スポンサーリンク

お怒りの彼女


複数のクレジットカードの明細をまとめて管理するアプリCRECO(クレコ)。

カードの利用額の約0.1%相当のポイントを貯めることができるうえ、そのポイントをPeXに交換できましたので陸マイラーにもおススメなアプリの一つでした。

カップも自身がメインカードとして利用してるカードが対象になった2015年11月に登録しました。

しかし、このCRECO(クレコ)、サービス開始時はポイント還元率1%と大変優れたシステムでした。

その後、還元率0.1%と切り下げが行われました。

クレジットカードの還元率0.1%はとても低い数値に思えますが、カードの還元率に加えて0.1%相当のPeXを貯められるアプリと考えればまだまだ使えるアプリと考えていたのですが、2017年5月1日に新たに大改悪が発表されました。

スポンサーリンク

ポイントが貯まらない!使えない!


CRECO大改悪の概要


2017年5月1日以降の改悪内容は下記表のとおりです。事前のアナウンスなどなく、5月に入ってからしれっと行われました。


旧システム 
(2017年4月30日まで)
新システム
(2017年5月1日から)
ポイントの貯め方 1.クレジットカードの新規登録 1.クレジットカードの新規登録
2.クレジットカード利用明細の取得 2.クレジットカード利用明細のカテゴリー選択
3.オファーのご利用 3.オファーのご利用
4.アンケートのご回答 4.アンケートのご回答
ポイント交換数 1回につき500ポイント単位で申請可能 500ポイントまで
※ご利用サービス状況に応じて上限なし
ポイント交換回数 上限なし 毎月1日〜末日の間で1回のみ
※ご利用サービス状況に応じて上限なし



大改悪の内容は色分けさせていただきましたが、少し解説しますね。

ポイントが貯まらない


これまで、カードの新規登録の他、登録したカードの利用額によってポイントを貯めることができました。還元率0.1%、上限1,000ポイント(1,000円相当のポイント)でしたから、毎月100万円カード利用したらクレジットカード自体のポイントの他、PeX10,000pt(1,000円相当のポイント)貯めることができたのです。


しかし、5月1日以降は、カードの利用額に応じてのポイント付与はなくなりました。その代わりにクレジットカード利用明細のカテゴリー選択を行うことでポイントを貯めることができるようになりました。


ポイントを貯めるのにカテゴリー選択という作業が追加されるだけでなく、貯められるポイントも金額の多寡にかかわらず(1,000円以上という縛りはあり)、1ポイントだけです。


1,000円のショッピングでも1ポイント、10万円の航空券購入でも1ポイントということです。


これまで、毎月10万円程度のカード決済をしてきた方だと明細更新という作業だけで黙っていても100ポイント獲得できたのですが、今後は、100ポイント獲得するためには、100回もカテゴリー選択という作業が発生するのです。


これは、ないわぁ~。もはや解約するレベルの改悪内容です。


ポイントが使えない


発足当時、CRECOのポイント還元率は1%相当でした。マイルに交換することはできませんでしたが、カップも6万ポイント貯めて、市場価格5~6万円の商品と交換できた良い思い出があります。


その後、ポイント還元率0.1%切り下げが行われましたが、もともと、このビジネスモデルで1%の還元率は維持できないと考えていましたので、仕方がないとカップは理解を示していました。





しかし、毎月貯めたポイントをその都度PeXに交換はしていなかったのですね。過去の商品交換という実績がありましたので、ひょっとすると今後も何かのキャンペーンでポイントの価値が上がる可能性があるかもと貯め込んでしまいました。


そこへ来た今回の改悪。


ポイントの交換は1か月1回限り、しかも上限500ポイント。


改悪への怒り(# ゚Д゚)から勢いに任せて解約しようとしても、貯めたポイントをPeXに交換するだけで数か月かかることになります。


なんと面倒なことか・・・。


ポイント交換の救済措置


一応、救済措置はあります。当たり前ですよね。これまでの説明だけでは、CRECOのポイントを貯めたはいいが、毎月500ポイントずつPeXに交換している間にポイント有効期限を経過して消滅するという悲劇の発生も避けられなくなりますから。


救済措置の内容としては、一定の条件を満たすとポイント交換の上限が解除されます。


  • みずほダイレクトアプリと連携している場合


  • オファーからクレジットカードを発行完了し、ポイントが付与された(6ヶ月間のみ上限がなくなります)



CRECOはオファーと称してポイントサイトのようなこともやっていますので、2番目のCRECO経由でカードをつくれば、6か月間は上限なしでポイント交換できます。


でも、カードをつくったときに付与されるポイント数は他のポイントサイトに比べ、とても少ないです。2番目のCRECO経由でカード発行することは正直お勧めすることはできません。


それでは、残る方法はただ一つ、みずほダイレクトアプリと連携することが必要です。


みずほダイレクトアプリの利用にはみずほ銀行の口座が必要になりますから、使える方は限られてしまうかもしれませんが、もし、あなたがみずほ銀行の口座をお持ちで、これまでみずほダイレクトアプリを使っていなかったら、これを機会にインストールしてもいいかもしれませんね。


CRECOのポイント交換のためだけに、口座開設までは・・・というのはカップの価値観。救済措置の一つとして検討していただければと思います。


貯めたら使う!マイルとポイント


マイルやポイントを貯めていると、ついつい大きく貯めたいと考えてしまいますが、重要なのは、どれくらい貯めたということではなく、いくら使ったかということです。


そういう意味では、今回の制度改定で交換できなくなるくらいの単位でポイントを貯めてしまったのはカップのミスです。


CRECOのポイントを使わずに貯めるだけ貯めて交換できなくなってしまったなんて、なんとも間抜けな話。


マイルも同様で貯めるだけでは意味がありません。しっかり使っていきたいと考えます。







スポンサーリンク





 カテゴリ
 タグ