スポンサーリンク

ホテルの予約

ウェブでホテルを予約するとき、皆さま価格にはこだわりますよね?

エクスペディアの最低価格保証は有名ですが、現在ほとんどの予約サイトで最低価格保証は何らかの形で実施されています。

ヒルトンやマリオット等、公式サイトからの予約でも同じように他社サイトで安いプランを見つけると最低価格保証をしてくれます。

条件の違いなどで却下されることも多いなど、必ずしも納得できるものではありませんが、理屈の上ではどのサイトで予約しても価格は同一(最低価格)という時代が到来しています。

そんな時代でも、なお、人より少しでも安いプランで予約をしたいと考えるおススメな予約サイトがありますから紹介します。

スポンサーリンク

ホテル予約のフリマ”Cansell”


行けなくなったホテル予約を出品


最低価格を上回る低下価格プランを探すなら、ホテル予約は、Cansellで探しましょう。


CansellはSELL(売り)がCAN(できる)なホテル予約を売ったり買ったりできるウェブサービスです。


旅行に行こうと思ってホテルを予約したけど、都合が悪くなってしまったとき、もし予約したホテルのプランがキャンセル不可であった場合、支払ったお金を取り戻すことができません。


しかし、Cansellに出品し、買い手が現れれば、損害を抑えることができます。


出品者も購入者も、氏名等それぞれの個人情報を相手に伝えることなく、予約の変更手続きはCansellの事務局が請け負ってくれますから安心して利用できます。


また、取引価格は出品者が決めることができますが、自分が購入した価格よりも安く価格設定しなければいけないというルールがありますから、どのホテルでも一般的な取引価格よりも安く購入することができます。


出品者がもともと最低価格で予約していたとすれば、理屈の上では最低価格よりも安い価格で予約できるということになります。

【実践例①】ヒルトン福岡シーホークに10月1日に宿泊


実際どれくらい安くなるのでしょうか。


ヒルトン福岡シーホークに大人2人朝食なしで2017年10月1日に宿泊するプランが出品されていましたので検証してみます。

ヒルトン福岡シーホーク


Cansellのサイトには、15,560円が13,000円と16%割引とされています。


ヒルトンと言えば、ベストレート保証を謳う予約サイトでもありますので、まずは、同条件で公式サイトから価格チェックしてみましょう。


出てきたプランはヒルトンダブル2名で税サ込14,524円でした。出品者の予約価格15,560円は最低価格ではありませんでしたが、ベストレートである14,524円よりも安い13,000円で予約できるのなら購入者としては満足できる価格です。


Cansellの疑問点


そもそも宿泊者名変更は禁止されていないのか


ホテル予約をフリーマーケット感覚で売買できるのは嬉しいサービスですし、予約者の変更をホテル側へ事務局が行ってくれるのはありがたいですが、そもそも予約者名変更は許される行為なのでしょうか。


これについては大抵のホテルで可能なようですが、一部、宿泊者の変更を受け付けていない場合もあります。


Cansellでは出品できるホテル予約にいくつかの制限を設けており、下記のものは除外されます。

  • 海外の宿泊施設

  • 名義変更を受け付けていない宿泊施設

  • 現地払いの予約

  • Airbnbなどの民泊の予約


2番目の条件を逆に読めば、名義変更を受け付けてくれるホテルしか出品できないということですから安心してもよいかもしれませんね。


手数料等はいくらなのか


カップも実際に利用したわけではありませんが、手数料は売買成約時のみ15%かかるだけのようです。


出品者への口座振り込み手数料などもCansell事務局の負担になります。


Cansellの問題点


絶対数が少ない


Cansellに出品されているホテル予約の数が絶対的に少ないのは大きな問題です。


まだまだメジャーになるまでは時間がかかりそうですね。


また、検索の方法も、ホテル・地域・観光スポット等で探すことができますが、旅程から探すことが現在できません。


ホテル予約の売買なら、むしろ何月何日のホテルという探し方をしたい人は多いと思いますので、日程による検索機能は是非つけていただきたいと要望します。

購入者とのやり取りができない


メルカリの取引メッセージのような機能はCansellにはありません。


取引相手と連絡を一切取らないで取引を完了できることは長所でもありますが、短所とも言えます。


Cansell以外のサイトから予約しても、公開されている情報以外に知りたいことっていろいろありますよね?


Cansellでは、宿泊条件に付いてサイトで公開されていること以外は分かりません。


宿泊予定者である出品者に聞きたいことってあると思いませんか?


ヒルトンの例を挙げるなら、もともとの予約方法が公式サイトからなのかそれ以外からなのかなど。


また、出品者側からみても、公開できる情報に制限があるように思えます。


日程、部屋タイプ、食事プラン、予約人数以外の情報(送迎サービスの料金など)を掲載したいときもあるときにどのように情報を公開できるのか分かりません。こちらも要望事項としてあげたいですよね。


例えば2017年3月にカップはヒルトン小田原に宿泊しましたが、バーデゾーンがメンテ中の見込みということでホテル側から下記の特典をいただいていました。

【特典内容】
・「ゴルフ練習場」「パターゴルフ」「バドミントン」「卓球」の
 4つのアクティビティから2つを無料にてご利用いただけます。
 さらに、残る2つも半額にてご利用可能でございます。
・岩盤浴・エステ30%OFF(通常の10%OFFとの併用は不可)
・館内利用券1,000円分をお一人様につき1枚お渡しいたします。



せっかくリセールするなら、少しでも自分の出品したホテル予約が魅力的であることをアピールするために、利用可能な特典などの情報も載せたいと思うはずです。


あまり客観的な情報にこだわるのではなく、出品者からのメッセージ機能は欲しいと思うのですが、どうでしょうか。






Cansell

スポンサーリンク





 カテゴリ
 タグ