな無料カード所有でレイトチェックアウトリクエスト可能


SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン


最後にカップも先月発行したSEIBU PRINCE CLUBカード セゾンを紹介します。


このカードはカードブランドがVISA/MASTER/JCBなら永年無料(Amexは税抜3,000円)にもかかわらず、プリンスホテルに宿泊する際にはレイトチェックアウトをリクエストすることができるカードです。


カップは来月プリンスポイントで大津びわ湖プリンスホテルに宿泊しますが、ポイント利用の宿泊であってもレイトチェックアウトリクエストは受け付けてくれました。実際レイトチェックアウトできるかどうかは当日の混雑状況によって決まるということですが、是非とも適用していただきたいと期待しています。


プリンスホテルもプリンスステータスサービスという会員制度で、ブルーメンバー、ゴールドメンバー、プラチナメンバーと3区分に分けられています。


本来、レイトチェックアウト(3アワーズフリープログラム)については、ゴールド以上とされていますが、ブルー会員であってもSEIBU PRINCE CLUBセゾンカードを所持すると、会員資格はブルー会員のままですが、カードの優待でチェックアウトタイムの延長サービスを受けることができます。


これは、お得です。プリンスホテルに宿泊する予定のある方ならあらかじめ発行しておくことを強くお勧めいたします。


SEIBU PRINCE CLUBカード セゾンゴールド


なお、プリンスステータスサービス ゴールドメンバーには、SEIBU PRINCE CLUBカード セゾンゴールドの所持でなることができますが、部屋のアップグレードの特典などは、プラチナメンバーに限られています。


年会費が15,000円(税抜)もするのでカップとしては普通カードで十分かなと考えます(^-^;

スポンサーリンク